風俗嬢を辞めた後に幸せな未来はあるのか

風俗嬢は、いつまでも続けられる仕事ではなく、いずれ辞めることになります。

また、何らかの目的をもって風俗嬢になる女性は多く、その目的を達成すれば辞めることも考えるようになります。

では、風俗嬢たちは辞めた後、どうしたいと考えているのでしょうか。

本稿では、風俗嬢を辞めた後の願望を集めてみました。

風俗嬢をいつ辞める?

風俗嬢になる理由は人それぞれですが、やはり多いのはお金です。

小さな子供がいて昼の仕事が難しいシングルマザー、学費を稼がなければならない女子大生、借金のある女性なども多いです。

できるだけ早く風俗嬢を辞めたいと思っている女性も多いですが、お金を理由に風俗嬢になっている女性の辞め時は、お金の不安がなくなったときです。

シングルマザーならば子供に手がかからなくなったとき、女子大生ならば大学を卒業した時、借金のある女性ならば借金を完済した時が辞め時となるでしょう。

しかし、風俗嬢を辞めた後の生活が想像できないという風俗嬢が少なくありません。

特に、借金を理由に風俗を始めた場合がそうです。

シングルマザーならば、子供が大きくなって風俗を辞めたら、普通に昼の仕事をして子供と幸せに暮らそうと思えるでしょうし、女子大生はしっかり就職して普通に昼職で働こうと思えるでしょう。

しかし、風俗嬢になった動機が借金の場合は違います。

借金がなかった場合の人生を考えた時、なにか特別に希望があるわけでもありませんから、

「借金は完済したけど、これからどうしよう?とりあえずやりたいこともないし、風俗嬢を続けようかな」

という選択になることも多いです。

このことは、風俗嬢の声にも明らかです。

風俗嬢掲示板でも、「どんな生活が幸せなんだろ?もうすぐ借金完済します。けど普通の生活が思いつかないの」との質問を見つけました。

この質問に対する返信を見ていくと、風俗嬢の希望が案外普通のものであることが見えてきました。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

普通の願望を抱く風俗嬢たち

風俗嬢たちの意見を見ると、意外にも普通の願望を抱いていることが分かります。

非日常的な世界で生きていることから、願望も常識的ではないのでは?と思う人も多いかもしれません。

しかし、非日常的な世界で生きているからこそ、日常的な、普通な生活へのあこがれを抱く女性も多いのです。

専業主婦。三食昼寝付きシアワセ。

贅沢しなきゃあがっても普通にみんな暮らしてるよ。

毎日のんびり。

とにかく静かにのんびりしたい。

溜め込んだお金で悠々自適。

今の彼氏と結婚してパートでもして仲良く暮らす。

アパートでもいい。普通に笑いある家庭がいい。休みの日はちょっと出掛けたり。とにかく普通の暮らしが一番だと思う。

このように、のんびりしたい、静かに暮らしたい、普通でいいといった意見が非常に多く見られます。

お金を理由に風俗嬢になった女性は多いものです。

お金に不安がなければ、風俗嬢にならなかった女性もたくさんいることでしょう。

やむにやまれぬ理由があって風俗業界に入り、激しい肉体労働をこなします。

嫌なお客さんへの接客も当然ありますし、鬼出勤している風俗嬢もいます。

そのような女性は、忙しいな、嫌なことの多い人生だな、などと常に感じながら生きています。

だからこそ、当たり前であることの幸福を知っており、それを求めるのだと思います。

 

スポンサーリンク

準備中

 

風俗嬢に幸せな未来はある?

ただし、このような意見も見られました。

幸せになるほどに過去バレ不安が増大しそう。

風俗嬢を辞めた女性は、年齢にもよりますが、結婚を見据えることでしょう。

その際には、当然ながら風俗嬢であった過去を隠して生きることになります。

現役中に身バレ対策をしておき、親や兄弟、友人、知人などにしっかり隠しておいたならば、辞めた後もバレてしまうことはありません。

親しくしていたお客さんや、同僚だった風俗嬢やスタッフからバレることを心配する人もいるでしょうが、辞めた後はすっぱり連絡を絶ってしまえば問題ありません。

したがって、結婚を考えていくにあたっても、交際相手に風俗嬢だった過去がバレてしまう可能性も極めて低いと言えます。

それでも、やはり風俗嬢としての過去があるのは事実であり、バレる可能性が非常に低いとはいえ、本人は「バレてしまわないだろうか」という心配があります。

特に、結婚をし、子供もでき、良い旦那さんと幸せな家庭を手に入れると、自分の過去がバレてしまって、この幸福が壊れてしまわないだろうかという不安が出てきます。

しかし、これは本人の考え方次第です。

身バレ対策を現役中にしっかりとやっていれば、現役中も、離職後もバレることはありません。

ましてや、風俗嬢を辞めて時間が経てばたつほど、バレる可能性は下がっていきます。

お客さんや風俗業界の人達にとっても、辞めた後のあなたの存在などはそれほど大きなものではありません。

風俗業界では、毎年多くの女性が入れ替わっています。

辞めていく風俗嬢もたくさんいます。

その中の一人であるあなたのことをいつまでも覚えている人はいませんから、その後の人生に影響することはないのです。

 

スポンサーリンク

準備中

 

お金から離れられるか

また、風俗嬢を辞めた後の願望として、以下のような意見もしばしばみられます。

金持ちと結婚して、ベンツで吉原行って、大声で爆笑してやる。ざまーみがれって。

女に興味ない金持ちと結婚して、幸せセックスレス。

このように、お金持ちと結婚したいという願望を抱く風俗嬢もいるのです。

思うに、お金を理由に風俗嬢になり、お金での苦労を知っているだけに、お金に不安がないようにお金持ちと結婚したいと考えるのだと思います。

しかし、現実的に考えてみると、お金持ちと結婚できる可能性は高くありません。

これは、風俗嬢の過去があるからということではなく、「お金持ち」というステータスを持つ男性は少数派であるため、どんな女性にとっても結婚は難しいということです。

風俗を上がった女性だけではなく、普通の女性もお金持ち男性を求めます。

つまり、お金持ち男性は一般的にモテますから、結婚相手の選択肢が多いです。

お金持ちだからこそ、お金持ちの家のお嬢さんと結婚するというケースも多いです。

このことからも、元風俗嬢がお金持ちと結婚できるとは考えにくいです。

お金持ちの男性と結婚し、一般の水準以上の人生を送りたいと考えている風俗嬢は、ある意味で危険です。

なぜならば、お金持ちと結婚できずに、一般水準あるいはそれ以下の人生になってしまうと、幸福を感じられなくなるからです。

今の時代、夫婦共働きの家庭も非常に多いです。

お金持ちと結婚したいと願っている女性は、夫婦共働きなどしたくないと考えているのでしょうが、それは現実的ではありません。

一般的なものを求める風俗嬢のように、のんびりできれば幸せ、静かに暮らせれば幸せと考えている方が、よほど幸福感は大きく、現実的な願望だと言えるでしょう。

つまるところ、お金からある程度離れられるかどうかが、風俗嬢を辞めた後の幸福につながると言えます。

一般水準で満足できる感覚があれば、結婚の対象となる男性も多いでしょうし、夫婦共働きになっても幸せを感じられます。

しかし、それがなければ、結婚相手も見つからず、妥協して結婚しても幸せを感じられません。

また、辞めてから結婚するまでにはそれなりに時間がかかるのが普通で、昼職をしながら暮らす期間があります。

その時、昼職に移って風俗嬢時代から大きく収入が低下したことに不満を抱き、再び風俗嬢に逆戻りする可能性も高いです。

ある風俗嬢の言葉にも、

幸せってなんだろう~?

金銭感覚や一般常識を戻して平均的な生活に幸せを感じるか、風俗時代の高収入生活が抜けなくて出戻りして幸せ感るかは人それぞれよね。

とありますが、まさにその通りです。

風俗嬢は、いつまでもできる仕事ではありません。

むしろ、人生全体で考えてみれば、風俗嬢である期間よりも、風俗嬢でない期間の方が圧倒的に長いのです。

風俗嬢である期間に、金銭感覚や幸福の基準などについて、あまりにも一般とかけはなれた価値観を抱いてしまうと、風俗嬢を辞めた後に苦労することになります。

風俗嬢として働き、全く価値観が変えないというのは難しいでしょうが、せめて価値観が変わり過ぎないように注意すること、辞めた後に価値観を戻すように努力することが大切でしょう。

まとめ

風俗嬢を辞めた後にどうしたいかを考えた時、普通の生活を望んでいる女性が多い一方で、幸せになることを恐れたり、非現実的な願望を抱いたりする女性もいることが分かりました。

幸福の秘訣は、些細なことに感謝をすることです。

風俗嬢として働いているからこそ、のんびりできること、静かであることなどに幸せを感じられるようになると、辞めた後も幸福感の高い生活を送ることができると思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました