求人広告に騙されるな!いろんな事例と対処法

女性の高収入アルバイトの広告には、嘘が含まれていることがたくさんあります。

例えば、求人広告ではスナックやキャバクラのように思わせる書き方をしておき、実際に行ってみるとピンサロだったというパターンがあったり、添い寝だけと言われていたのにヘルスだったりといったケースがよく見られます。

本稿では、そのような求人広告に騙されそうになった実際のケースと、対処方法についてお伝えします。

キャバと思ったらピンサロだった

最も多いのが、キャバクラやスナックといった飲食店だと思ったらピンサロだったというケースです。

ピンサロは、建前としてはキャバレーのような飲食店としての部分があり、法律では性風俗店に位置付けられていません。

店内では、ソフトドリンクやアルコールなども提供されますから、求人広告にはキャバクラを思わせるような内容で書かれていることが多いのです。

したがって、以下のように騙されそうになるケースが相次いでいます。

キャバだと思って面接にいったら川崎のピンサロでした。

新店昼キャバの面接行ったらピンサロだった。

夜の世界で何も働いたことない無知だったからこれを機会に店選びは慎重になったw

ピンサロはキャバと間違うような求人だすよね。

田舎から出てきた子が女性週刊誌やスポーツ新聞に載ってる求人に騙されて面接行ったって話はよく聞く。

何だろうと思って面接行ったらピンサロだったのはあるよ。

風俗でも飲み屋でも無いのか、何か分からない楽そうな求人だったわ。

このように、キャバクラや楽して稼げる飲食店だと思って面接に行ってみるとピンサロだったというケースは非常に多いようです。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

ソフト系風俗かと思ったら・・・

メンズエステやオナクラ、添い寝店といったソフト系風俗は、全裸になったりフェラチオをしたりといった、ヘルスの基本的なプレイをしたくない女性に人気です。

しかし、それを狙った悪質な求人広告もあるので注意が必要です。

ソフト風俗を思わせる求人には、ソフトなことしかできない女の子がたくさん集まってきます。

そこで、面接に来た女性に何かと理由をつけてヘルスやソープに誘導しようとするのです。

特に、このような求人は「抱き合わせ求人」と呼ばれ、激安デリやハードプレイデリなど、普通に求人を出せば集まらないからこそ、このような抱き合わせをしているケースが多いです。

実際には、以下のようなケースがあります。

エステかと思ったら全裸入室、おもちゃ無料のホテヘル。

エステって書いてあるのに行くと『エステは暇だから。』とか言って系列のホテヘル勧められる。

オナクラと思ったらヘルス。

添い寝、お話だけ、カラオケ・・・これ系統は騙されて丸め込まれて結局ヘルスにまわされる!

添い寝の広告よく見るけど、そんなわけねーだろと思ったらやっぱりヘルスだった。

詳しい業態を書かずに、「触らない、触られない、舐めない、舐められない、添い寝だけ!」などと書かれているならば、まずは疑ってみてください。

特に、添い寝だけなどと書かれている求人は、ダミー広告の確率が高いです。

このような求人に騙されないように、以下で紹介する方法でお店を調べることで、あらかじめ危険を察知してほしいと思います。

 

二重・三重に登録させるケースも

上記の例は、良さげな求人でおびき寄せ、実際にはそのような店舗は存在せずにヘルスなどで働かせようとするものです。

一方、求人広告のお店は存在しているのですが、そのお店の他にもデリヘルなども経営しており、二重、三重に登録させるお店もあります。

つまり、複数のお店を経営している場合、その系列店の間で風俗嬢を行き来させ、都合よく使おうとするものです。

具体的には、以下のようなケースがあります。

おびき寄せの為の広告で、誰が来てもヘルス、デリ、多重にかけもちさせられる。

会員制の高級エスコートクラブという広告でまぁDCだろうけど手取り高いから行ってみよう。

と思って面接行ったらうちは安い店も経営していて主にそっちがメインだから二重在籍でやってもらう事になるけどって…お断りしてスグに帰りました。

このような場合、求人広告を見て期待していた働き方が難しくなるため、おすすめできません。

 

スポンサーリンク

準備中

 

対処法

上記のような騙しの手口に引っかからないためには、以下の対処を試みてください。

 

求人内容をよく調べる

まず、求人内容をよく調べてください。

そして、あまりにもいい待遇の場合には、そのような待遇で女性をおびき寄せ、あまり良くない環境で働かせようとしている可能性が高いです。

例えば、添い寝だけと書かれているお店があったとします。

添い寝だけのお店は実在しないわけではなく、秋葉原などには存在しています。

しかし、本当に添い寝するだけのお店は、時給2000円くらいのものです。

したがって、時給がそれよりもはるかに高かったり、日給5万円以上可能などと書かれていたりした場合には、添い寝以外のヘルスサービスが行われているお店だと考えてください。

他のソフト系風俗でも同じです。

オナクラやメンズエステなどでは、それほど多く稼げるものではないのですが、日給5万円以上可能と書かれていたり、入店祝い店30万円進呈などと書かれていた場合には、抱き合わせ広告の可能性が高いです。

 

お店のことをよく調べる

お店のことを調べるというのも、良い方法です。

例えば、キャバクラかと思ったらピンサロだったというケースが多いと書きましたが、これは事前にお店の名前で検索してみて、それがキャバクラかどうかを見てみれば良いのです。

通常、キャバクラの求人広告にはお店の名前が載っており、お店の名前で検索すれば、お客さんなども見るお店のホームページが出てくるものです。

しかし、その名前を検索しても出てこなかったり、ピンサロがヒットしたりした場合には、それがキャバクラではなくピンサロであったことが分かります。

この方法は、他のお店にも使えます。

お店の名前で検索してみたところ、そのお店がヒットしなければダミー求人であることが分かります。

お客さん用のお店のホームページが出てきたら、それを見てみて、サービス内容を確認し、思った通りのサービスが行われているか、ハードなプレイが行われていないかといったことを確認することができます。

また、お店の名前で検索してみたところ、掲示板などでお店の悪評がヒットすることもあります。

そのようなお店も避けることで、悪質店を選ぶ危険性が低くなります。

 

帰る

色々調べてから面接に応募すれば、悪質店に応募してしまうことは少ないでしょう。

そもそも、悪質店は店舗数そのものがかなり少ないですから、良く調べて応募すれば避けることはそれほど難しくありません。

しかし、色々調べて応募したつもりでも、悪質店に応募してしまい、上記のような被害に遭うことがあるかもしれません。

そのような場合は、面接の説明でおかしいとわかるものですから、その場で断って帰ってください。

乱暴なことをされないか、危険に巻き込まれないかといった心配があると思いますが、そんな心配はありません。

もし怖くて帰れないならば、「一度考えてからまた連絡します」と言って連絡しないという手もあります。

その場合、お店からの連絡には一切対応しないようにしましょう。

お店としても、悪質な求人で騙そうとしているのですから、そのようにして音信不通になるケースは非常に多いです。

そのため、連絡を断とうとしている女性にしつこく迫ったりすることはありませんので安心してください。

 

スポンサーリンク

準備中

 

まとめ

風俗店の中には悪質店もあります。

悪質店ではなかなか女の子が集まりませんから、求人で騙して集めようとすることが多いです。

そのようなお店で働いてしまわないためにも、本稿で紹介したポイントに注意して、求人広告をチェックしてみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました