童貞のお客さんの接客ポイントとは!

風俗嬢は、基本的にエッチが好きなお客さんを相手にしていくことになりますが、これは手慣れたお客さんばかりということではありません。

時には童貞のお客さんを相手にしなければならないこともあるのです。

童貞の男性とエッチしたことがない風俗嬢は、こんな時にどう対処すればいいか分からなくなることでしょう。

童貞のお客さんは、エッチなことを色々経験してみたい、色々教えてほしいなどと考えているものですが、そう言われてもどうすればよいか分からない女性が多いのです。

そこで本稿では、お客さんが童貞だった場合の接客方法について解説していきます。

童貞のお客さんっている?

まず、童貞のお客さんが本当にいるのかという問題を考えてみたいのですが、結論から言えば童貞のお客さんは一定数います。

このことは、女性によっては考えられないと思うことも多いと思います。

女性の多くは、処女を失うのは人生に一度きりだから、最初は好きな男性としたいと思うものです。

女性専用風俗というものもありますが、まだ男性経験がないうちから、そのようなお店を利用したいと考える女性はほとんどいないでしょう。

しかし、男性にはそのような感覚はあまりありません。

もちろん、好きな女の子とエッチして童貞を卒業できるならば、それが一番良いのですが、それほど大きなこだわりはないのです。

それよりも、どちらかというと早く体験してみたい、早く卒業したいと考え、あまり相手にこだわりを持たないことが多いです。

また、女友達の間で処女であるということはそれほどイジられたりすることではありませんが、男友達の間では、しばしば童貞であることを馬鹿にされたり、イジられたりすることがあるものです。

成人しても童貞だという男性はそれを隠したがるものであり、親しい先輩に連れられてソープランドで童貞を卒業することも多いのです。

もちろん、ソープ以外の多くの風俗では、エッチなことはしても本番はしないものですから、童貞を卒業できるわけではありません。

しかし、厳密に言えば本番をすれば童貞を卒業できるとはいうものの、本番をせずに女性とエッチなプレイをした場合にも、それはもう童貞を卒業したと言ってよいでしょう。

女性と性的な行為をしたことによって、童貞ではなくなったと考えることもできるのです。

多少話がそれましたが、以上のような理由から、女性とエッチなことをしたことがない男性が風俗を利用するケースは少なくありません。

18か19の若い童貞が利用することもありますが、多くは20代になって働き初め、自由に使えるお金が増えてから利用する人が多いと言えます。

10代ならばまだしも、20代にもなると周りに童貞がどんどんいなくなり、焦るということも一つの理由です。

ただし、童貞客の相手をする確率は、風俗店や風俗嬢によってかなり異なると言えます。

「実は童貞なのですが・・・色々教えてください」などと言ってくるお客さんの多くは、恥じらいを持ちつつ依頼してくるものです。

あくまでも「教えてもらう側」であり、年下や同世代の風俗嬢やロリ系の風俗嬢に教えてもらいたいと考える男性は少ないため、学園系・妹系・ロリ系のお店では童貞率が低いです。

逆に、年上のお姉さんに優しく教えてほしいと感じる男性は多く、人妻系・熟女系・お姉さん系の風俗嬢が在籍しているお店では童貞率が高いです。

その中でも、サイトのパネル写真や紹介文から、優しそうな雰囲気が漂っている風俗嬢は童貞を相手する確率が高いと言えます。

何人もの童貞を相手にしてきたベテラン風俗嬢ならば、童貞が何人来ても問題ないでしょうし、むしろ風俗嬢側が主導権を握ることができるため、ラクだと感じることも多いです。

しかし、経験が浅い風俗嬢は困惑することになると思います。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

童貞客への接客のポイント

童貞の男性の相手をした経験が少なければ、慣れない接客に困惑すると思います。

しかし、以下のポイントを押さえておけば問題ありません。

そのポイントを大まかに挙げると、

  • 風俗嬢がリードする
  • 優しいプレイを心がける
  • 丁寧に教える

ということです。

 

風俗嬢がリードする

童貞プレイ

童貞客への接客で最も大きなポイントは、風俗嬢がリードしてあげるということです。

そもそも、お客さんは女性とエッチなことをするのが初めてなのですから、何をどうすればよいか分かっていません。

風俗嬢が受け身になってしまうと、お客さんは「どうすればいいんだろう」「こんな風にしたら嫌われるかな」などと緊張させることになってしまいます。

童貞の男性が持っているエッチな知識は、主にAVによるものです。

しかし、知識はあってもいざやってみるとなると難しいものですし、初めての体験に緊張して、頭が真っ白になっているお客さんもいます。

中には、とてもシャイなお客さんもいます。

そのようなお客さんは、風俗嬢に触れることさえうまくいかないということもあります。

そこで、童貞客に接客する際には、風俗嬢側からリードしてあげることが大切です。

シャワーの際には洋服を脱がしてあげたり、お風呂まで手をつないで行ったり、シャワーを浴びながらキスをしてあげたりすれば、お客さんの緊張はかなりほぐれます。

まずは風俗嬢がリードして、「触っていいんだ」「キスしていいんだ」などと思わせることが大切なのです。

 

優しいプレイを心がける

童貞プレイ

童貞のお客さんは、女性とエッチなことをしたことがないだけではなく、そもそも女性と会話をしたり、デートをしたりといった、全般的な女性経験が少ないことも多いです。

そんな男性は、いくら風俗嬢がエッチなことをする仕事だと理解していても、触られることにとても敏感になっていることも多いです。

服を着て抱き着かれただけでも心臓はバクバクなのに、裸で抱き着かれたり、色々な場所を触られたりすると、かなりびっくりしてしまうこともあります。

リードすることが大切だからといって、無遠慮にプレイを進めようとしてしまうと、緊張のあまり勃起や射精ができなくなってしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、お客さんの初めての風俗体験は悪い思い出となってしまい、リピートなどとてもできなくなってしまうでしょう。

このため、じっくりと慣らしながらプレイしていくためにも、最初は会話をしながら手をつないだり、ソフトなキスをするなどしながら、丁寧に優しく触っていくことが大切です。

 

丁寧に教える

上記の通り、童貞のお客さんのエッチな知識のほとんどはAVによるものです。

AVを見て、AV女優が気持ちよさそうなプレイをすべきだと信じ込み、激しい手マンなど、力加減の分からないプレイをやってしまいがちなのです。

童貞客に接客するのが面倒だとする風俗嬢は、リードしたり教えたりするのが面倒であると同時に、力加減がわからないために激しくされ、痛くなってしまうのを嫌っていることも多いのです。

したがって、風俗嬢は力加減や女の子がされて嬉しいことなどを、丁寧に教えてあげることが大切です。

丁寧に教えてあげれば、お客さんは女性の扱い方を学んだことで自信をつけることができますし、風俗嬢は負担の少ないプレイをしてもらうことができます。

厳しく教えるのではなく、「もっと優しくした方が気持ちいいよ」「そうそう、上手じゃん」などと褒めながら教えると、お客さんも傷つきにくいです。

 

スポンサーリンク

準備中

 

童貞客をリピーターにする!

上記のポイントを押さえれば、童貞のお客さんへの接客もそれほど問題ないと思います。

むしろ、プレイの主導権を風俗嬢が握ることができますし、負担の軽いプレイへと導いていけば、痛い、気持ちよくないといった時間を過ごすこともないでしょう。

何よりも、それ以上に童貞客はリピーターに育てやすいです。

風俗嬢が教える側という関係が出来上がってしまうと、お客さんはもっと教えてほしいと思った時にリピートしてくれるようになります。

また、女性に優しくされたことがなく、童貞だったお客さんだった場合などには、風俗嬢のことを優しくしてくれるお姉さんだと感じて、優しくしてもらいたい、甘えたいという気持ちからハマることもあります。

童貞客を確実にリピーターに育てていき、風俗嬢の方が優位にある関係を築いていくことができれば、風俗嬢として働く負担を軽減することも可能だと思います。

 

こんな風俗嬢は童貞客を避けよう

童貞プレイ

避けるというと語弊がありますが、以下のように感じている風俗嬢は、童貞客に対してもあまり気を使わないプレイをし、リピーターになってもらわないほうが良い場合があります。

それは、

  • 童貞の男性が嫌い(風俗を利用するまで童貞だったお客さんには、オタク系、不潔感がある、全体的に気持ち悪いなどのネガティブな特徴を備えていることも多く、生理的に受け付けないという風俗嬢)
  • リードするのが無理(完全な受け身プレイしかできず、リードするのはとても苦手という風俗嬢)

などの場合です。

このような風俗嬢は、童貞客から指名されて接客したとしても、お互いにしっくりこないプレイになることでしょう。

このような風俗嬢は、生理的に受け付けられるお客さんやリードしてくれるお客さんをメインに仕事していきましょう。

童貞客がコツを押さえればいいお客さんになるというのも、童貞への接客が苦痛にならない風俗嬢だからこそです。

それが苦痛になってしまうならば、その他の苦痛にならないお客さんへの接客を頑張っていた方がラクですし、リピート率も高くなります。

もし童貞客への接客が苦痛だと感じているならば、お店に相談してみましょう。

そうすれば、公式サイトのプロフィール欄などに「妹系」「甘えん坊」「受け身」などと紹介してくれるでしょうから、童貞客からの指名は減ることと思います。

 

スポンサーリンク

準備中

 

まとめ

童貞客に当ったとき、風俗初心者は困ってしまうことと思います。

しかし、風俗嬢以上にお客さんの方が緊張していることは間違いありませんから、風俗嬢のほうが気を楽にして、ポイントを押さえたプレイを提供してあげましょう。

優しく丁寧にリードし、教えていくことができれば、そのお客さんはリピーターになり、長期的に稼ぎをもたらしてくれるかもしれません。

 

 

タイトルとURLをコピーしました