売れる風俗嬢のプロフィール。性的なことはどう答える?

風俗店の面接を終え、本採用を前提に進めていくとき、お店から性的な質問をされることがあります。

面接官が男性の場合、性的な質問に答えるのは恥ずかしいと感じるかもしれません。

しかし、お店はその女性のプロフィールを作り、お客さんに告知していく必要があるからこそ、性的な質問をしています。

いかにうまく答えるかによって、お客さんからのウケや指名の入りやすさ、接客時の働きやすさなどが変わってきます。

そこで本稿では、性的な質問に対する理想的な答えについて解説していきます。

 

性的な質問はなぜされる?

風俗嬢プロフィール

風俗店の面接を受けると、個人情報や勤務条件などについて色々と聞かれます。

これは、一般的なアルバイトと同じです。

ただし、風俗店の面接では、本採用を前提に話を詰めていくためにも、プライベートなことを色々と質問されます。

お店のホームページでは、新人が入店することをお客さんに告知するため、プロフィールに記載する内容を聞く必要があるのです。

この時、性的な質問もされるため、業界未経験の女性は面食らってしまうことも多いです。

風俗店のスタッフはスケベで、個人的な興奮のために性的なことを質問してくるのだと、勘違いしてしまう女性もいます。

しかし、多くのお客さんはお店のホームページと女性のプロフィールを見て、興味が湧いた女性を指名しようとします。

興味が湧く女性がいなければ、ほかのお店のホームページに行ってしまい、売上を逃してしまいます。

だからこそ、お店のホームページでは、お客さんの指名につながるように、風俗嬢のプロフィールを充実させていくことが重要なのです。

特に、風俗店のお客さんは、性的な目的をもってホームページを見ています。

そのため、性的な項目は、プロフィールのなかでも特に重要な部分となります。

性的な項目次第で指名率が変わったり、接客時の負担が変わったりするため、性的な質問にはしっかりと答えることが大切です。

 

エッチは好き?

風俗嬢として働くのですから、この質問には「好き」と答えなければいけません。

風俗店はエッチなことをするお店ですから、「嫌い」と答えてしまえば、お客さんには大きな悪印象を与えてしまいます。

エッチが嫌いな風俗嬢を指名すれば、お客さんは「嫌そうなオーラを出しながら接客されるんだろうな」と考えて、指名を避けます。

決して安くないお金を払うのですから、エッチが嫌いな風俗嬢を指名するよりも、エッチが好きな風俗嬢を指名したいと考えるのが普通です。

したがって、エッチが好きかどうかという質問には、迷わず「好き」と答えましょう。

お店の男性スタッフに、このような回答をするのは恥ずかしいでしょうが、スタッフはプロフィール設定のために聞いているだけなので、あまり意識する必要はありません。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

好きなおもちゃは?

好きなおもちゃに関する質問も多いです。

これも恥ずかしいと感じるでしょうが、嘘でもいいのでおもちゃを挙げておきましょう。

風俗店で使用するおもちゃには、ローターや電マ、バイブなどがあります。

これらのおもちゃを使う場合には、お客さんはオプション料金を支払う必要があります。

このため、プロフィールに好きなおもちゃを書いておくと、お客さんがそれを選ぶことによって、稼ぎが増える可能性があります。

苦手なおもちゃを、無理して記載しておく必要はありませんが、そうではないおもちゃは積極的に記載してもらいましょう。

 

得意なプレイは?

自分に得意なプレイがあれば、それをプロフィールに書いてもらうことによって、お客さんからの指名が入りやすくなります。

好ましい回答は、お店の種類によっても変わります。

ヘルスならばキスやフェラ、バキュームフェラ、素股、ソープであればマットプレイ、オナクラや性感エステなどでは手コキなど、業種によってお客さんウケが良いプレイは変わります。

自分が得意なプレイであり、なおかつお客さんウケがよさそうなプレイを回答しましょう。

 

スポンサーリンク

準備中

 

好きなプレイは?(性感帯は?)

好きなプレイや性感帯について聞かれることもあります。

好きなプレイを聞かれた場合には、自分がされてうれしいプレイ、あまり体に負担がないプレイを答えましょう。

例えば、手マンと答えた場合、お客さんがしつこく、激しく手マンをしてきて、膣内が傷ついてしまうこともあります。

膣があまり強くない女性は、そのようなことにならないためにも、クンニが好きなどと答えておいたほうが良いでしょう。

そうすれば、手マンが好きという勘違いをされ、激しくいじられてしまうことはなくなります。

また、手マンをしてきたお客さんに対しては、「手でされるよりも舐められるほうがすきなんだけど・・・」などとお願いして、手マンを避けることもできます。

性感帯も、同じように考えることができます。

お客さんの攻めを、自分が苦手ではない部位に誘導することを考えましょう。

体に負担が少ないように、耳、背中、鎖骨などを性感帯として挙げておくと、お客さんの攻めを負担のない部位に誘導していくことができます。

 

好きなエッチの体位は?

ソープランドなど、一部の風俗店では本番行為が前提となっているため、好きな体位を聞かれることになります。

好きな体位を答えておくと、お客さんはそれを求めてくることが多くなります。

このため、好きではない体位を答えてしまうと、プレイの負担が大きくなってしまいます。

したがって、自分の好きな体位や、やりやすい体位を正直に答えておくことが重要です。

好きな体位が特にない場合には、自分がラクな体位を答えておきましょう。

 

スポンサーリンク

準備中

 

Sですか?Mですか?

SかMかという性癖についても、聞かれることが多いです。

業種やお店によって、コンセプトがあったり、ウケが良い表現があったりするので、あなたが入店するお店に合わせるのが良いでしょう。

大きく分けると、ドM、ソフトM、普通、少しS、ドSがあります。

お店のコンセプトがM系の男性向けなのに、風俗嬢が「実はドM」などと答えていると、お客さんは興味を失ってしまいます。

ここでは、ソフトS、ドSなどと答えておくのが無難です。

お店にSやMの定まった方向性がない場合には、「ややSですが、責めるのも好きです」など、どっちつかずの回答をしておくと、幅広いお客さんに対応でき、避けられてしまう可能性が低くなります。

 

まとめ

風俗嬢プロフィール

本稿でお伝えした通り、面接では性的なこともよく聞かれます。

解説した通りの考え方で回答していけば、面接はスムーズに進むと思います。

もちろん、面接時にはお店のことを深く知らないので、あまりよくない回答をしてしまうこともあるでしょう。

しかし、お店は良くない回答をそのままプロフィールにすることはありません。

その場合には、お店からアドバイスしてもらいながら、一緒にプロフィール設定を考えていくことになります。

そのため、プロフィール設定についてあまり深く考える必要はありません。

できるだけ自分が稼ぎやすくなるように、働きやすくなるように考えて、回答を工夫していくことが大切です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました