1. TOP
  2. 収入
  3. 風俗嬢はどれくらい稼げるの?

風俗嬢はどれくらい稼げるの?

収入 この記事は約 12 分で読めます。

本稿を見ている皆さんは、風俗嬢はどれくらい稼げるのだろうという疑問を抱いていることでしょう。

風俗嬢は稼げるイメージが一般的ですが、実際のところいくらくらい稼げるのでしょうか。

本稿では、具体的なケースも踏まえつつ、その疑問に応えていきます。

風俗嬢は昔より稼げなくなっている

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

一般的に、風俗嬢は稼げる仕事であるとされています。

当サイトを見ている皆さんも、経済的理由で風俗嬢になる事を検討している人がほとんどであると思います。

それが下卑た動機であるかというと決してそうではなく、他のあらゆる仕事においても、ほとんどの人はやりたくない仕事を生活のために、つまりお金のためにやっているのですから大差はありません。

したがって、「お金のためにカラダを売るなんてイヤラシイ」という世間一般の認識は全くもって的外れなものです。

このほかにも、世間のイメージで誤っているものがあります。

それは、風俗嬢は遊び好きの放蕩家であり、ブランドものを買い漁ったり、ホストに入れ込んだりするためにお金がたくさん必要であり、そのためにカラダを売っているというものです。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

これも的外れなものです。

確かに1990年代までは風俗嬢という仕事が非常に稼ぎやすい仕事であり、月に100万円以上稼ぐ風俗嬢も少なくなかったのですが、今では風俗嬢になりたがる女性が増えたことや不景気の影響によってそれほど簡単に稼げる仕事ではなくなり、過度に散財するような女性は少なくなっています。

今では堅実な使い道のために風俗嬢として稼いでいる女性が多くなっているのです。

お金のためにカラダを売るのは卑しい、風俗嬢は放蕩家である、そのほか風俗店は風俗嬢を搾取しているなどと言うのは、時代錯誤の認識であると言ってよいでしょう。

現在の風俗業界は、1990年代のような景気の良い話が非常に少なくなっています。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

ごく少数の成功した風俗嬢であれば、ブランド物を買い漁ったり、ホストで遊んだりしているケースもありますが、それは例外中の例外です。

全風俗嬢の上位5~10%くらいがそのような風俗嬢であり、人気店のナンバーワンであったり、もしくはナンバースリーくらいまでなければ、浪費などとは無縁です。

風俗嬢としてそれなりに安定した収入を得ている風俗嬢でも、案外質素にやっているものなのです。

それでも、風俗嬢はかなり稼げるというイメージが根強いため、それを期待して風俗嬢になる女性は未だに多いものです。

一昔前より採用基準は上がっているし、そう思うのも無理はありません。

しかし、風俗嬢になっても、よく働いて月20~40万円の収入ということが少なくなく、勤務時間を柔軟に短時間で働けば、15~30万円くらいの収入ということも多いのが現実です。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

女性が就く一般的なアルバイトや職業と比較すればやはり高収入であることに違いはありませんが、かといって大きく稼いでいるとは言い難いでしょう。

では、実際のところ風俗嬢はどのくらい稼いでいるのか、それを詳しく見ていくことにしましょう。

高収入風俗嬢のケース

まず、風俗嬢の中でも高収入を得られるものを見ていきましょう

高級ソープランドのケース

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

例えば、高級ソープランドなどはどうなのでしょうか。

モデルとして、入浴料2万円、サービス料4万円(120分)の高級ソープランドを見てみます。

ソープランドでは、客はお店に入浴料を支払い、サービス終了後にサービス料をソープ嬢に直接渡すというシステムです。

サービス料の全てがソープ嬢の収入になると仮定し、税金は考慮せずに考えてみましょう。

この高級ソープランドで働くあるソープ嬢は、2日勤務して1日休み、次いで2日勤務して2日休むというスタイルで1週間働くスタイルとします。

つまり、週に4日の勤務です。

そして、1日当たり平均して2人の客を取ったとします。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

そうすると、収入は

日給=4万円(1人の単価)×2人(120分×2)=8万円

月収=8万円(日給)×16日(週4日勤務)=128万円

となります。

週に4日の勤務であり、しかも勤務時間は待機時間などを除けば4時間ですから、これはかなりの高収入と言ってよいでしょう。

また、高級ソープランドの客は高所得者の紳士が多いため、1日平均2人くらいならば肉体的な負担も軽いでしょう。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

もっとも、毎日2人の客がつくソープ嬢といえば、かなりのキャリアやスキルを持っていたり、元人気AV女優として高い知名度を誇っているようなソープ嬢に限られます。

とはいえ、ルックスやスタイルの優れている女性が高級ソープランドに勤め、それほどキャリアやスキルがない状態で初め、1日平均1人の客を取ったとしても64万円の収入になるため、やはり高収入です。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5ちゃんねる削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

店舗型イメクラのケース

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

店舗型イメクラも、そこそこ高収入の部類に入ります。

収入は60分1万円であり、これも週に4日勤務、1日当たり平均して4人の客がつくと仮定します。

その場合の収入は、

日給=1万円(1人の単価)×4人(60分×4)=4万円

月収=4万円×16日=64万円

となり、月に64万円の高収入となります。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

上述の通り、1990年代には月100万円を稼ぐキャバ嬢が多く、今では収入がその半分程度になっているとされているため、満足のいく月収のラインを50万円と考えるならば、やはり64万円を稼ぐイメクラ嬢は高収入の部類と言っていいでしょう。

しかし、イメクラで毎日4人の客を取るためには、経験豊富で勤務も長く、固定客がそれなりについてからでなければ不可能です。

そのような経験豊富なイメクラ嬢が、週4日勤務して50万円超えを達成することができます。

イメクラは客の妄想を具現化しながらプレイするため、演技力やコミュニケーション能力の高さが求められます。

それを備えているならば、長く指名してもらうことができ、それなりに稼ぐことができるでしょう。

大衆ソープランドのケース

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

大衆ソープランドもなかなか稼げます。

50分で1万5000円(入浴料5000円、サービス料1万円)などが一般的なケースです。

大衆ソープランドには老舗店も多く、そのような老舗店では古くからの常連客も多いため、平均すると1日当たり5人くらいの客を取ることができるでしょう。

これも週に4日勤務として試算すると、

日給=1万円(1人の単価)×5人(50分×5)=5万円

月収=5万円×16日=80万円

となります。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

ソープランドはやはり性風俗の王様と言われるくらいですから、大衆店に勤務したとしても月収80万円くらい稼げることが多くなるでしょう。

高級ソープランドに比べて短時間でのサービスとなることが多く、短時間でマットプレイなどを含めたサービスを提供するため、体力的には少々キツいところもあります。

しかし、ルックスやスタイルがそれなりの女性も入店できる見込みがあるため、狙い目と言えるでしょう。

低収入風俗嬢のケース

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

次に、低収入の風俗嬢を見ていきましょう。

もっとも、ここでいう低収入とは、一般的に風俗嬢は稼げると思われている割には低収入という意味です。

また、先ほど述べた通り、現代における風俗嬢のそこそこ満足のいく報酬の水準を考えると、月収50万円がラインとなるため、それ以下の風俗嬢を低収入と表現しています。

しかし、勤務時間や時給などから考えれば、一般の職業の比べてやはり効率よく稼げる職業であることには違いありません。

 

 

都市部人気ピンクサロンのケース

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

多くの性風俗店は完全出来高制となっていますが、ピンクサロンに限っては時給制がベースとなっています。

そのため、出勤すれば収入が得られ、安定していますが、労働内容はキツめです。

ピンクサロンには「花びら回転」というシステムがあり、客から客へと短時間でサービスを提供していかなければならないためです。

30分2回転で6000円の客単価であり、時給は2500円などというのがよくあるケースですが、このようなピンクサロンに17時から24時までの7時間勤務し、客1人当たり500円の歩合給があり、週に4日勤務した場合の収入を考えてみましょう。

日給=(2500円×7時間)+(500円×12人)=2万3500円

月収=2万3500円×16日=37万6000円

となります。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

お店によっていくらかの厚生費が引かれますがそれは考慮していません。

この計算の通り、ピンクサロンは都市部の人気店でも月収36万円程度となっています。

これは一般企業の社員や公務員と同水準の収入です。

稼ぐ風俗嬢の境界である50万円には及ばず、それを達成するためには月に22日の勤務をこなす必要があります。

勤務日数が少ないことを考えればやはり良い収入と言えるでしょうが、人によっては「カラダを張ってもサラリーマン程度なのか」とびっくりするかもしれません。

しかし、これが現代の風俗嬢の現実的な収入なのです。

地方デリヘルのケース

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

地方のデリヘルではそれほどルックスやスタイルは求められず、平均的な女性でも勤務が可能ですが、このレベルのお店は不景気の昨今ではあまり流行っていません。

また、デリヘル店は競合率が高いため、儲かっていないお店も多いものです。

サービス料は60分1万5000円でそのうち8000円が風俗嬢の収入となり、1日当たり2人の客がつき、週に4日の勤務とすれば、収入は以下の通りになります。

日給=8000円(1人の単価)×2人=1万6000円

月収=1万6000円×16日=25万6000円

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

このように、週4日勤務で25万円程度であり、これまでの例と比べるとかなりの低収入と言えるでしょう。

しかし、地方に住んでいれば家賃をはじめとした生活費もそれほどかからないため、一人暮らしの女性やシングルマザーは25万円の収入で十分に生活を成り立たせることができるでしょう。

また、地方デリヘルで1日当たり2人の客を取るならば、実質的な勤務時間は2時間程度ですから、副業として考えればかなり実入りの良い副業と考えることもできます。

日中は子どもの世話で忙しいシングルマザーでも十分な稼ぎを得ることができますし、昼は普通の仕事をしておりその収入だけでは生活が厳しいという女性は、十分に生活するだけの収入を得ることが可能です。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

実際、一般レベルの女性が副業として風俗嬢をする場合、これと似たケースでの働き方をしていることが多く、たまに風俗嬢として働いて月に10万円くらい稼ぎ、本業で足りない分を補填しているなどのケースもよく見られます。

都市部格安デリヘルのケース

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

都市部の格安デリヘルも店舗数が多く競合が激しいため、一般的なレベルの女性でも働けるお店では、安さで勝負されていることが多くなります。

例えば、30分4000円、45分6000円などの料金設定であり、風俗嬢の取り分は30分ならば2500円、45分ならば3500円といったケースが多いです。

このくらいのお店には、それなりのレベルの風俗店を断られた女性が集まるものであり、ごく一般的なルックスやスタイルの女性でも働ける可能性が高いです。

このようなお店で人気風俗嬢となれば、1日当たり6人くらいの客が就くことでしょう。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

その場合の収入は、

日給=3500円(1人の単価)×6人=2万1000円

月収=2万1000円×16日=33万6000円

となります。

週に4日、45分の客を6人とってこれくらいの収入ですから、すこし厳しいといえるでしょう。

この働き方では副業としてのラインを超えるため、兼業での勤務は難しくなり、専業になる風俗嬢も増えてきます。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

しかし、このようなデリヘルで日に3人くらいの客を取るならば、副業として働きながら17万円程度の月収を得ることもできるため、働き方次第です。

しかし、都市部の格安デリヘルは競争率が高く、指名が取りにくいのも事実であり、指名を受けるためには濃厚なサービスを提供する必要があるため、負担は大きくなります。

 

 

地方ピンクサロンのケース

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

最後に、これもルックスやスタイルなどがごく普通でも勤務できる地方ピンクサロンを見てみましょう。

地方のピンクサロンは客入りも少ないですが、ピンクサロンは時給制であるため客入りは問題になりません。

時給は2000円で1日あたり7時間働き、週に4日勤務としましょう。

その場合の収入は、

日給=2000円×7時間=1万4000円

月収=1万4000円×16日=22万4000円

となります。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

このくらいの収入であれば、他の一般的な職業とそれほど変わらない収入となるため、副業として考えた方が賢明でしょう。

まとめ

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

以上の通り、かつての風俗嬢の一般的な水準とされていた月収100万円を超えるのは、一部のかなりクオリティが高い風俗嬢に限られます。

その他の風俗嬢においても、月収50万円を越えるためにはこれまた高いレベルが求められます。

本稿を読んでいる風俗嬢になりたい皆さんも、このレベルで働ける人はそれほど多くないでしょう。

したがって、現実的には月収50万円以下となることも考えておかなければなりません。

とはいえ、個々の資産は全て週16日勤務ですから、専業風俗嬢として大いに働けば50万円のラインを超えることはそう難しくないでしょうし、何らかの本業と掛け持ちしながら短時間でさっくりと15~25万円くらいを稼ぐことを目指すならば、無理なく効率的に稼ぐことが可能です。

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

実際、昼間は事務職として働いて月に20万円の収入を得て、夜はデリヘル嬢として週に3日(1日あたり2~3時間)働いて20万円を稼ぐことで、ゆとりある生活を確立するというケースはよく見られます。

皆さんも、まずは自分のルックスやスタイルのクオリティを客観的に判断し、高級店で大いに稼ぐことを目指しても良いでしょうし、そこそこのお店でそこそこ満足の行く収入を得るのも良いでしょう。

いずれにせよ、いくら風俗嬢が昔に比べて稼げなくなったとはいえ、他の職業に比べて稼ぎやすいことには違いないのです。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

風俗の教科書の注目記事を受け取ろう

風俗嬢どのくらい稼ぐ?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

風俗の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 風俗で色恋営業を成功させるための7個のテクニック

  • 稼げるタイミングを知っている風俗嬢が200万円以上も多く稼げるワケ

  • 池袋で稼ごう!西口と東口の違いを押さえたお店選びを

  • 風俗の面接はどうやって応募する?最近はLINEが便利です

関連する記事はこちらです

  • 月100万稼いでいるけど色々苦労しているソープ嬢の話

  • 売れっ子風俗嬢が売れるようになった意外な理由とは?

  • 「たくさん稼ぐ風俗嬢」の給料を大調査!

  • 稼げる風俗嬢と稼げない風俗嬢、根本的な違いはどこにある?

  • 高収入のコツ、ガンガン稼ぎたいんだったらこうしなさい!

  • 【稼げない】低価格風俗店で働く低収入風俗嬢の現実