1. TOP
  2. お店
  3. デリヘルの事務所ってどんなところ?見学に行きました!

デリヘルの事務所ってどんなところ?見学に行きました!

お店 この記事は約 8 分で読めます。

風俗店の内部というものは、関係者でなければなかなかわかりにくいものです。

最近急増しているのがデリヘルですが、デリヘルの事務所にしても、その内部はあまり知られていません。

本稿を読んでいる女性の中には、デリヘル嬢に興味を持っている人も多いと思いますが、デリヘルの事務所とはどのようなところなのでしょうか。

デリヘルの事務所

デリヘル事務所

店舗型風俗店への規制が強まったことで、近年では店舗型風俗店から無店舗型風俗店へと、風俗店の主流がすっかり移ってしまいました。

これから風俗嬢になりたいと考え、自分で働く先を調べた人からすれば、見つかるお店のほとんどはデリヘルばかりで、それ以前の風俗業界が店舗型風俗店ばかりだったことなど思いもよらないことでしょう。

店舗型風俗店をよく利用するお客さんならば、受付で料金を支払い、その際にフロント内部をチラ見することで、風俗店の内部をちょっとだけ知っている人もいるかもしれません。

しかし、デリヘルは無店舗型なのですから、内部がどのようになっているかということが、あまり知られていません。

デリヘル事務所

デリヘル事務所の中のことを知っている人といえば、オーナー・男性従業員・在籍している風俗嬢などのお店の関係者、面接に来た女性、広告業関係者、地元の暴力団関係者、取り締まり担当の警察官くらいのものです。

もちろん、お客さんは電話でオーダーしたならば、そのあとは自宅やホテルで風俗嬢がデリバリーされてくるのを待つだけですから、デリヘル内部のことは知らないものです。

だからこそ、デリヘルの事務所がどのようなところなのか興味を持つ男性も多いのですが、これから風俗嬢になりたい女性のなかにも、デリヘルの事務所ってどんなところなのだろうと、疑問に思っている人もいることでしょう。

事務所は二種類

デリヘル事務所

さて、私はこのような記事を執筆している関係から、これまでいくつものデリヘルの事務所を訪ねたことがあります。

一口に事務所と言っても、お店によって事務所は多種多様です。

しかし、やはり同業ですから、事務所のあり方にはいくつかのパターンがあり、その中でも多いのが以下のふたつのパターンです。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5ちゃんねる削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

住宅型

デリヘル事務所

一番多いのが、住宅型の事務所です。

よくあるのが、パソコンを置いたデスクがいくつか(1~3個くらい)あり、さらに風俗嬢たちが待機する控室が一つか二つあるという事務所です。

このほか、休憩できるように昼寝用の布団が置かれていたり、冬はこたつとしても利用できる座卓が置かれているケースもよくあります。

控室の様子も、普通のアルバイトの休憩室のようなものと大して変わったところはありません。

デリヘル事務所

例えば、大きめの座卓が一つ置かれており、座卓の三辺にそれぞれ風俗嬢が一人ずつ座り、一人はメイクをし、一人は弁当を食べ、一人は接客用具の手入れをしているというような光景です。

これを読んでもわかる通り、住宅型の事務所の最大の特徴は生活臭が強いということです。

雰囲気としては、友人に会うために普通のマンションに遊びに来たような感覚です。

もし、この事務所に女の子がおらず、何も知らない人を連れ込んだとすれば、デリヘルの事務所ではなく普通の人が住んでいる家だとしか思えないような、そんな事務所です。

デリヘル事務所

実際、住宅型事務所には色々な生活家電、例えば冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、洗濯機といったものが置かれていることが多く、そのまま居住も可能な設備が整っています。

このような事務所では、風俗嬢が仕事で遅くなり、そのまま店に泊まることになっても困らないようになっています。

実際、そのようなケースも多いので、生活に困らない設備が整えられているのです。

 

 

オフィス型

デリヘル事務所

次に多いのが、オフィス型の事務所です。

オフィス型と言うからには、普通の会社の事務所と同じようなタイプであり、雰囲気としては物件を紹介してもらうために不動産業者の事務所を訪ねたような雰囲気です。

もちろん、ホワイトボードに書き込んであるのはスタッフの営業先ではなく、風俗嬢たちの出勤状況ですが。

このタイプの事務所では、事務所と風俗嬢の待機所を完全に分けているという特徴があります。

待機する場所は完全に別室として設けてある場合や、そもそも風俗嬢を待機させることがなく、自宅待機の風俗嬢に指名が入り次第指示を出してお客さんのところに行ってもらうというのが一般的です。

デリヘル事務所

ちなみに、デリヘルもサービス業であるからには、顧客情報をそれなりに管理しているものですが、そのための手段は事務所によって異なります。

例えば、お客さんの電話番号、指名した風俗嬢の名前、利用したコースなどをきちんと記録しているお店もありますし、ほとんど情報を残していないお店もあります。

また、パソコンを使うことによって、電話が鳴った瞬間にその電話番号を記録し、日時と指名した風俗嬢、時間、コース、待ち合わせの駅などをすべてデータベースに管理しているお店もあります。

デリヘル事務所

このような細かい記録を取っているお店は、後々そのデータを使ってサービスを向上させようという狙いがあります。

一般企業でも、お客さんのデータを蓄積することによって、お客さんの属性別の傾向などを分析することによって売り上げを伸ばそうとするものですが、それと同じようなことがデリヘルでも行われているのです。

 

 

こんな事務所、あんな事務所

デリヘル事務所

ここまでは一般的な事務所の形態について解説してきましたが、ここからは印象的な事務所について書いてみましょう。

まず、全国規模で展開している、ある風俗店グループの事務所なのですが、全国規模のグループの事務所はどんなものなのでしょうか。

そのグループは、札幌、仙台、東京、岡山、広島、福岡と全国に勢力を伸ばしているのですが、本社はなんと自社ビルです。

3階建てのビルであり、3階には社長室と応接間、2階には事務所、1階には直営店の女性向けエステティックサロンを経営しているという陣容です。

風俗店らしい怪しさはまったくなく、外観は洋風でおしゃれなものです。

2階の事務所はコールセンターのような雰囲気があり、電話機とパソコンが置かれたデスクがいくつも並んでいます。

もっとも、全国的に見ても、自社ビルを所有しているデリヘルはほとんどありません。

デリヘル事務所

次に、某県最大のデリヘルグループの事務所を見てみましょう。

これもグループではありますが、自社ビルは所有していません。

しかしながら、マンションのワンフロアをすべて借りており、そこに事務所と風俗嬢の待機所を設けています。

内装はかなりゴージャスなもので、休憩室には巨大な水槽に熱帯魚が泳いでいます。

デリヘル事務所

壁は真っ白に輝いており、床にはゴミひとつ落ちていません。

さらに、ネットカフェやファミレスにあるようなドリンクサーバーを設けており、無料で飲み放題になっています。

デリヘルの事務所の中で、これほどきれいな内装であり、このようなドリンクサーバーも置いてある事務所というのは、そうそうありません。

それだけではなく、もう一つ上のフロアも一部借りており、そこがフォトスタジオになっています。

デリヘル事務所

ベッド、観葉植物、照明器具などを置いてあり、カメラマンも常駐しているため、風俗嬢や何らかの写真が必要になったときには、すぐに撮影できるようになっているのです。

規模がそれなりに大きいデリヘルになると、事務所の外部にスタジオを持っているというケースはしばしばあるのですが、事務所内にフォトスタジオがあり、カメラマンが常駐しているというようなケースはあまり見られません。

このほか、特殊なケースも紹介しておきましょう。

デリヘル事務所

デリヘルの中には、経費削減のために事務所を持たずに営業しているケースもあるのです。

ならばどうやって営業しているのかといえば、経営者の自宅などを事務所として登録しておき、それでは待機所などのスペースを確保できないため、風俗嬢には自宅で待機してもらうのです。

以前は、固定電話を持たないデリヘルには信用がないという理由から、無理をしてでも事務所を借りて固定電話を引いたうえで、開業するケースがほとんどでした。

しかし、最近では固定電話を引くことなく、ホームページや広告にも携帯番号だけを乗せるケースが増えています。

これは、規制緩和が影響しています。

デリヘル事務所

以前ならば、広告やスポーツ新聞に風俗店の情報を記載する場合、携帯番号だけを記載することができなかったため、宣伝のためにはどうしても固定電話を引く必要がありました。

しかし、最近それが緩和され、携帯番号のみの記載が可能となったため、事務所を借りずに固定電話も引かないというケースが増えているのです。

事務所を設けていないとなれば、かなり営業しにくそうにも思われるでしょうが、事実かなり営業はしにくいようです。

そもそも資金がないために、経費削減の必要に迫られて事務所を借りていないのですから、送迎ドライバーも雇っていないことがよくあります。

デリヘル事務所

したがって、経営者が送迎車の中で待機しておき、お客さんからの電話を受けると、自宅で待機している風俗嬢を拾ってお客さんのもとに送り届けているのです。

逆に言えば、これはデリヘルというものが、携帯電話一つあれば開業できてしまう証拠でもあります。

だからこそ、昨今の風俗業界ではデリヘル店の数が異常に増えており、競争が高まっているのです。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

風俗の教科書の注目記事を受け取ろう

デリヘル事務所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

風俗の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 風俗で色恋営業を成功させるための7個のテクニック

  • 稼げるタイミングを知っている風俗嬢が200万円以上も多く稼げるワケ

  • 池袋で稼ごう!西口と東口の違いを押さえたお店選びを

  • 風俗の面接はどうやって応募する?最近はLINEが便利です

関連する記事はこちらです

  • 容姿に自信があるんだったら、会員制風俗ってのもアリ

  • ソープランドではどんなことをする?プレイの全貌

  • 風俗には好待遇の店がいっぱい!あなたなら、どの店を選ぶ?

  • 性癖は一人ひとり違う!風俗店の多種多様化が進んでいる

  • ソープランドで働きたい?求人の選び方から面接まで全て教えます!

  • 風俗嬢のクオリティーが低いデリヘル店は要注意!