1. TOP
  2. 稼ぐために重要なこと
  3. 風俗嬢の営業メールテクニックまとめ。より指名を取るために

風俗嬢の営業メールテクニックまとめ。より指名を取るために

稼ぐために重要なこと 風俗の仕事 この記事は約 9 分で読めます。

営業メールとは、お客さんに指名してもらうために送るメールのことです。

お店に来て欲しい時にメールをする、次回の指名につなげるためにお礼のメールをする、太客に特別感を持ってもらうためにメールするなど、使い方は様々です。

本稿では、風俗嬢と営業メールの関係について解説していきます。

また、補足として、高級店における営業メール以外の営業についても見ていきましょう。

指名を取るほど稼げる仕事

風俗嬢は、指名を取れば取るほど稼ぎが伸びていく仕事です。

指名を取れば、待機して時間を潰すことがありませんし、指名料は全額バックされることも多いため、指名されると稼げるのです。

指名されるほど稼げるという仕組みは、キャバ嬢にも似ています。

キャバクラの多くはポイント制になっており、獲得するポイントに応じて時給が高くなっていくため、指名によってポイントを稼ぐことが非常に重要なのです。

だからこそ、キャバ嬢は営業メールなどを通して自分の指名客に営業をかけ、お店に通ってもらうようにしています。

ならば、同じく指名が大切な風俗でも、風俗嬢はお客さんに営業メールをした方がいいのでしょうか。

 

範囲を決めてメールする

SNSで指名ゲット

結論から言うと、お客さんに営業メールをしている風俗嬢は少ないです。

している風俗嬢もいるでしょうが、それもキャバ嬢のように日常的に頻繁なやり取りをするのではなく、営業のためにほんの数通だけメールをするというパターンが多いでしょう。

また、キャバ嬢は指名客を大切にするため、また指名客になってくれそうなお客さんを逃さないためにも、たくさんの相手にメールをします。

しかし風俗嬢は、かなり厳選してメールを送ることが多いですし、内容も限定的な場合が多いようです。

風俗嬢とお客さんがメールをするタイミングは、以下のようなものが多いです。

 

姫予約の時

姫予約とは、お客さんが風俗嬢に対して、メールで直接予約をすることです。

この場合、姫予約以外の用途でメールを使うことはなく、プライベートな内容のメールが来ても返信はしません。

連絡先を教える時、「姫予約の時だけメールしてね。それ以外は返さないよ」などと伝える風俗嬢もいます。

 

太客にだけ教える

風俗嬢によっては、太客だけに教えるということもあります。

何回も通ってくれている人ならば、安心感のあることが多いですし、逃すにはもったいないので、連絡先を教えておき、たまにメールのやり取りをするのです。

ただし、お店で口説いてくる相手は、たとえ太客であっても連絡先は教えてはいけません。

店外デートに誘われる可能性が高いです。

 

お礼メールに使う

お客さんとアドレスの交換をしたとき、「お店に来てください」などの営業メールは送らず、来てくれた後にお礼メールを送るだけという使い方もあります。

他の風俗嬢が、このような取り組みをしていることが少ないため、簡単なお礼メールを送るだけでも、また指名をもらえる可能性が高まります。

 

店外デートを希望されたら?

上記のように、用途は限定しつつも、お客さんに連絡先を教えている風俗嬢は少なくありません。

しかし、店外デートを希望されてしまったら返信をせず、もう連絡対象から外すという風俗嬢が多いようです。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5ちゃんねる削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

営業メールはした方がいい

なかなか余裕がない風俗嬢もいると思いますが、営業メールはできるだけ送った方が良いでしょう。

お客さんからしてみれば、営業メールを送ってくる風俗嬢と送ってこない風俗嬢がいて、容姿とサービス内容がそれほど変わらないならば、営業メールをくれる方を指名するからです。

営業メールをしたくない人は、営業メールによって差がつく高級店は避け、ほとんどの風俗嬢が営業メールを送らない格安店で働くのが良いでしょう。

格安ソープなどがそうですが、格安店はとにかく回転数で稼いでいくお店であり、指名がゼロでもフリー客がつくため稼ぐことができます。

風俗お金問題

指名がそれほど重要ではなく、特定のお客さんを大切にする必要がないため、営業メールが不要なのです。

それでも、多くの風俗店では、ひっきりなしにお客さんにつくことはあまりないでしょうし、そのような中で効率よく稼いでいくならば、できるだけ営業メールは活用したほうが良いでしょう。

キャバクラほど凝った内容のメールを送ったり、たくさんのやり取りをしたりする必要はありません。

ある程度稼いで、早く風俗を辞めたいと思っている女性などは、できるだけ営業メールも頑張ってみたほうが良いでしょう。

 

 

高級店では営業が必要

しかしながら、営業メールをしなくても良い(できればした方が良い)のは中級店以下での話です。

高級ソープなどの高級店になると、営業をしっかりしなければならないお店がほとんどです。

高級ソープとは、文字通りサービス料金が非常に高いソープランドのことで、120分で平均65000円、超高級店になると120分で80000円以上の料金がかかることもあります。

このような高級店や超高級店では、お店から風俗嬢に対し、営業をしっかり行なうように指導されます。

これはなぜかと言えば、高級ソープはお客さんの絶対数が少ないからです。

何しろ、上記の通り非常に高額な料金を伴う風俗店ですから、利用できる人は一部の富裕層に限られています。

それだけに、格安ソープや大衆ソープなどとは違い、フリー客が入ることがほとんどなく、お店によっては「一見様お断り」としている場合もあります。

したがって、少ないお客さんに対して、いかにお店に足を運んでもらうかということが非常に重要になります。

風俗良いサービス

それ以外のお店ならば、フリー客が多いため、ごく普通の宣伝でお客さんを集めることができますが、それができない高級店では、既に利用したことがあるお客さんや、定期的に利用しているお客さんに、できるだけ利用してもらう必要があるのです。

高級店で働いている風俗嬢は、サービス料金が高いため、1回の接客で多くの収入を得ることになります。

しかし、安定して稼いでいくためには、少ないフリー客を本指名客に変え、さらにその本指名客ができるだけ長く利用してもらえるようにしなければなりません。

きちんと接客と営業ができてこそ、それが可能となります。

もし、フリー客を指名につなげられない風俗嬢ならば、お店も貴重なフリー客を逃し続けるわけにはいかないので、指名につなげられる風俗嬢にフリー客を回すようになります。

そうなれば、せっかく高級店で働けるだけのルックスやスタイルがあっても、働き続けることは難しくなるでしょう。

中には、ルックスとスタイルが良くてキャバクラで人気だったキャバ嬢が、営業を面倒に思って風俗に移ったところ、高級店に勤務したばかりにそこでも営業しなければならず、「こんなはずじゃなかった」などと思うこともあります。

それでも、高級店で稼げるようになった風俗嬢は、キャバ嬢とは比べ物にならない高収入を手にすることになります。

120分80000円のお店で働き、バック率が60%だったとすれば、1回の接客で得られる給料は48000円です。

これを1日2回こなせば日給96000円、週2回・月8回の出勤で月給76万8000円にもなります。

キャバ嬢でも、売れっ子になると100万円以上の稼ぎは現実的にあり得ますが、そのためには週5回レギュラーで出勤し、オープンラストで働くなどの努力が求められます。

そう考えると、高級風俗店の稼ぎは非常に高いことが分かるでしょう。

 

高級風俗店の営業とは

カラダを売る女性

では、具体的にはどのような営業を行なうのでしょうか。

営業メールを送るのは当たり前として、他にも色々なアプローチで営業をかけていくことになります。

例えば、

  • クリスマスにプレゼントを贈る
  • バレンタインにチョコを贈る
  • お客さんの誕生日にプレゼントを贈る
  • お歳暮やお中元を贈る

といった営業になります。

クリスマスやバレンタインならばまだわかりますが、お客さんの誕生日を覚えておいてプレゼントをするとなると、もはやキャバ嬢並の営業だと言えます。

さらに、高級風俗店の常連客は年齢層が高いため、お歳暮やお中元を用意するなど、文化に則ったプレゼントが喜ばれる傾向があります。

もっとも、これらのプレゼントは非常に高価なものを贈るというわけではありません。

もちろん、よく指名してくれる太客ならば、多少高いプレゼントを贈った方が良いこともあるでしょうが、大切なのは節目節目できちんと気遣いができること、感謝を形に表せることですから、それほど高くないものでも効果があります。

ですから、高級風俗店の営業は大変です。

それでも、お客さんは普通のお店の何倍ものお金を支払ってくれるのですから、仕方ないと考えるべきでしょう。

120分で40000円を受け取れば、時給換算で20000円です。

歌舞伎町でナンバー入りしているキャバ嬢、数倍の時給をもらっているのです。

 

営業が嫌なら格安ソープを

格安ソープで働いた場合は、1本60分で10000円くらいの給料になりますから、その給料で満足することができ、なおかつ営業をしたくないと考えているならば、格安ソープの方が良いでしょう。

営業メールもプレゼントもいりません。

体力的には、格安ソープの方が数倍きついでしょう。

しかし、風俗嬢の中には、営業が本当に苦手であり、数倍の肉体的疲労のほうがマシという人もいますから、そのような人は高級店を選ぶよりも、格安ソープを選んだほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

結局、自分が働く風俗店の選び方は人それぞれで、絶対高級店で働いた方が良い、絶対格安ソープで働いた方が良いとは言えないということです。

自分の適性に合わせて働いた方が、接客ごとの単価に関わらず、本数をこなしたり、長く働いたりすることによって、結果的に多くを稼ぐことができるのです。

そのように考える時、営業にも留意しておくと良いでしょう。

自分は営業をきちんとこなせるのか、できればやりたくないのか、営業があって体力的にラクな方と、営業がなくて体力的にキツい方ではどちらがいいのか、営業メールを送るお店で働いた時には、その働き方で長くやっていけそうなのか、挫折しそうな気がするのか・・・色々な観点から考えることによって、より自分に合った働き方ができると思います。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

風俗の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

風俗の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 風俗で色恋営業を成功させるための7個のテクニック

  • 稼げるタイミングを知っている風俗嬢が200万円以上も多く稼げるワケ

  • 池袋で稼ごう!西口と東口の違いを押さえたお店選びを

  • 風俗の面接はどうやって応募する?最近はLINEが便利です

関連する記事はこちらです

  • ブログを営業ツールにするコツ

  • 稼ぎたいならツイッターやインスタグラムを使って指名をゲット!

  • リピート率90%の風俗嬢が気を付けていること

  • 月80万円稼ぐ風俗嬢になるために重要なポイント3つ

  • 同じ店の女の子との上手な付き合い方とは

  • 風俗嬢が売春して逮捕?捕まらないための法律知識