風俗嬢の指名と本番の関係ってどうなの?

本来は本番が禁止れされている風俗で、本番に応じる風俗嬢が増えています。

しかし、本番に応じたとしても、それが指名につながる風俗嬢と、つながらない風俗嬢がいます。

両者の違いはどこにあるのでしょうか。

本稿では、指名と本番の関係を考えていきます。

本番をする風俗嬢が増えている

本番が指名につながる

現在の風俗業界は、厳しい状況になってきています。

デリヘルが合法化されてからというもの、無店舗で始められるため参入が容易であることから、新規の業者が乱立しました。

それと同時に格差の拡大や女性の貧困が深刻化しつつあることも後押しして、風俗嬢の数は増加しています。

その反面、長引く不景気によって風俗における客単価や利用者数は減少傾向にあります。

また、「草食系男子」という言葉に象徴されるように、最近の若い男性はセックスに興味をさほど抱かない傾向になりつつあります。

これによっても、利用者数が減っているのです。

風俗嬢の数は増加し、お客さんの数は減少したことで、風俗嬢一人当たりの接客数は減少しています。

本番が指名につながる

それでも、人気の風俗嬢には相変わらずたくさんの指名が付きますから、稼げない風俗嬢がより稼ぎにくくなっているといえるでしょう。

風俗嬢という仕事は、一昔前のように、「脱ぐ覚悟があれば簡単に、たくさん稼げる」という仕事ではなくなっているのです。

風俗嬢たちは、稼ぐために色々な努力を求められるようになりました。

サービスの質を向上させたり、自分を磨いたりする努力ならば良いのですが、中には本番が禁止されているヘルスで本番をする風俗嬢も増えています。

本番を受け入れることによって、繰り返し指名されたり、オプション料金を受け取って稼ごうと考えるのです。

実際、本番によって指名につながることはよくあります。

しかしながら、本番に対する考え方が、お客さんとずれている風俗嬢は、せっかく本番をしても効果が出ないこともあります。

あえて本番を受け入れていこうと思うならば、お客さんが本番に求めていることは何なのか、よく理解しなければなりません。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

お客さんの真の欲求

本番が指名につながる

お客さんが、本番を喜ぶ理由を考えたことがあるでしょうか。

それは、自分が風俗嬢にとって特別な存在であることを認識できるからです。

本番がルール違反のお店において、本番ができるということは、自分が特別な存在であるということにつながります。

お客さんの中には、風俗嬢に恋心を抱いている人も多いですし、女性から特別な意識を持たれて嫌な気がする人はいません。

本番を通して、自分が特別だと思われているという実感を得られるからこそ、本番を喜ぶのです。

特別だと思われている実感があれば、お客さんは繰り返し指名してくれます。

本番が指名につながる

本番をせずとも売れている風俗嬢にしても、恋人接客などがうまく、本番をしなくても特別な意識を持たせるのが上手なケースが非常に多いです。

本番が指名につながる風俗嬢は、そこをしっかりとわきまえています。

通常の接客の中で特別な意識を持たせることが苦手である代わりに、特別な意識を持たせることを見据えて本番を受け入れ、指名につなげています。

この考えを持たず、「男は入れて射精したいから本番をしたがるのだ」というように考えて、本番を受け入れている風俗嬢は、特別な意識を持たせることはできません。

したがって、本番をしてもリピートにつながることはありません。

風俗嬢が考えた通り、「入れて射精した」という満足だけで終わってしまいます。

そもそも、本番をしたいだけならば、ソープに行けば済む話です。

本番が指名につながる

そうではなく、自分は特別だという意識を持ち、承認欲求を満たしたいという思いがあることを忘れてはなりません。

お客さんの中には、自分が女性からモテないという意識がある人も多いのですが、フツメンレベルの男性もそこそこいます。

そんなお客さんは、「俺は風俗の客の中ではマシな方だし、風俗嬢も嬉しいんじゃないかな」などとも考えるものです。

実際には勘違いなのですが、お客さんがそう考えているということが重要です。

その考えを汲み取って、嬉しそうな反応を示し、「かっこいいし、特別に本番してもいいよ」という感じで本番に至ることで、お客さんの承認欲求は大きく満たされることになります。

また、相手がキモメンの場合にも、お客さんが「俺はこれまでモテたこともないし、風俗嬢も接客は嫌がってるかな」などと考えています。

その際には、全然抵抗がないという反応を示し、「別に全然キモくないよ。むしろ私は好きかも。特別に本番してあげよっか」という感じで本番に至ると、指名につながりやすいです。

本番が指名につながる風俗嬢とつながらない風俗嬢とでは、ここに大きな違いがあるのです。

 

スポンサーリンク

準備中

 

本番をしてもばれない?

本番が指名につながる

ちなみに、特別扱いしているというのはあくまでも表面上のことであり、色々なお客さんに対して本番に応じることになると思います。

それがバレてしまえば、特別扱いしていたのは嘘だったということになりますから、問題があるようにも思えるでしょう。

しかし、そのことはあまり考える必要はないでしょう。

というよりも、いつかは必ずバレてしまうので、考えるだけ無駄なのです。

実際、風俗関係の掲示板などを見てみると、「○○(店名)の●●ちゃんは本番させてくれるよ」といった書き込みもよく見られますし、どこかから情報が漏れてしまうと思います。

また、本番をしたことで特別扱いされていると思い込み、リピートしてくれるお客さんはいるものですが、何十回もリピートしてくれることはあまりいません。

本番をせずとも、精神的にも肉体的にも十分に満足させられるような風俗嬢であれば、何十回も繰り返し指名されることもあるでしょうが、本番だけで長期にわたってつなぎとめることは難しいものです。

したがって、本番によって指名につながっても、それが長期に続くものではないと考え、本番をしたくなった時の不定期的なリピートや、短期間の繰り返しのリピートによって稼げばよいと思います。

このことからも、本番がバレることを不安になる必要はありません。

 

スポンサーリンク

準備中

 

まとめ

本番が指名につながる

本番行為は、うまくやれば指名につなげていくことができます。

しかし、ただ入れさせるという認識では、本番に応じる風俗嬢が増えている昨今、それほど珍しくもありませんし、それだけで指名を得られると考えるのは間違いです。

また、本番による指名は長期のリピートにはなりにくいものです。

したがって、本番をせずとも長期のリピートが得られるように、接客の質を高めていくことを考えたほうが、結果的には軽い負担でたくさん稼げるようになります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました