キャバ嬢から風俗嬢への転職は多い!転職のポイントとは

キャバ嬢も風俗嬢も、どちらも基本的には夜の接客業です。

しかし、キャバ嬢は性的サービスを行うことなく、風俗嬢は性的サービスを行うという、決定的な違いがあります。

したがって、キャバ嬢から風俗嬢に転職するということは、同じ夜の接客業でも、色々と勝手が違う部分があります。

そこで本稿では、キャバ嬢の経歴を活かしてうまく転職するためのポイントを解説していきます。

なぜキャバ嬢から風俗嬢へ?

まず、なぜキャバ嬢から風俗嬢への転職が多いのでしょうか。

キャバ嬢から風俗嬢に転職した動機を聞いてみると、以下のような理由が多いことが分かりました。

 

・風俗の方が稼げるから

→キャバ嬢も売れっ子になるとたくさん稼げますが、それ以外だと最低保証の時給で働き、それほど稼げないことも多いです。

しかし風俗ならば、売れっ子になればめちゃくちゃ稼げ、売れっ子になれずともそこそこ稼ぐことができます。

風俗でそこそこ売れれば、キャバクラのナンバークラスくらいの稼ぎは楽に得られることでしょう。

 

・風俗の方が勤務時間が自由だから

→キャバクラは、勤務時間が非常に厳しいです。

シフト通りに出勤せず、遅刻や当日欠勤などをすると、ペナルティにより罰金を取られることも少なくありません。

また、勤務条件によっては、保証時給が高い代わりに週当たりの出勤日数を固定するなどの場合もあります。

一方風俗では、そのようなことがありません。

基本的に自由出勤であり、遅刻や当日欠勤でもペナルティを受けることがないのです。

寮に住んでいるなどの場合には、出勤日数を増やすように求められることもありますが、基本的にそのようなことはありません。

 

・風俗の方が働き方がシンプルだから

→キャバクラでは、お客さんに毎日のようにメールをしたり、接客中もおもてなしの心で色々と癒しを提供していく必要があります。

しかし、風俗では営業メールを毎日送る必要はありません。

接客中におもてなしの心があればなお良いのですが、必須ではありません。

ましてや、駆け引きのようなものはなおさら必要ありません。

この意味において、風俗は働き方がシンプルで、ストレスが少ないと言えます。

ただし、気持ち悪いお客さんに接客するストレスでは、キャバ嬢よりも風俗嬢のほうが大きいでしょう。

 

以上のように、キャバ嬢よりも風俗嬢の方が良い点はたくさんあります。

しかし、風俗店は基本的にお客さんを射精させる仕事ですから、手コキをしたり、フェラチオをしたり、お客さんから触られたり舐められたりと、色々な性的行為を行います。

キャバクラではおさわり自体がNGですから、お客さんとエッチなことを色々するために、かなりの覚悟を要する人もいると思います。

その点には留意し、転職の際にはしっかりと考える必要があるでしょう。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

中級・高級デリヘルへの転職が多い

風俗ジャンルには色々ある中で、キャバ嬢たちがどこへ転職しているのかと言えば、中級・高級デリヘルへの転職が多いようです。

中級・高級デリヘルは料金が高く、バックとしてもらえるお金も増えます。

そもそも、上記の通り稼ぎが良いことを理由に風俗で働いているのですから、ある程度はバックがもらえるお店でなければなりません。

そう考えてお店を選んでいると、自然と中級・高級デリヘルを選ぶことになるのです。

中級・高級デリヘルの平均的な料金は、以下の通りです。

 

【中級デリヘル】

60分18000円/90分25000円

 

【高級デリヘル】

60分25000円/90分33000円

(高級店はお店によって大きく料金が異なり、この料金を大きく超えることもあります)

 

つまり、60分を基準として考えるならば、中級デリヘルはバック率50%で9000円、高級デリヘルはバック率50%で12500円がバックされるということです。

8時間勤務で6本つけば、中級デリヘルならば5万4000円、高級デリヘルならば7万5000円の日給となります。

歌舞伎町などの有名店のキャバ嬢は、時給5000円ほどもらっていますが、8時間働いても4万円です。

もちろん、そこにボトルバックや指名バックが付いてもっと稼げるのですが、時給ベースで考えると、風俗の方がたくさん稼げます。

また、歌舞伎町の有名店で働いていたようなキャバ嬢ならば、容姿が良いですから、高級店で働くことも可能です。

このように考えても、中級・高級デリヘルへの転職が自然と多くなる理由が分かると思います。

キャバ嬢時代よりも稼げないお店には転職する意味がないのです。

ただし、時給3000円くらいで働いているキャバ嬢ならば、8時間働いても24000円くらいですから、中級・高級デリヘルにこだわりません。

大衆風俗店でも、そのくらいは簡単に稼げてしまうため、必ずしも中級・高級デリヘルに捉われる必要がないからです。

 

スポンサーリンク

準備中

 

キャバ嬢の経験を活かす方法

キャバ嬢として働いてきた女性は、風俗でそれを活かしていくことができます。

 

容姿端麗

まず、キャバ嬢として働けていたということは、一定以上の容姿があるということになります。

キャバ嬢は容姿がかなり売りになりますから、採用されている時点でそれがある程度保証されたことになるのです。

風俗店でも、容姿は売りになります。

もちろん、容姿だけでは売れませんが、容姿があることでずっと売れやすくなるのは事実です。

キャバ嬢は、ルックスが良いというだけではなく、スタイルもいいものです。

スタイルが良くなければ、露出の多いキャバドレスを切ることが難しく、不採用になってしまうからです。

このように、ルックスとスタイルの両面で容姿が優れているキャバ嬢は、風俗に転職しても、容姿面でなんら問題なく働けることが分かります。

 

会話がうまい

キャバ嬢は、テーブルからテーブルへと周り、毎日10人前後のお客さんと顔を合わせます。

相手が全く知らない男性ということが普通ですし、そのような男性を会話で楽しませるのが仕事なのです。

そのような経験を積んできたキャバ嬢ならば、風俗でもお客さんとの会話の際に役立ちます。

風俗はただ射精させるだけではなく、プレイ開始までに会話したり、プレイ終了後に会話したりしますから、その時にうまく会話ができるということは、お客さんの精神的な満足につながります。

会話によって癒したり、楽しませたり、好きにさせたりできることは、風俗の仕事でもかなりメリットのあるスキルとなります。

 

高いお金を払う価値がある

キャバ嬢として人気が出る女性には、独特の色気があるものです。

そうでなければ、お客さんがベッドインを目指して何度も通い、何十万円、何百万円というお金を使うはずがありません。

お客さんが、高いお金を払ってでもベッドインしたいと思うようなキャバ嬢は、風俗でも同じく「高いプレイ料金を払っても遊びたい相手」と思われる可能性が高く、高級デリヘルなどでも十分やっていけることでしょう。

このように、高いお金を払う価値があるとお客さんに思われる女性は、キャバ嬢でも風俗嬢でも成功でき、たくさん稼ぐことができるのです。

敢えて中級・高級デリヘル以外を選ぶ

以上のように、中級・高級デリヘルで働くことが一つのポイントとなりますが、それ以外の選択肢も考えてみることが大切です。

というのも、特に高級デリヘルに言えることですが、高級デリヘルでは可愛い人や美人な人が多いからです。

もし、中級・高級デリヘルに入ってみて、思ったように稼げない場合には、他の美人たちに埋もれてしまっている可能性があります。

そこで、敢えて中級・高級デリヘル以外を選ぶという選択も考えてみましょう。

例えば、高級デリヘルで働いていたならば中級デリヘルに変えてみる、中級デリヘルで働いていたならば一般のデリヘルに変えてみるといった選択をするのです。

そうすることによって、ワンランク下の風俗店では際立った美人として、人気に火が付く可能性が高まります。

 

スポンサーリンク

準備中

 

まとめ

本稿で紹介した通り、キャバ嬢はスキルによって、風俗嬢として活躍できる可能性が高いです。

容姿や会話スキルなどを活かしていけば、売れっ子になれる可能性も高いです。

もちろん、今まで性的サービスをしてこずに稼いできたプライドがあるでしょうから、性的サービスに慣れるまでに時間がかかるなどの難点もあります。

しかし、その難点を乗り越えていけば、キャバ嬢時代よりも多く稼げる可能性も高いので、ぜひ頑張ってみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました