1. TOP
  2. お店
  3. ソフトなお店がいいならオナクラで働いてみる?

ソフトなお店がいいならオナクラで働いてみる?

お店 サービス 風俗の仕事 この記事は約 26 分で読めます。

お金が足りずに風俗嬢として働くことを考える女性は少なくありませんが、それでもやはりハードなプレイをすることには抵抗があるものです。

中には、できれば脱ぎたくない、触りたくない、触られたくないという希望を持つ女性も多いと思います。

風俗業である以上、ある程度の性的サービスは覚悟すべきと言えますが、そんな中でもいくつかの業種ではソフトなサービスが行われています。

最もソフトな風俗店は、オナクラです。

では、オナクラとはどのような風俗店なのでしょうか。

本稿では、オナクラの全貌をお伝えしたいと思います。

オナクラの仕事はどんなもの?

オナクラは、店舗数もそれほど多くなく、デリヘル全盛の昨今では皆さんにもなじみがないかもしれません。

ネット上でも、仕事内容が良くわからないという人をしばしば見かけます。

オナクラの特徴は、お店によってかなりサービス内容が変わるということです。

だからこそ、分かりにくいということもあるのだと思います。

ソープランドならば手や口を使ったあらゆる前戯、マットプレイなどの特殊なプレイ、そして本番でフィニッシュという場合がほとんどです。

ファッションヘルスやデリヘルならば、基本的に本番やマットプレイなどは行われず、手や口でフィニッシュします。

ピンサロも手や口でフィニッシュしますが、個室でないのが特徴的です。

このように、多くの風俗店では、サービスの方向性が一定しているものです。

これに対しオナクラは、サービス内容がお店によってかなり異なることがあります。

お客さんのオナニーを見ることを基本とし、オプションによって手でサービスしたり、トップレスになったり、フルヌードになったり、お触り可能になったり、乳首舐めやフェラが行われたりしますが、このオプションの幅がお店によってかなり異なります。

このように、オナクラの基本的なコンセプトとサービスは、お客さんのオナニー鑑賞となりますが、実際にはオプションをつけるお客さんがほとんどです。

したがって、オナクラの仕事内容を教えて欲しいといわれれば、

お客さんのオナニーを見ることと、オプションに応えること。

オプションNGは可能だけれども、トップレスや手コキがNGだと指名は取れないでしょう。

オプションはOKであればあるほど稼げます。

と言えるでしょう。

場合によってはフェラをすることもあるならば、結局は他の風俗店とそれほど変わらないのではないかという意見もあるでしょう。

確かに、そのようにも思えますが、敢えて違いを示すとするならば、

  • 他の風俗→お客さんを選ばずに何でもする
  • オナクラ→お客さんを選んで、可能な範囲でオプションに応える

という差をつけることができます。

多くの風俗店では、お客さんがどれほど生理的に受け付けなかったとしても、基本サービスに含まれているのですから、なめたりなめられたりしなければなりません。

しかしオナクラでは、本当に無理だと思うお客さんならば、トップレスになって手コキだけをして稼ぐ、ということも可能だということです。

見るだけコースのお客さんもいる?

オナクラを希望する女性の中には、「一切脱ぎたくない、触りたくない、触られたくない、みるだけなら何とかOK」という女性もいると思います。

オナクラのコンセプトだけで考えれば、そのような考え方も可能ですし、オナクラの求人広告などでは、

「お客さんのオナニーを見るだけの簡単なお仕事です」

といったことが書かれています。

また、お店のシステムにも見るだけコースの記載があります。

具体的には、この見るだけのコースでは、お客さんがオナクラ嬢にあらかじめどのように見てほしいか、オナニーをしている時にどのように声をかけてほしいかなどを伝えておくと、オナクラ嬢がその通りにオナニーを鑑賞します。

そんなプレイで興奮するのだろうかと不思議になる人もいると思います。

しかし、このようなプレイで興奮できる男性も、割合としては多くありませんが、確実に存在しています。

AVのニッチなジャンルの一つにも、「センズリ鑑賞」という、AV男優や素人男性がAV女優オナニーを見られる様子を撮影したジャンルがありますから、このことからもニーズがあることが分かるでしょう。

とはいえ、このような需要は小さなもので、実際に見るだけコースで遊ぶお客さんは少ないでしょう。

安いという理由で利用したとしても、結局は興奮してオプションを追加していくことがほとんどです。

以前、お笑いのラジオを聞いていたところ、ある芸人が

昔、先輩たちと風俗店に行ってたんだ。

オナクラとかも行くんだけど、興奮して色々オプション追加してさ、結局ヘルスよりも高くなっちゃうっていう(笑)

と話していたのを聞いたことがあります。

これが、見るだけコースを指定した人の基本的な反応だと思います。

したがって、オナクラを利用するお客さんのほとんどは、見るだけコースを指定してもオプションを追加したり、最初からサービスを追加したコースを指定することになります。

一番人気があるのは、手コキを基本としたコースであり、ほとんどのお客さんはこれを指定するようです。

手コキコースは、あらかじめオナクラ嬢にどんな感じでオナニーを見られたいか、どのような言葉を言われたいかを伝えます。

お客さんがオナニーを見られ、言葉をかけられて興奮が高まっていくと、やがてオナクラ嬢が手コキを始めて射精をさせる流れとなります。

もちろん、お客さんが視覚的な興奮を求め、トップレスやオールヌードになった上で手コキをしたりすることもあるでしょう。

しかし、もっともスタンダードなのは手コキだけ、あるいは手コキとトップレスとなるでしょう。

ソフトなサービスを期待する女性がオナクラで働き、手コキとトップレス以外はNGとしたとしても、おそらく日給2万円くらいは稼げるだろうと思います。

手コキもしたくない?

風俗嬢色恋営業

ちなみに、中には

手コキもしたくない。

トップレスにもなりたくない。

やっぱり見るだけがいい。

と考える女性もいるでしょう。

だからこそオナクラを選ぶのでしょうが、様々な風俗店におけるサービスで、手コキとトップレスは最もソフトなサービスです。

もし、手コキもトップレスもNGにし、お客さんのオナニーをみるだけとなれば、脱がないし触らないのですから、それはもはや風俗店ではなく健全エステに分類されるレベルですから、わざわざオナクラで働くよりも、メンズエステの健全店で働いた方が良いと思います。

手コキもできないとなれば、全ての風俗店で働くのは不可能だと思ってください。

オールヌードに需要はある?

より大きく稼ぐために、手コキとトップレス以上のサービスができるというならば、まずオールヌードを解禁することになるでしょう。

オールヌードとは、オナクラ嬢が全裸になるオプションであり、オールヌードを提供しているオナクラはかなり多いです。

しかし、ここで疑問になることがあります。

オールヌードのオプション料金は4000円程度が相場ですから、例えば手コキコースが60分で12000円のお店があったとして、それにオールヌードをつけると16000円になり、ヘルスよりも高くなってしまいます。

ならば、最初からヘルスに行けば安上がりですし、色々なプレイを楽しむことができます。

そう考えると、オナクラのオールヌードには需要がなさそうです。

しかし、オナクラのオールヌードにはかなり需要があります。

それは、以下のような理由によるものです。

女の子が可愛い

オナクラは、サービス内容がかなりソフトですから、他の風俗店のプレイは無理だけどオナクラなら大丈夫という女性が応募してくるため、一般の風俗店よりも多くの女性の中から採用することができます。

したがって、若い女の子、可愛い女の子、素人っぽい女の子などが多い傾向があります。

可愛い女の子の裸を見て、手コキをしてもらえれば満足という男性は、ヘルスではなくオナクラに通うことになります。

興奮して注文

これは、上記でも触れた通り、興奮してオールヌードを注文するというものです。

可愛いオナクラ嬢にオナニーを見られ、手コキをされれば興奮してしまって、「裸が見たい!」という気持ちになってしまうのです。

本番を頼んでみたい

お客さんの中には、とりあえず本番を頼んでみる人がいます。

これは、風俗店で全般的に見られる傾向であり、デリヘルでもオナクラでも、お客さんは本番を頼むことが多いのです。

これも、興奮して理性が失われ、本番を頼むというケースが多いでしょう。

そうなると、服を着ている状態から、まずは脱がす必要がありますから、オールヌードのオプションをつけることになります。

もっとも、本番を頼まれたとしても、オナクラ嬢は断ればいいだけです。

とはいえ、触られてしまうことくらいはあるでしょう。

なぜオナクラで本番を依頼するのか

SNSで指名ゲット

本番をしたいならソープに行けばいいし、最近では別料金で本番に応じているデリヘル嬢も多いのですから、わざわざオナクラに行かなくてもよさそうなものです。

また、本来はお客さんのオナニーを見るだけのオナクラにおいて、本番という行為はあまりにも乖離しすぎており、本番に至る可能性は極めて低くなっています。

しかし、これにも理由があります。

それは、上記の内容にも通じるのですが、レベルの高い女の子と本番をしたいという気持ちがあります。

オナクラで人気が出るオナクラ嬢の中には、一般的なデリヘルやソープではなかなか見られないレベルの女性が働いていることも多いため、ぜひ本番を頼んでみたい気持ちになるのです。

また、素人っぽい女の子と本番をしたいという気持ちもあるでしょう。

オナクラは、できればオナニーを見るだけで済ませたい、素人っぽい女性が多数働いています。

それに比べてデリヘルやソープでは、いかに気持ちよくさせて射精させるかを工夫する、プロの女性が非常に多いのです。

したがって、素人っぽい女の子と本番をしたいと考えているお客さんも、本番を依頼してきます。

本番を避けるためのポイントは、オールヌードをNGにするか、そもそもオールヌードのオプションがないお店で働くことです。

また、指名が続いているお客さんで、安全だとわかっている場合にのみ、オールヌードを受け入れるという判断もアリだと思います。

もちろん、上記の通りオナクラではオールヌードの需要が結構ありますから、オールヌードをNGにしてしまうと、稼ぎは少なくなると思います。

また、店舗型のオナクラで働くという方法もあります。

店舗型ならば、本番されそうになった時にボーイに助けを求めることができます。

しかし、店舗型のオナクラは非常に少ないです。

したがって、これはあまり現実的な対策とはなりません。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5ちゃんねる削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

オナクラではどれくらい稼げるか?

では、オナクラでは実際にどれくらい稼ぐことができるのでしょうか。

オナクラの求人広告を見てみると、「脱がない、なめない、触られない」のサービスで、時給10000円以上可能となっていることもあるので、そんな仕事ならぜひやりたいと考える人も多いと思います。

しかし、実際にはそのような高時給にはならないようです。

筆者がツイッターで収集したところ、以下のような声が見られました。

6時間働いて15000円とか。

10000円いかない日もある。

6時間で30000円くらいかな。

お昼から働いてるけど、5時間で20000円くらいです。

今日は10時間で34000円でした。

このような声を見ると、6時間の出勤で2~3万円ということが多いようです。

よくある料金モデルで考えてみると、40分8000円の手コキコースに指名料2000円とオールヌード4000円のオプションをつけて14000円になり、コース料金は50%バック、オプションと指名料がフルバックだったとすれば、

8000円×50%+2000円+4000円=10000円

となります。

このころから、1時間で10000円を稼げる可能性もあるといえます。

しかし、指名ではなくフリーで接客したり、フルヌードなどのオプションがつかずに手コキコースだけの接客になったとすれば、その場合には、手コキコースの50%バックだけになりますから、時給は数千円に落ち込みます。

このことから、6時間の勤務をして、3~5人程度の接客をしたとき、お客さんによって稼げる額も違いますから、平均すると2~3万円程度に落ち着くことが多いのでしょう。

ただし、基本的なサービスがオナニーを見るだけのオナクラでは、キスやタッチ、トップレス、オールヌードといった、他の風俗店では当たり前の行為でもオプションが必要となるため、オプションによって稼げる可能性は他の風俗店よりも高いと思います。

特に、かなり可愛いなどの理由から指名がたくさん入るオナクラ嬢になると、6時間で30~40分コースを10人こなすようなこともあります。

そのような場合には、ヘルスやソープで働く売れっ子風俗嬢と同じくらい稼げる可能性もあります。

また、上記の通り、オプションをたくさんこなせるオナクラ嬢は稼げます。

したがって、オールヌードやフェラチオといった、オナクラの中ではハードなプレイを行なうお店で働き、オプションを積極的に獲っていくことができれば、大きく稼げる可能性が高いです。

オナクラは可愛い子が多い?

オナクラの仕事を知れば、非常にソフトであることが分かるでしょう。

無理だと思うならば、全裸にならずにトップレスだけで対応することも可能ですし、それさえせずに手コキだけでお客さんを取っていく方法もあります。

特に、可愛い子であればあるほど、よりソフトな働き方が可能になってきます。

若く、一般の平均よりずっと可愛いオナクラ嬢ならば、ソフトな内容で大きく稼げるのが、オナクラの特徴でもあるのです。

とはいえ、かなり可愛い子ばかりが在籍しているかと言うと、そうでもありません。

普通よりも可愛いレベルではあるものの、かなり可愛いとは言えないオナクラ嬢もいます。

それでも、平均的な年齢を見てみると、ヘルスやソープよりもずっと若いといえるでしょう。

オナクラで働いている女性には女子大生が多く、風俗を本業とせず、それなりに稼げるアルバイトとして人気があるのです。

オナクラをきっかけに風俗業界に入る

オナクラは、ソフトな風俗店であるため、それほどハードなプレイはしたくない女性でも働くことができます。

最近では、アルバイト感覚で風俗嬢になる女性も増えたものですが、オナクラではその要素がより強いということができるでしょう。

特に、オナクラではフェラチオさえないお店もありますし、あったとしてもNGにすることができます。

本番をしなくてよいのはもちろんのことです。

そのため、性病のリスクが、他の風俗店に比べてかなり低いというのも、働きやすい理由だといえるでしょう。

ただし、オナクラをきっかけに風俗業界に入り、やがてヘルスやソープに移籍する女性も多いものです。

最初は、ソフトなプレイ以外はやりたくないと思ってオナクラで働き始めたのに、どうしてそうなっていくのでしょうか。

その理由には、以下のようなものがあるでしょう。

思ったより稼げない

プレイ内容オプション

あらゆる風俗店の中で、平均的な稼ぎを比較してみると、オナクラはそれほど稼げない部類に入ります。

平均的な稼ぎで見ていくと、ピンサロよりもやや低くなり、ヘルスやソープなどよりは稼ぎにくいものです。

もちろん、売れっ子になれば違いますが、ソフトゆえに稼ぎにくいのは仕方のないことでしょう

したがって、仕事内容は見るだけ、1時間で10000円以上も可能などと書かれている求人を見て応募した場合、思ったよりも稼げないと感じ、より稼げるヘルスなどに流れていくことになります。

仕事に慣れる

衣装オプション

最初は、好きな人以外とエッチなことをすることに抵抗があり、見るだけがいい、やっても手コキくらいまでにしたいと考えている女性は、オナクラで働くことになります。

しかし、実際に働いてみると、見るのも手コキするのも抵抗がなくなってきて、次第にトップレス、オールヌード、タッチ、フェラチオなどをOKにすることによって、より稼いでいくようになります。

もう解禁するものがなくなると、「どうせ裸になってフェラもやっているんだし、ヘルスに行ってもっと稼いでみよう」と考えるに至るのです。

金銭感覚が狂う

それまで、普通のアルバイトで時給数百円とか、千円程度で働いていた人からすると、オナクラが風俗の中では稼げないといっても、時給にして何千円も稼げるのは驚きだと思います。

こんなに簡単に稼げていいのかと思う人も少なくありません。

お金が稼げるようになると、食事が豊かになったり、買い物が派手になったりして、徐々に金銭感覚が狂ってきます。

もっと遊びたい、もっと欲しい、もっと稼ぎたいと思えば、オナクラからヘルスへと移っていくことになります。

友達につられて

オナクラの同僚がヘルスに移り、オナクラに勤務していた時よりもたくさん稼げていることを知ると、それにつられて自分もヘルスに移る場合もよくあるようです。

 

 

お店はどう選ぶ?

ここまで読んで、オナクラに魅力を感じている人も多いのではないでしょうか。

お客さんのオナニーを見て、手コキとトップレスくらいまで受け入れることで、1日で2~3万円くらいは稼げる可能性があるのです。

もしうまくいかなくても、1~2万円は稼げるでしょうから、一般的なアルバイトで苦しい思いをしている人にとっては、天国のような環境かもしれません。

では、実際にお店を選ぶ方法を見ていきましょう。

お店を選ぶ際には、気を付けなければならないことがあります。

それは、オナクラとして募集をかけているお店が、実はデリヘルだったというケースが非常に多いからです。

このような騙し討ちのような求人広告は、冗談ではなく実在していますし、筆者の感覚では全体の半数近くを占めているのではないかと思っています。

そのようなウソの広告に応募しないためには、まず店舗型か、無店舗型かという基準で判断することができます。

店舗型のオナクラでは、嘘の広告が出されることがないからです。

無口な客の対処法

また、店舗型のオナクラでは、危険があったときにはボーイに助けを求めることができますから、安全性も高いです。

しかし、店舗型のオナクラは店舗数がかなり少ないため、実際には無店舗型のオナクラで働くことが多くなると思います。

そのようなお店で、嘘の広告に騙されないためには、その求人を出しているお店のホームページを検索してみることです。

お店の名前で検索をした時、ホームページが見つからなければダミー広告です。

お客さんは、ホームページで情報を見て、女の子やコースを指名して遊ぶのですから、ホームページがないというのはありえないことであり、おそらく応募のあった女の子を別のデリヘル店の募集に回すなどの使い方をしているはずです。

次に、お店の名前で検索して、ホームページが見つかったならば、「当店の遊び方」や「システム」の欄を見てみてください。

そのとき、オプションにAFやバイブといった行為が記載されており、基本的なメニューには60分12000円とか80分15000円とかしか書かれていないとすれば、それはデリヘルの可能性が高いです。

ハーフ女性風俗嬢

しかし、システムなどを見た時に「見るだけコース」「手コキコース」などの記載があり、オプションにトップレス、オールヌード、つば、タッチ、パンツ手コキなど、見るだけコースや手コキコースの補助となる、ソフトなオプションが書かれているならば、それはオナクラ店だといえます。

試しに、ある派遣型のオナクラ店の「システム」の項目を見てみると、「見るだけコース」、「手コキコース」、「いちゃいちゃおさわりコース」の三つのコースが設定されており、全て1000円のオプションとして、コスプレ、つば、足コキ、足の匂い嗅ぎ、キス、アソコ見せ、トップレス、逆オナニー、パンティこき、顔面騎乗、乳首舐めとなっています。

そして、禁止事項として

「当店は女の子たちが裸になったり、オプション以外の女の子たちへのおさわりやキス、フェラチオなどのサービスなどは一切禁止とさせて頂いております。」

と記載されています。

このようなお店ならば、本当のオナクラとみなしてよいでしょう。

ただし、見るだけコースや手コキコースの記載があり、オプションも普通のオナクラと同じようなものが記載されていたとしても、料金が異常に高い場合には注意が必要です。

そのような事例を以下に詳述しますが、そのお店は表面上はオナクラとして経営しており、実際にはデリヘルである可能性があります。

オナクラに似たヘルスにも注意

次に、最近ではデリヘルのなかに、ハンドサービスだけを行なうコース、いわばオナクラの手コキコースのようなものを設置しているお店が増えています。

ハンドサービスだけにして、低料金でお客さんを集め、固定客を増やしていこうという戦略でもあるのですが、それ以外の目的がないわけではありません。

なんといっても、ヘルスの手コキコースに行くくらいならば、より可愛い女の子の比率が高いオナクラの手コキコースに行った方が楽しめるでしょう。

そちらの方が、安い料金で楽しめることもあります。

したがって、このようなヘルスには、なにか別の目的があると考えるべきです。

その目的とはズバリ、ソフトなサービスなら大丈夫と考えている女性を、ヘルスに取り込むためです。

しかし、手コキコースだけに対応するつもりでヘルスに勤めたとしても、ヘルスの手コキコースはそれほど利用者がいません。

となると、せっかく働き始めても、手コキコースだけしかできない女性は稼げなくなってしまいます。

そうなると、「手コキだけじゃ需要ないんだな」と考えて、ヘルスサービスを解禁したほうがよいという考えになってきます。

お店のマネージャーも、そうしたほうが稼げると背中を押します。

その結果、ソフトサービスならばと思っていた、本来ならばオナクラ向けの、若くて可愛いヘルス嬢の出来上がりというわけです。

したがって、本当にソフトなサービスだけでやっていきたいと思っているならば、手コキコースをやっているヘルスではなく、オナクラで働いた方が良いでしょう。

大阪のオナクラは怪しいものが多い

さらに求人で気を付けるべきものを挙げるならば、最近、大阪のオナクラで以上に稼げそうなお店が増えてきているということです。

もちろん、これらはダミーです。

東京のオナクラでは、30分の手コキコース(オプションなし)を1本こなすと6000円、バック率は60%でオナクラ嬢の手取りは3600円というのが大体の相場です。

しかし、大阪のオナクラを調べてみると、バック率70%などの好待遇を提示し、全国から出稼ぎを募っているお店もあります。

いくつか、実例を見てみましょう。

 

貧乳限定オナクラ「K」

巨乳じゃなくてもいいじゃないかということをコンセプトにしたこのオナクラは、4つのコースを設けています。

・初めてのオナクラ体験コース

看板娘になるために

オナニーを見られるだけのサービス。

40分・・・10000円

50分・・・13000円

60分・・・15000円

 

・あの頃の性の芽生えコース

風俗嬢気になる

サービスの詳細は不明。

オナクラ嬢とイメージプレイをするような内容。

40分・・・12000円

50分・・・15000円

60分・・・17000円

 

・コスチュームオナクラコース

オナクラ嬢がコスプレをするコース。

オナニーを見るだけとは書いておらず、サービスの詳細は不明。

40分・・・12000円

50分・・・15000円

60分・・・17000円

 

・スク水オナクラコース

オナクラ嬢がスクール水着姿になるコース。

オナニーを見るだけとは書かれておらず、サービスの詳細は不明。

40分・・・14000円

50分・・・15000円

60分・・・17000円

このような記載があるだけで、オプションに関する記載は一切ありません。

したがって、料金的に見ても、オナクラとはいいながら、実際にはヘルス的な様々なサービスが行われている可能性が高いです。

もちろん、求人広告はオナクラとして出しています。

 

会員制オナクラ「A」

このお店も、料金設定が非常に奇妙です。

具体的には、

・基本見学コース

30分・・・14000円

45分・・・16000円

60分・・・18000円

 

・集団ガン見コース(複数のオナクラ嬢に見られるコース)

45分・・・32000円

60分・・・37000円

となっており、オプションには言葉攻め(ソフト)、言葉攻め(ハード)、虫眼鏡、コスプレ、ウインク、足蹴りとあります。

さらに、注意事項として

「当店は完全会員制のため、身分証明書を提示できないお客様、風俗的なサービス(触る行為・脱ぐ行為・リップサービス・触らせる行為)などを求めるお客様は入店できません」

との記載があります。

このことから、手コキコースさえも行っていないオナクラだとわかるのですが、それでこの価格ですから、何か裏があると考えてよいでしょう。

完全会員制として門戸を狭くし、会員と女の子には箝口令を布き、実際には様々な行為が行われている可能性があります。

何しろ、東京の一般的なオナクラでは、見るだけコースは40分6000円が相場です。

それが、45分16000円なのですから、10000円も割高となっています。

何らかの理由なくして、この差は生まれないと思います。

 

某モデル雑誌を連想させる「C」

このお店も、非常に高いです。

コースは「基本コース」だけが設けられており、オナクラとして経営していますが、「当店はお客様のオナニーを女の子見るだけのお店です」などのオナクラに関する説明が一切なく、「触ってはいけない」とか、「リップサービスはありません」とかの注記も一切見られません。

・基本体験コース

30分・・・10000円

60分・・・18000円

90分・・・27000円

となっており、通常の見るだけコースと比べるならば、かなり高い料金となっています。

これでは、普通のデリヘルと同じくらいのレベルです。

オプションとしては、コスプレ、天使の吐息、チラッとブラ、ちょっぴりHな読者モデル、じっくり虫眼鏡、投稿☆激写メ、ラブラブ膝枕、スリスリ足コキ、ハンドサービスとなっており、これだけを見ればオナクラのようにも感じられます。

しかし、ハンドサービスのオプション料金は5000円となっていますから、そう考えると、通常のオナクラにおける手コキコースが、

30分・・・15000円

60分・・・23000円

90分・・・32000円

となるわけで、もはやちょっとした高級ヘルスくらいのレベルになってきます。

これも、怪しいと考えたほうが妥当です。

以上のように、大阪のオナクラでは、非常にソフトなサービスを提供しているにもかかわらず、高い料金設定となっており、求人広告はあっても集客のための宣伝が行われていないなど、ダミー求人である可能性が高いたくさんの特徴を備えています。

おそらく、ともかく面接に呼び、説得してデリヘルで働かせようというパターンの求人に思えます。

第一、見るだけのオナクラや手コキだけのオナクラで、デリヘルよりも高い料金になっているのが怪しすぎるのです。

そのようなお店は、表面上はオナクラで実態はデリヘルであるか、そもそもダミー広告で実態がないかのどちらかだと思います。

一説によると、大阪のオナクラはダミーが多いということが、地元の風俗業界ではかなり有名になっており、ダミー求人に地元の女の子が引っかからないそうです。

そのため、現地の情報を知らない他県の女の子にも募集をかけ、その子たちが「出稼ぎをしても採算がとれる内容だ」と考えて応募することを狙っているのです。

ともかく現地まで呼んでしまえば、多少条件が悪かろうと、デリヘルだろうと働くだろうという考えです。

もちろん、大阪にもまともなオナクラはありますから、全てが悪いとは言えません。

また、大阪以外でも、上記のような特徴(料金が相場よりも高すぎる、サービスがソフトすぎる、情報が不明確など)を備えているオナクラは、デリヘルがオナクラに擬態しているだけの可能性が高いため、応募しないように注意すべきです。

 

 

まとめ

オナクラは、ソフトなサービスをするお店です。

ハードなお店でもフェラチオまでであり、多くのお店は手コキやトップレスなどが主流となっています。

そのため、他の風俗店よりも稼ぎが少ない傾向があるものの、ハードなことはしたくない、そこそこ稼げれば良いと考えている女性は、オナクラで働くのが向いているでしょう。

ただし、オナクラで働いている女性には、他の風俗店に比べると若くて可愛い女性が多く、クオリティが高い傾向があります。

そのため、若くない女性やごく普通の容姿の女性は、採用されない可能性があり、また採用されても指名がつかずにあまり稼げない可能性があります。

また、オナクラのソフトさを利用し、オナクラに見せかけたデリヘルの求人も多数存在しています。

そのような求人に騙されないよう、お店選びをしっかりとやってください。

良いお店を見つけて入店することができれば、ソフトなサービスで、普通のアルバイトよりもはるかに高いお金を稼ぐことができるでしょう。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

風俗の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

風俗の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 風俗で色恋営業を成功させるための7個のテクニック

  • 稼げるタイミングを知っている風俗嬢が200万円以上も多く稼げるワケ

  • 池袋で稼ごう!西口と東口の違いを押さえたお店選びを

  • 風俗の面接はどうやって応募する?最近はLINEが便利です

関連する記事はこちらです

  • 風俗嬢の働き方って?データから見えてくる本音

  • 大きく稼げるって本当?出稼ぎ風俗の基礎知識

  • 風俗店の寮生活メリット・デメリット教えます!

  • 女性店長のお店ってどうなの?メリットデメリットを調査

  • 【稼げない】低価格風俗店で働く低収入風俗嬢の現実

  • 風俗嬢のクオリティーが低いデリヘル店は要注意!