風俗店で働くなら「届け出済み風俗店」を選ぼう!

風俗嬢になる時、誰しも風俗求人を検索することと思います。

色々なお店の求人が見つかると思いますが、お店を検討する際には絶対に外してはならない要素があります。

それは、風俗嬢を粗末に扱ったり、違法行為を行ったりするお店で働いてしまわないよう、届け出済み風俗店を選ぶということです。

本稿では、風俗未経験の女性のために、届け出風俗店の知識やそれを選ぶべき理由について解説していきます。

届け出済み風俗店とは?

まず、届け出済み風俗店とは何なのかについて解説していきます。

風俗店の求人ページなどでは、「当店は届け出済み優良店です」などと記載されているのを目にすることがあると思います。

「東京都公安員会 届出確認番号 第○○号」といった記載です。

これを見るとなんとなく安心感がありますが、それが何を意味しているのかを知ると、もっと安心することができます。

そもそも「届け出済み」の「届け出」とは、営業エリアを管轄している公安委員会への営業届け出のことです。

風俗店を営業するにあたっては、風営法を守って営業していく必要があります。

風営法では、営業できる時間帯や客引きの禁止などが決められています。

風営法の正式名称が「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」であることからも分かりますが、風俗店は国の規制を守り、適正な業務を営まなければ認められない存在です。

公安委員会に届け出済みであるということは、風営法を守って合法的に、正しく営業することを宣誓しているようなものだと言えます。

逆に言えば、求人ページにこのような記載がないお店は要注意だということです。

その場合には、お店のホームページを見てみて、そこでも公安委員会の届出番号が記載されているかどうかを確認しましょう。

もし記載がなければ、そのお店は無届の違法店の可能性が高いです。

ただ表示していないだけでは?と思う人もいるかもしれません。

しかし、届け出済みであることは、求人の際に女性を安心させるためにも、また利用したいと考えるお客さんを安心させるためにも、記載して損はない要素であり、むしろ記載しなければあらぬ疑いをかけられることになってしまいます。

それを敢えて記載しないというのは考えにくく、記載していない=無届であると考えるのがまともです。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

無届店で働いてはいけない

公安委員会に営業届け出を出していない無届の風俗店は、違法店です。

そのようなお店で働くことは絶対に避けるべきです。

その理由は、以下の通りです。

法的なリスクがある

無届の風俗店は営業すること自体が違法ですし、働いている女性も違法とみなされます。

もちろん、だからと言ってそこで働く風俗嬢が逮捕されるようなことはないのですが、経営者が逮捕された際には事情聴取をされる可能性があります。

長く働けない

さらに、一般的に違法店は開業から3年以内に潰れるとするデータもあります。

このことから、違法店で働いても、近い将来にはお店がつぶれて移籍を余儀なくされてしまいます。

そのようなことになるくらいならば、最初から届け出済み風俗店で働いた方が賢明です。

稼げない可能性がある

違法店は、風俗情報サイトなどに登録できないのが普通ですし、派手な宣伝もできません。

下手に有名になってしまうと、違法店であることが広まってしまい、すぐに摘発されてしまうからです。

届け出済み風俗店ならば、いくら宣伝しても何の問題もありませんし、宣伝によって集客することもできます。

しかし違法店ではそれができないため、お客さんになかなか接客できず、それほど稼げないこともあります。

客層がよくない

違法店を利用するお客さんの多くは、違法店だとわかった上で利用しています。

なぜわざわざ違法店を利用するのかと言えば、

  • 合法店を出禁になってしまい、違法店しか利用できなくなってしまったから
  • 違法店ゆえに行われているハードなサービスを求めているから

などが大きな理由です。

全てがそのようなお客さんではありませんが、そのようなお客さんが多いのは間違いありません。

お客さんとのトラブルに巻き込まれる

違法店は、お客さんとトラブルになったときに警察に頼ることができません。

警察から隠れて営業している存在なのですから、警察に頼れば摘発されてしまいます。

もちろん、行政や弁護士などの助けを借りることも難しいです。

このため、お客さんとトラブルになったときにも、あまり強く出られません。

お客さんとトラブルになり、警察に駆けこまれてしまうと厄介だからです。

このため、例えば風俗嬢が強姦されたなどのトラブルに巻き込まれたとき、風俗店が助けてくれないということが良くあります。

悪徳店の可能性も

客層が悪いためトラブルになりがちであり、しかも警察に頼れないとなれば、そのお店は自分で解決するほかありません。

このため、違法店はアウトローが絡んでいる悪徳店の可能性もあるのです。

そもそも、風営法を守っている風俗店がほとんどである中で、敢えて違法店として営業している背景には、ただならぬ事情があると考えなければなりません。

ヤバいお店である可能性も十分にあるのです。

ここでいう「ヤバい」というのは、店長やオーナーが暴力団関係者であるということです。

そのようなお店で働くのは怖いですよね。

中には、別の意味でヤバい場合もあります。

暴力団関係というわけではないものの、非常にずさんな営業をしており、だからこそ営業届け出もしていないというパターンです。

どちらにせよ、このようなお店で働くのは好ましいことではありません。

求人情報とは全く違う給料で働かされてしまったり、講習と言って店長やスタッフとエッチしなければならないこともあるかもしれません。

違法店で働くと、上記のような色々なリスクを負うことになります。

違法店で働くメリットは全くなく、合法店の方が圧倒的に多いのですから、敢えて違法店を選ぶ必要はどこにもないはずです。

違法店で働いてしまわないように気を付けることは、お店選びにおいてとても大切なことなのです。

 

スポンサーリンク

準備中

 

求人情報の探し方

では、求人情報を探すためには、どのような工夫をすべきなのでしょうか。

これは大して難しいことではありません。

「風俗 求人」などのキーワードで検索すると、かなり規模の大きい、最大手の風俗求人サイトが見つかるはずです。

そのようなサイトでは、求人サイト自体の信用を保つためにも、掲載するお店の選定は厳しく行なっています。

違法店の掲載をすることは基本的になく、むしろ優良店を積極的に掲載しています。

筆者も掲載店舗を全て調べたわけではないので、100%とは言いかねますが、仕組みから考えてもほぼ100%と言っていいでしょう。

したがって、そのような求人サイトを使って探せば、違法店に引っかかってしまうリスクはかなり低くなることでしょう。

もし、そのような求人サイトを利用しても不安ならば、興味のある風俗店のそれぞれの公式サイトを訪問し、ページの一番下に「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく営業届出済店です」などと書かれていることを確認しましょう。

ほとんどのお店は記載していると思いますが、それを見れば安心して応募できると思います。

注意したいのが、そのような求人サイトで探すのではなく、路上スカウトなどに応じて風俗店を決めてしまうことです。

そもそも、路上スカウトという行為自体が違法行為ですから、違法行為を犯しているスカウトマンがあっせんしてくれるお店に期待はできず、違法店に連れていかれる可能性も高いです。

そのようなスカウトは無視し、大手求人サイトから探すようにしましょう。

 

スポンサーリンク

準備中

 

まとめ

違法店で働くことは、女性にとっては何一つメリットがなく、むしろデメリットばかりといえます。

人手を必要としている優良店は非常に多いため、そのような違法店でわざわざ働く必要は全くありません。

大手求人サイトから優良店を探し、応募し、働くだけです。

したがって、本稿を呼んだ人は、違法店に応募してしまうことはないと思います。

応募ルートは大手求人サイトのみであり、スカウトを含めてその他のルートでお店を探さないと考えておくと、間違いないでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました