1. TOP
  2. お店
  3. 保証を受けられないのは詐欺?受けられないならどうする?

保証を受けられないのは詐欺?受けられないならどうする?

お店 この記事は約 9 分で読めます。

風俗業界には、一定の条件をクリアした女性に一定の給料を保証するお店がたくさんあります。

しかし、最初から保証する気がなく、女性を呼びこむために「保証あり」での求人を出していることもあり、その場合には当然ながら保証を受けられません。

保証を受けて働きたい女性は、まずはそのような詐欺に引っかからないことが大切です。

また、保証ありきでお店を探すことも間違っています。

「保証があるから稼げるお店」ではなく、「保証にかかわらず稼げるお店」を選ぶことが大切です。

本稿では、保証詐欺の見抜き方、保証を受けずに働く考え方などを解説していきます。

 

保証するの?しないの?詐欺なの?

保証受けられない

風俗店の中には、求人では保証ありと書かれていたのに、フタを開けたら保証はなかった・・・ということがあります。

このような場合、

  • 風俗嬢が勘違いしている場合
  • お店が詐欺を働いている場合

の二通りがあります。

求人に保証ありと書いてあったものの、期待していた保証が受けられなかったとしても、そのようなお店がすべて詐欺であるとは限りません。

面接を受けた結果、保証は出せないというパターンもあれば、本当に悪質なお店もあるのです。

 

風俗嬢が勘違いしている場合

保証制度を適用したとき、保証を出すことによってお店の負担になるという「リスク」と、保証を出すことによって売上につながる「リターン」が発生します。

保証を出しているお店は、リスクよりもリターンが大きくなるようにすることで、保証制度が売上につながることを期待しています。

このため、保証制度を適用するとしても、以下のような条件が設定されていることがほとんどです。

 

  1. 週5日以上、なおかつ1日8時間の出勤をすること
  2. 一定期間の売上が、その期間の保証総額の50%を下回らないこと
  3. 保証期間を新人期間や出稼ぎ期間に限定すること

 

このように、お店が設定している条件をクリアできない風俗嬢は、保証を受けることはできません。

求人には「保証あり」と書かれているだけで、詳しい保証条件は説明を求めなければわからないことも多いです。

そのため、条件に合わずに保証を受けられなかった女性が、「このお店は詐欺だ」と思うこともありますが、どのお店でも保証のための条件を設定しているため、この場合には詐欺とは言えません。

 

お店が詐欺を働いている場合

ただし、保証を出すと宣伝しているものの、最初から保証を出す気がないお店もあります。

そのようなお店では、面接の際に女性から希望を聞いていき、女性が保証について説明を求めると、「今聞いた条件では保証は出せない」などと言ってうやむやにしてしまいます。

また、絶対にクリアできない条件を設定し、保証を出さないようにしているお店もあります。

保証を出すとしているお店の中には、このような詐欺を働くお店もあるので注意が必要です。

特に、優良風俗求人サイト以外を利用した場合、悪質な風俗店に騙されてしまう可能性が高くなります。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5ちゃんねる削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

詐欺を見抜く方法

保証受けられない

保証ありとする情報が本当か、嘘かを見極めるためには、常識的に考えてその保証があり得るかどうかを考えてみましょう。

具体的には、以下のように考えます。

 

嘘を見抜く考え方

例えば、求人に「日給保証6万円」と書かれていたとします。

このお店のホームページを見てみて、最も接客の機会が多い基本コースの料金設定を見てみましょう。

ここでは、お店の料金設定が1万5000円だったとします。

お店によってバック率は異なりますが、平均的なバック率は50%です。

この場合、基本コース1本の給料は、1万5000円の50%で7500円となります。お店の取り分も7500円です。

この時、お店が6万円の日給を保証して赤字にならないためには、基本コースを8本こなす必要があります。

その場合、お店の売上は12万円、風俗嬢の給料は6万円、お店の利益は6万円となります。

もし、接客がそれを下回ってしまうと、お店は赤字になります。

例えば基本コース7本の接客ならば、売上は10万5000円、風俗嬢の給料は5万2500円となり、保証日給の6万円を出す必要があります。

お店の利益は4万5000円、風俗嬢への保証日給が6万円となり、お店は1万5000円の赤字になることが分かります。

保証割れしないためには、できるだけ基本コース8本の接客をしてもらうことになりますが、これには無理があります。

基本コースは60分ですから、8本の接客のためには単純に考えて8時間ぶっ通しでの接客をする必要があります。

出勤のたびに、このように時間いっぱいの指名をもらえるとは考えられません。

仮につきっぱなしになったとしても、接客と接客の間には準備のために時間が必要です。

デリヘルなどの派遣型ならば移動時間があるため、実際に接客できる本数は6本、5本と減るのが普通です。

となると、お店は高確率で保証割れを起こし、売上にはマイナスの影響しかありません。

このマイナスを防ぐためには、出勤時間を最低でも12時間にするなど、無茶な条件を提示するほかなくなります。

したがって、このお店は最初から保証を出す気がない可能性が高いと考えられます。

 

もちろん、日給保証6万円のお店も存在します。

そのようなお店では、基本コースの料金設定が高い中級店~高級店の可能性が高いです。

お店のランク、客単価、女性の売上などによって、保証できる額は変わってきます。

したがって、お店の提示している保証額、そのお店の基本的な料金設定から計算して、不自然ではないかを考えていくことがポイントです。

 

直接聞いてみるのもよし

上記のようなチェックが面倒だと感じる人は、お店に直接聞いてみましょう。

メール、電話、LINEなど、どのような方法でもいいので、保証の条件を聞いてみるのです。

このとき、ハードルの高すぎる条件を設定していたり、「面接してみなければわからない」などと回答するならば、怪しいです。

特に、「面接してみなければわからない」という場合には、詐欺の可能性が高いです。

そもそも「条件」とは、

「約束や決定をする際に、その内容に関しての前提や制約となる事柄」

です。

つまり、

「保証を受けるために、前提となる事柄」

が保証条件であり、あくまでも「前提」として決めておくものです。

したがって、面接しなければわからない、つまり面接の内容によって後付けで保証が決まるならば、それはおかしいのです。

面接の内容にかかわらず、「保証の条件はこうです」と決まっているのが普通ですから、「面接してみなければわからない」などと回答するお店は避けたほうが賢明です。

 

 

保証条件はクリアしても保証を受けられない場合

保証受けられない

ただし、保証条件を事前に決めていて、それをクリアした場合にも、保証を受けられないことがあります。

いくら保証条件をクリアしていても、面接したスタッフの経験から、「この子は売れないな」と感じたならば、保証を出すだけマイナスになるからです。

風俗店の面接では、容姿や雰囲気、話し方などから、面接官は入店後の様子を想像します。面接の内容によっては、保証の条件をクリアしていても、「あまりお客さんがつきそうにない。保証割れするだけだろう」と思うこともあります。

そのような女性でも、大きな問題がなければとりあえず採用するお店も多いです。

とりあえず採用しておけば、お店の商品ラインナップは増えるわけですから、その点でのメリットは期待できます。

また、面接では微妙な印象だったものの、実際に働いてみると意外に人気が出て、売上に貢献してくれることもあるため、とりあえず採用してみるのです。

しかし、お店は大きな期待をしているわけではなく、一種の賭けに出るわけですから、保証を出すことは難しいです。

その場合には、保証条件をクリアしているかどうかに関係なく、保証を受けられなくなります。

このほか、自分が応募した時期に、同じくらいの期待値の風俗嬢がたくさん応募している場合にも、保証を受けることが難しくなります。

本来ならば保証を出せる女性でも、全ての女性に保証を出すのはリスクが高いため、とりあえず保証なしという判断をすることもあるのです。

 

期待する保証が受けられなかったら?

保証受けられない

上記のように、求人には保証ありと書かれていても、実際には保証を受けられないことがあります。

その場合、明らかに詐欺だとわかるお店であれば、風俗嬢を大切にしてくれるとは思えませんし、色々な意味で稼げないお店の可能性が高いため、働かない方が良いでしょう。

しかし、お店がそれなりの条件を求めていて、それがクリアできなかった場合、またはクリアしていても面接の印象から保証を受けられなかった場合には、保証なしでも試しに働いてみることをお勧めします。

確かに、保証を受ければ稼ぎは安定します。

しかし、お店は保証することで総合的にメリットが大きくなるように設定して保証を出しているのです。

保証を受けていても、保証割れを繰り返せば保証は打ち切られますし、保証割れを繰り返さなければ、結局は保証額以上に稼げているのですから、保証の有無は関係なくなります。

このように考えて、とりあえず働いてみると良いでしょう。

試しに働いてみて、「やっぱり稼げないし保証ももらえないし、辞めたい」と思ったならば、それから辞めても遅くはないでしょう。

もちろん、働きながらお店を探してもいいでしょう。

実際に保証なしで働いてみて、「やっぱり保証を出してくれるお店がいい」と思ったならば、自分でも可能な条件で保証を出してくれるお店を探してみましょう。

 

 

まとめ

保証受けられない

保証制度は、仕組み的には安定して稼ぎやすくなる制度です。

しかし、保証の有無にかかわらず、保証の有無と稼げるかどうかはイコールではありません。

風俗嬢として稼ぐために重要なことは、保証を受けて働くかどうかではありません。

それ以上に、自分に合ったお店で働くこと、あなたに働いて欲しいと思っているお店で働くこと、集客力のあるお店で働くこと、風俗嬢を大切にしてくれるお店で働くことなどが重要です。

しっかりと稼いでいくためには、このような条件を優先してお店を探し、その上で「保証も受けられればラッキー」くらいに考えておくことが大切です。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

風俗の教科書の注目記事を受け取ろう

保証受けられない

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

風俗の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 風俗で色恋営業を成功させるための7個のテクニック

  • 稼げるタイミングを知っている風俗嬢が200万円以上も多く稼げるワケ

  • 池袋で稼ごう!西口と東口の違いを押さえたお店選びを

  • 風俗の面接はどうやって応募する?最近はLINEが便利です

関連する記事はこちらです

  • 容姿に自信があるんだったら、会員制風俗ってのもアリ

  • セクキャバで人気があるのはどんな女性?

  • 日本一効率よく稼げると言われる、飛田新地のすべて

  • 風俗の面接ではどんなことを聞かれる?~基本情報編~

  • 風俗店を辞めたい人必見!円満退職のコツ教えます

  • セクキャバは性病リスクゼロって本当?