1. TOP
  2. 収入
  3. 「たくさん稼ぐ風俗嬢」の給料を大調査!

「たくさん稼ぐ風俗嬢」の給料を大調査!

収入 風俗嬢 この記事は約 12 分で読めます。

風俗嬢という仕事は、ピンサロなどの一部のジャンルを除けば、完全歩合制で給料が支払われます。

これが、働いた時間以上は必ずもらえる、一般的なアルバイトとは大きく違うところです。

稼いでいる風俗嬢とそうではない風俗嬢の差も、大きく現れます。

しかし、いくらくらい稼いでいれば「たくさん稼ぐ風俗嬢」であり、あるいはまた「それほど稼いでいない風俗嬢」と言えるのでしょうか。

本稿では、「たくさん稼ぐ」の基準、たくさん稼いでいる風俗嬢の働き方、たくさん稼げるお店の選び方などを解説していきます。

たくさん稼ぐって、どれくらい?

無口な客の対処法

「風俗嬢は稼げる」とか、「あの子はたくさん稼いでいる風俗嬢だ」といった表現をすることがありますが、では具体的に、風俗嬢はどれくらい稼げば「たくさん稼いでいる風俗嬢」と言えるのかどうか、気になったことはないでしょうか。

風俗嬢になってみたものの、自分の稼ぎが果たして多いのか少ないのか分からない人もいると思います。

まず、月収によって稼いでいるかどうかを分類してみると、以下のように分類することができると思います。

月収40万円以下→稼げていない風俗嬢

月収40~80万円→普通に稼いでいる風俗嬢

月収80万円以上→たくさん稼いでいる風俗嬢

(週4日、8時間働いた場合と仮定する)

このことから、日給にして2万5000円程度が稼げていない風俗嬢と普通に稼いでいる風俗嬢の境界、日給50000円程度が普通に稼いでいる風俗嬢とたくさん稼いでいる風俗嬢の境界ということができるでしょう。

風俗嬢全体における平均的な月収は、45万円であるといわれています。

しかし、一昔前の風俗嬢はもっと稼いでいましたし、風俗嬢という仕事の厳しさも勘案すると、45万円でもやや少ない方です。

したがって、普通に稼いでいる基準は風俗嬢の平均と妥当な稼ぎを踏まえ、40~80万円と広く取っています。

また、稼げていないか、普通か、たくさん稼げているかの分け方を、リピート率に換算してみても、参考になると思います。

なぜならば、リピート率が低い風俗嬢は稼げず、リピート率が高い風俗嬢は稼げるのは間違いないことだからです。

そのように考えると、

10人の接客で1人のリピート(リピート率10%)→稼げていない風俗嬢

10人の接客で2,3人のリピート(リピート率20~30%)→普通に稼いでいる風俗嬢

10人の接客で4~5人以上のリピート(リピート率40~50%以上)→たくさん稼いでいる風俗嬢

と考えることができます。

リピート率が40~50%にもなれば、たくさん稼げる風俗嬢になります。

格安店でも日給5万円を超えるのは普通ですし、中級店以上ならば100万円以上も十分に可能です。

逆に言うならば、リピート率が50%程度あるにもかかわらず、普通レベルの月収しか稼げないならば、バック率が低い、サービス料金が低いなど、システム的な欠陥がある可能性が高いので、お店を変えたほうが良いでしょう。

業種でかなり違う

もっとも、風俗嬢といっても、オナクラからソープまで色々あるわけで、ソフトであればあるほど稼ぎは少なく、ハードであればあるほど稼ぎは大きくなるのが一般的です。

したがって、一口に稼いでいる・稼いでいないといっても、業種によってもその基準は異なります。

例えばソープの場合、最も稼げる風俗と言われていますから、稼げている・いないの基準は高くなります。

したがって、

月収50万円以下→稼げていない風俗嬢

月収50~100万円→普通に稼いでいる風俗嬢

月収100万円以上→たくさん稼いでいる風俗嬢

くらいで考えるのが妥当でしょう。

もちろん、同じソープでも格安店・大衆店・高級店で単価が異なります。

最も層が厚い大衆店では、このくらいの基準で考えておいてください。

次に、最もソフトなオナクラ、手コキ専門店、性感マッサージなどでは、

月収25万円以下→稼げていない風俗嬢

月収25~50万円→普通に稼いでいる風俗嬢

月収50万円以上→たくさん稼いでいる風俗嬢

くらいで考えるのが妥当でしょう。

一般的なアルバイトよりばずっと稼げるのですが、風俗の割にはそれほど稼げない業種なのです。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5ちゃんねる削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

稼いでいる風俗嬢の働き方

上記の通り、稼いでいる風俗嬢は、週4日8時間の勤務で100万円以上稼ぐことがあります。

ソープなどでたくさん稼ぐ風俗嬢になると、1日の出勤で10万円以上稼ぐこともあるほどです。

現役風俗嬢の皆さんは、自分もそうなりたいと思っていると思いますが、たくさん稼ぐ風俗嬢の働き方とは、どのようなものなのでしょうか。

お客さんの多いお店で働くのが基本

以前、インタビューしたことがある風俗嬢が、こんな風に教えてくれたことがあります。

ソープの格安店で働いています。

お昼からラストまで働くと、10万円超えるのは普通ですよ。

指名がつくから10時間くらいずっと休憩なしですけどね。

格安店とか大衆店って、めちゃくちゃ美人な子って少ないんですよ。

別にエッチなことするのは問題ないっていうくらいの女の子とか、技術力がない女の子が多いので、可愛い子とか技術ある子とかなら、10万円は結構普通に稼げますよ。

もちろん、ここでいう格安店や大衆店とは、それなりに集客力のあるお店のことです。

40代風俗嬢

ソープだけではなく、デリヘルでも同様です。

そういうお店でコンスタントに指名を取ることができ、長時間の出勤をこなせば、10万円を超える可能性は十分にあるとのことです。

このことから、確実に大きく稼ぐための鉄則は、お客さんが多いお店で、長時間出勤しており、容姿に自信があるか、そうでなければ技術がそれなりにあることだといえるでしょう。

ただし、お客さんが多い格安店や大衆店になると、接客人数が多くなること、そして客層が悪いこともあるため、心身共にかなり疲れてしまう可能性があります。

したがって、たくさん稼げる一方ですり減ってしまう可能性もあるので、働き方のバランスは考える必要があるでしょう。

その気になれば10万円稼げるお店では、5万円を稼ぐことはそれほど大変ではないので、そのくらいにセーブしつつ月に80万円くらい稼いで、それを長期間続けた方が堅実であり、結果的に多く稼げることにもなると思います。

高級店も稼げる

ほかにも、高級店の風俗嬢が、以下のように教えてくれたこともあります。

高級デリで働いていますけど、90分65000円が基本コースなんです。

手取りは40000円なので、3枠入れば10万円超えます。

やはり、高級店は基本的なサービス料金が高いだけに、1回の接客で得られる収入が大きく、10万円稼ぐのも格安店や大衆店に比べると、ずっと楽なようです。

Twitter風俗嬢

もちろん、高級店に採用されるためには、容姿でも接客技術でも、性的な技術でも、非常に高いレベルが要求されるため、働ける人は少ないです。

また、料金設定が高いことから、お客さんの絶対数も少ないです。

したがって、毎回の出勤でコンスタントに10万円以上の稼ぎを得られない人も多いと思います。

それでも、少ない負担で大きく稼げることは、高級風俗嬢の良いところです。

容姿と技術に自信がある女性は、格安店や大衆店で働いて疲れてしまうよりも、高級店でゆったりと働くのが最もおすすめです。

過激サービスのお店は稼げる

この他、過激なサービスのお店では、たくさん稼げるようです。

NS(ノースキン、ゴムをつけずに生本番をする)勤務です。

10万円を切ることはほとんどありません。

ソープで働くと、ゴムをつけて本番をするのが普通です。

しかし、中にはゴムをつけずに生本番をやっているソープ嬢もおり、そのようなハードなサービスをやっている場合には10万円を超えることが普通にあるようです。

普通に働いているだけでは、それほど多く稼げなかったソープ嬢が、NSにしたことで急に稼ぎが伸びることもあるようです。

 

 

稼げるお店はどう選ぶ?

風俗嬢と面接

さて、ここまでどれくらい稼げばたくさん稼げているのか、たくさん稼げる働き方を見てきました。

最後に確認したいのは、たくさん稼げるお店はどのようなお店なのか、そのようなお店を選ぶためにはどうするのかということです。

風俗店の数は非常に多く、特にここ数年、デリヘルの増加が非常に激しいです。

全国に2万店舗以上ものお店があり、お客さんの数は一定しています。

そのため、お客さんの獲得に苦労するお店が多くなっており、稼げるお店と稼げないお店の差がかなり広がってきています。

一握りの稼げるお店を探すためには、ちょっとしたコツが必要です。

広告で判断する

女性の多くは、女性の高収入アルバイトなどの求人情報サイトを見て、よさそうなお店を探すものです。

それも大切なことですが、男性向けの風俗情報サイトを見ると、より正確な判断ができます。

上記の通り、たくさん稼ぐための大切な要素として、お客さんが多いお店であることが重要です。

男性向けの情報サイトを見てみて、積極的に広告を出しているお店では、お客さんの数も多くなります。

また、そのような情報サイトに広告を出すには広告料がかかります。

お客さんがきちんと入って、儲かっているお店だからこそ、そのような広告が出せると見ることもできます。

したがって、女性向けの求人サイトでいくつかよさそうなお店を見つけたら、次に男性向けの情報サイトでそのお店をチェックしてみましょう。

その際には、

  • ヘブンネット
  • ヌキなび
  • ぴゅあらば
  • マンゾクネット

などを見るのが良いでしょう。

ホームページを確認してみる

男性向けの情報サイトの掲載を確認したら、そのページには各風俗店のホームページのリンクが貼ってありますから、ホームページも確認しておきましょう。

その時、他の風俗店と比べて凝っていないと感じたり、なんとなくダサい感じを受けたとすれば、そのお店はあまり更新頻度が高くなく、人気も低いお店の可能性があります。

ホームページの管理にお金をかけていないことから、あまり売れていないお店なのかもしれません。

この時、在籍している風俗嬢の人数や、出勤している人数も見てみましょう。

在籍と出勤の人数が多いということは、それだけの風俗嬢を抱えなければ回らないほどお客さんが多いということですから、人気店だといえます。

また、稼げないお店は風俗嬢が定着せず、どうしても在籍人数が少なくなるものですから、その意味でも在籍人数が多いお店は人気店の可能性が高いといえます。

在籍人数が多ければ、自分にお客さんが回ってこないのではないか、と思うかもしれません。

しかし、お客さんが少なく在籍人数も少ないお店よりも、お客さん多く在籍人数も多いお店の方が、確実に稼げます。

系列店がある

また、1店舗だけで経営しているお店よりも、グループ店がたくさんあるお店の方が好ましいでしょう。

経営のためのノウハウがしっかりしていますし、売上が多く広告費をふんだんに使えますし、お店同士での相乗効果もありますから、集客力は高く、稼ぎやすくなります。

また、大手グループになると、社員は普通のサラリーマンと同じような人達ばかりで、ホワイトな傾向があり、店員の教育もしっかりしています。

店員の対応

上記の点から問題ないと判断したならば、申込メールを出します。

このとき、店員の対応に注意しましょう。

返信メールの文章がおかしいとか、電話応募での対応が丁寧ではないならば、そのお店は避けた方が無難です。

そのような対応では、風俗嬢を大切にしない可能性があるほか、電話対応でお客さんが不快になっている可能性もあります。

電話対応が丁寧なお店はいくらでもありますから、そのようなお店で働く必要はありません。

以上のポイントを確認するのと、しないのとでは、稼げるお店を選べる確率が大きく変わってきます。

できるだけ稼ぎやすいお店をきちんと選び、その中できちんと頑張れば、風俗嬢は稼ぎやすい仕事なのです。

 

 

まとめ

風俗嬢プロフィール

風俗嬢は、稼げる風俗嬢と稼げない風俗嬢の差が大きい職業です。

一般の仕事よりも稼ぎやすい仕事ではありますが、だからといって、風俗嬢になりさえすれば誰でも稼げるわけではありません。

風俗嬢として稼いでいきたいならば、稼げる可能性が大きいお店を選んで、適切に努力をすることが大切です。

そうすれば、40万円以上の月収は多くの風俗嬢に可能ですし、場合によっては80万円や100万円といった高収入を得られることも、決して不可能ではありません。

「たくさん稼ぐ風俗嬢」になるために、本稿が参考になれば幸いです。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

風俗の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

風俗の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 風俗で色恋営業を成功させるための7個のテクニック

  • 稼げるタイミングを知っている風俗嬢が200万円以上も多く稼げるワケ

  • 池袋で稼ごう!西口と東口の違いを押さえたお店選びを

  • 風俗の面接はどうやって応募する?最近はLINEが便利です

関連する記事はこちらです

  • 給料の未払いの風俗店があるって本当?

  • 元看護師風俗嬢が多い理由はコレだ!

  • 体型を維持して稼げる風俗嬢になろう!

  • 実家暮らしの風俗嬢がバレる最大の理由は?

  • 風俗嬢って時給にしたらどれくらい稼げるの?キャバ嬢とも比べてみた

  • ハーフ女性は風俗嬢になれる?