風俗嬢はピルを飲んで働いた方がいいの?

ピルを服用することは、多くの風俗嬢にとってかなりメリットがあることです。

万が一の場合の妊娠リスクを抑えられる、生理不順を改善する、生理痛を軽減するなどの効果があり、風俗嬢としての働き方に良い影響をもたらすからです。

一般女性よりも、風俗嬢のピル服用率はかなり高くなっているのも、ここに理由があります。

しかし、ピルを服用している風俗嬢は、まだまだ少数派です。

そこで本稿では、風俗嬢がピルを飲むメリットを解説し、皆さんにも是非お勧めしたいと思います。

ピルは飲むべき?

風俗の中には、ソープランドのように本番行為を前提としているお店もあれば、ヘルスやその他のソフト系風俗など、本番行為を行わないことを前提としているお店もあります。

前者を本番系風俗、後者を非本番系風俗ともいいます。

本番系風俗ならば、万が一に備えてピルを飲んで働くという風俗嬢も多いですが、非本番系風俗では、ピルを飲まずに働く風俗嬢も多いです。

しかし、風俗店で働く女性の多くは、非本番系風俗であっても、可能ならばピルを飲みながら働いた方が好ましいです。

その理由は二つあります。

  • 万が一の場合(本番を強要された場合など)に避妊に役立つ
  • 生理周期が安定する

無店舗型風俗店では、お客さんと風俗嬢が二人きりになってサービスが行われるため、本番強要など万が一の事態が起こる可能性があります。

また、挿入しないとはいっても、素股その他の行為による妊娠リスクがあります。

そのような事態に備える意味で、ピルを飲みながら働くことは大いに意味があります。

また、ピルを飲んでいれば生理周期が安定します。

つまり、出勤予定を立てやすくなり、稼ぎやすくなります。

非本番系風俗で働く風俗嬢にとっては、生理周期の安定のためにピルを飲む風俗嬢もいます。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

ピルは危険?

しかし、ピルを飲むことに抵抗を感じている人もいるでしょう。

とにかく薬はできるだけ飲みたくないと考える女性もいますし、副作用を気にする女性もいます。

そこで、ピルの知識を少しつけておくと役立ちます。

ピルとは、正式には経口避妊薬という名前であり、飲む避妊薬といった意味です。

ピルを正しく飲むことによって、妊娠の確率を0.3%にまで下げられる優れた薬です。

避妊以外にも、生理周期をの不順を改善したり、生理の症状を軽減したりすることにもつながります。

昔は、ピルには色々な副作用があったため、飲まないほうが良いと考える女性も多かったものです。

しかし、最近のピルは進化しており、少し飲むだけで効果が得らえる低用量ピルも出ており、副作用はかなり軽減されています。

副作用を全く感じない女性も多いです。

ピルの副作用の代表的なものは、太ってしまうというものがあります。

風俗嬢は容姿も売りになりますから、太ってしまうことやダイエットの障害になってしまうことを嫌います。

だからこそ、ピルを飲むことも躊躇する風俗嬢は多いです。

しかし、上記の通りピルの副作用は軽減されており、ピルによって太ってしまうということは、今ではほとんどなくなっています。

むしろ、体質によっては体重増加が抑制されるケースもあるようです。

このことは、AV女優を見れば良くわかると思います。

AVでは中出しをするシーンも多々あり、そのシーンに備えてAV女優たちはピルを服用しています。

しかし、それでもAV女優たちは、美しいスタイルを維持しています。

このことからも、ピルを服用したからと言って、太ってしまうわけではないことが分かるでしょう。

 

スポンサーリンク

準備中

 

ピルは風俗嬢の強い味方

今や、ピルの副作用はかなり軽減されており、風俗嬢の強い味方となっています。

上記でも触れましたが、万が一の場合への備え、生理不順の改善のほか、美容への効果も期待できるのです。

万が一への備え

上記の通り、風俗店では何があるか分からず、お客さんに本番を強要されてしまうこともあります。

そればかりではなく、非本番系風俗で行なう素股のリスクも下げられます。

生で素股をする人もいると思いますが、お客さんがそれによって射精し、膣口に精子が付いてしまうことがあります。

この場合にも、挿入していなければ妊娠リスクはかなり低いのですが、決して妊娠の可能性がゼロとは言えません。

妊娠したかも・・・と心配になってしまえば、仕事のクオリティも下がってしまうでしょう。

しかし、ピルを飲んでいればそのような場合にもほとんど心配がありません。

万が一の備えとして、ピルはかなり役立つツールなのです。

生理への影響

ピルを飲んでいると、生理不順を改善することができます。

これは、風俗嬢にとってかなりメリットがあります。

生理の時は仕事を休むことになりますが、この周期が不規則であれば、生理の前後で仕事のスケジュールが立てにくくなります。

お客さんが指名したいときに出勤できなくなり、さらにその周期がバラバラというのは好ましくないことです。

しかし、ピルを飲んでいれば、生理によって働けなくなる周期も把握しやすく、安定して稼ぎやすくなります。

また、生理の症状の軽減にもつながります。

生理痛の辛さは耐え難いものですが、それを軽減できることも、ピルの大きなメリットです。

生理痛が軽減されれば、生理休暇をゆったりと過ごすことができ、疲れを取ったり、ストレスを解消したりする時間にすることもできます。

美容への効果

容姿も売りになる風俗嬢にとって、ピルがもたらす美容効果は無視できません。

ピルはホルモンバランスを正常に保つ働きがあることから、ニキビを予防したり、ニキビが治ったりすることがあるのです。

風俗の仕事は体力的にも、精神的にも大変な仕事ですから、それによってホルモンバランスが崩れてしまい、ニキビができることもあります。

ピルによって、ニキビが出にくい体質を保っておくことも、ピルのメリットだと言えます。

上記のように大きなメリットがありますが、1ヶ月当たり3000~4000円で処方してもらうこともできますから、コスパもかなりいいです。

 

スポンサーリンク

準備中

 

ピルを飲んでいる風俗嬢はまだまだ少ない

最近ではピルの副作用もかなり軽減されているということは、少しずつ理解が広まっています。

また、ピルが上記のような様々なメリットをもたらし、特に風俗嬢にとってメリットが大きいことから、ピルを飲んでいる風俗嬢はそれなりに見られます。

非本番系のデリヘルでさえ、在籍している風俗嬢の10%程度がピルを服用して働いています。

これが本番系風俗になると、ぐんと多くなるのはもちろんです。

日本人女性全体でのピルの服用率は1%程度とされていますから、それに比べるとかなり多いことが分かります。

しかし、風俗嬢にとっては役立つものですから、もっと服用する人が増えればいいと思います。

服用していない風俗嬢の多くは、副作用を恐れているだけではなく、ピルを飲んでいることを知られてしまうと、家族や友人に仕事のことがバレてしまいそうだから、という理由で服用を避けている女性もいます。

それでも、副作用がほとんどなくなっているのは事実ですし、飲み方も工夫して家族バレなどの対策をしていけば、風俗嬢の仕事にピルを役立てていくことができると思います。

まとめ

毎月3000~4000円のお金がかかりますが、それによって得られる安心感や働きやすさは大きく、ピルの服用は非常にコスパの良い取り組みだと言えます。

風俗嬢としてよりよい働き方をするためにも、是非ピルの服用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました