風俗嬢の必須アイテム!イソジンの効果的な使い方は?

風俗嬢の必須アイテムのひとつに、うがい薬のイソジンがあります。

うがい薬として、口臭予防に役立つほか、消毒薬としても活躍するツールです。

風俗嬢になってから、当たり前のようにイソジンを使うようになった女性が多いと思うのですが、より有効活用していくための方法を考えてみたことはあるでしょうか。

イソジンは、使い方によってはお客さんの満足度を高めることにも役立ちます。

本稿では、イソジンの効果的な使い方をお教えします。

 

※明治製菓が販売していた「イソジン」の名前は、2016年4月で終了し、現在は「明治うがい薬」という名称で売られていますが、イソジンが一般的なので本稿では「イソジン」と表記します。

イソジンの概要

ただいまのあとは ガラガラジンジン ガラガライソジンジン♪

イソジンのCMといえばこの歌詞ですが、多くの人がすぐにメロディを思い出せるのではないでしょうか。

それほど、日本人にとっては身近なうがい薬であり、1961年から2016年まで、55年間も「イソジン」として売られ続けてきた商品です。

筆者も、物心ついた時から今まで使ってきましたし、うがい薬といえばイソジン以外に知りません。

小学校や中学校では、風邪の季節には手洗い・うがいが励行されます。

手洗いには様々な石鹸が使われるのですが、うがいといえば必ずイソジンです。

もはや国民の必需品と言っても良いほどです。

イソジンがなぜ風邪の予防に効果的なのかと言えば、それはポピドンヨードという成分が配合されており、殺菌・消毒効果に優れているからです。

これでガラガラすることで、風邪の原因菌を殺菌できるというわけです。

殺菌効果があることから、イソジンはうがい以外にも使えます。

傷口を消毒したり、手洗いに使うこともできるのです。

石鹸のような良い香りはないため、手洗いに使う人は少ないでしょうが、手洗いの効果は高く、イソジンで手を洗う医者は多いと聞きます。

また、このような消毒を目的とした用途に、イソジンは世界中で利用されています。

このように、イソジンには殺菌効果があり、歯や歯茎の洗浄に効果があります。

口臭の原因は口の中の雑菌ですから、イソジンでそれらをすすぐことによって、口臭予防効果があります。

風俗嬢の必須アイテムとされる理由も分かるでしょう。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

それ以上でもそれ以下でもない

イソジンは優れた医薬品です。

しかし、過信しすぎるのはいけません。

イソジンはあくまでも予防薬であり、それ以上の効果はないのです。

医薬品としての分類も、健康上のリスクが最もリスクが低い第3種医薬品であり、これは目薬と同じ分類です。

本来、医薬品には健康上のリスクがつきものです。

人体に取り入れるのは本来不自然なものを、治療のために体内に取り入れるからです。

治療の必要に応じて、効果が強い医薬品を取り入れることがありますが、そのような医薬品はかなりリスクも大きいです。

抗がん剤治療をすると、ひどい吐き毛や抜け毛に悩まされるのが良い例です。

しかし、イソジンはそのような恐れが少ない第3種医薬品であり、そのかわりに予防以上の効果はありません。

風俗嬢のなかには、イソジンの効果を過信するあまり性病の対策に利用しようとする風俗嬢もいます。

性病に感染したということは、性器に病原菌がいるということなのですが、そこにイソジンをかければ大丈夫だと思っているのです。

例えば、お客さんに性病の疑いがある場合、男性器をイソジンで洗ってゴムなしでフェラをするとか、ゴムなしでフェラをした後にうがいをするとか、膣内にゴムなしでいれた後に膣内をイソジンで洗うのです。

しかし、それでは性病の感染を防ぐことは不可能です。

イソジンには確かに殺菌効果がありますが、これは全ての病原菌を完全に殺菌できるわけではありません。

あくまでも、日常的に接触する可能性が高い病原菌の多くを殺菌できるというだけのことで、感染力が極めて強い性病の病原菌を殺菌するほどの効果はないのです。

悪質なお店の方針やスタッフの知識不足によって、性病のお客さんへの対策として、イソジンで対処するように指導する場合もあると聞きますが、そのようなことを信じてはいけません。

 

スポンサーリンク

準備中

 

イソジンプレイで有効活用

風俗でのイソジン活用で最も多いのが、うがいによる口内の除菌と口臭対策です。

これは、風俗嬢が口臭改善のために使うだけではなく、お客さんにも使ってもらいます。

風俗嬢はお客さんとキスをしますが、キスをしたくないお客さんも多いため、せめてイソジンで消毒するのです。

しかし、ただイソジンでうがいすることを求めたのでは、お客さんによっては口が臭いと言われているようにも感じ、嫌な気分になることもあります。

そこで、イソジンで気持ちよくうがいしてもらい、ラブラブな雰囲気も作るために、イソジンプレイが効果的です。

イソジンプレイは、以下のような流れで行います。

  1. 風俗嬢からイソジンでうがいをする(吐き出すときはお客さんに背を向けて)。
  2. 風俗嬢はイソジンを再び口に含み、お客さんに口移しする(このとき、お客さんがびっくりして飲み込んでしまわないように、「ガラガラしてね♪」などの前置きをします)。
  3. 口移しをもう一度。
  4. コップにお湯を注いでうがいしてもらう。

この前に歯磨きをすると思いますが、お客さんが歯磨きをしている間にイソジンを作っておくとスムーズになります。

口移しとキスは、同じようでも異なるプレイです。

口移しに愛情を感じる男性は多いものですから、イソジンプレイによって興奮度や満足度が高まるお客さんはかなり多いです。

イソジンで性病チェック

このほか、イソジンで性病チェックをすることも可能です。

プレイ前には、お客さんに性病の兆候がないかを目視で確認しますが、症状が軽い場合や、お客さん感染して間もない場合には、目視だけでは確認できない場合もあります。

この場合には、「きれいにしてあげるね♪」などと言いながらイソジンで男性器を洗ってみましょう。

この時、性病のタイプによってはイソジンがしみて痛いので、お客さんが反応するはずです。

 

スポンサーリンク

準備中

 

まとめ

国民的医薬品として不動の地位を確立しているイソジンは、風俗の仕事でも大活躍してくれます。

風俗嬢の性病リスクを下げてくれる効果もありますから、イソジンプレイなども取り入れながら有効活用することをお勧めします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました