家族の闘病のために、風俗で働いて治療費を稼いでいる女性の話

風俗嬢になる女性が多くなった昨今、風俗嬢になる理由もまた多様化しています。

本当にお金が必要になった女性が、風俗で稼ぐことで救われるケースも少なくありません。

例えば、家族の治療費を稼ぐために風俗嬢になる女性がそうですし、シングルマザーが子供の養育費を稼ぐために風俗嬢になるケースも同じです。

本稿では、そのようなケースを紹介していきます。

治療費を風俗で稼ぐ女性もいる

家族の闘病で風俗

インターネット社会の現代において、多くの女性に対して風俗業界への門戸が広く開かれるようになっています。

かつては、風俗嬢になろうとおもえば専門の雑誌やスカウトマンからのスカウト、すでに風俗業界に縁がある知人の紹介などで風俗嬢になるしかルートはなかったのですが、今の時代、スマホからでもパソコンからでも、すぐに風俗店の求人情報にアクセスすることができるようになっています。

この数年で風俗嬢の数が急増している理由の一つは、この「アクセスのしやすさ」にあると言っていいでしょう。

風俗嬢という仕事が身近なものになると、お金が必要になったとき、「そうだ、風俗嬢になろう」と考える女性も増えます。

自分が借金したから、自分がホストにハマってお金が必要になったからといった、自分が原因で「風俗嬢になろう」と思う女性が多い一方で、家族のために風俗嬢になろうと決心する女性も少なくありません。

家族の闘病で風俗

例えば、普通の仕事の収入だけでは子供を育てられないシングルマザーが風俗嬢になるケースはとても多いのです。

ほかにも、風俗嬢として働いている女性の中には、家族の闘病のために風俗で稼いでいる女性もいます。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

スポンサーリンク

準備中

 

その女性はどのような心境で働いているのか、彼女の話を見てみることにしましょう。

風俗嬢になる前は、普通にOLをやっていました。

23歳の時に同僚と結婚して退社したんですけど、2年後には離婚することになって、また普通にOLをやっていたんです。

子供もいなかったし、普通に生活していくぶんには何ら問題なかったので、風俗嬢になるなんて全然考えてませんでした。

でも、今から2年前なんですけど、お父さんがガンになったんです。

家族の闘病で風俗

お酒が好きな人だったので、いつか危ないかなって思ってたんですけど、思ってたよりずっと早かったですね。

急に全身に黄疸がでて、あわてて病院に言ったらもうステージ4ですよ。

入院しなきゃいけないから仕事も辞めることになって、でもガン保険にも入ってなかったし、蓄えもなかったんです。

家のローンも残ってるし。

家族の闘病で風俗

お母さんが専業主婦だったんですけど、パート始めました。

それで何とか生活してたんですけど、1年もすると血を吐いて倒れちゃったんです。

胃ガンでした。

お母さんも胃ガンだったのに、お父さんの入院費とか生活費とか稼ぐために頑張りすぎたんだと思います。

家族の闘病で風俗

両方とも働けなくなったら、私は一人娘ですから、私しか頼れなくなります。

自分の生活費と二人分の治療費を稼ぐのって、OLじゃ絶対無理なので、なんとか稼ごうと思って風俗嬢になりました。

お店はすぐ見つかりましたよ。

高校時代の友達が風俗嬢やってたし、相談したら『そういう事情なら、たくさん稼げるとこ行った方がいいよ』って言われて、高級ソープの面接に行きました。

家族の闘病で風俗

普通、ヘルスからソープに代わる子は多いですけど、いきなりソープってあんまりないじゃないですか。

でも、心配とか全然なかったですよ。

そんな余裕なかったし。

お父さんの方の治療は最先端医療だから健康保険がきかないんです。

家族の闘病で風俗

だから、毎月かなりお金がかかります。

でも頑張ったかいがありましたよ。

最近、お父さんのガンが小さくなってきてるんです。

このままよくなってくれたらいいです。

お母さんの方も、胃を全部摘出して、他のところに転移もしてないから、まだ様子見ですけど、よくなりそうなんです。

神様っているんだと思いましたね。

家族の闘病で風俗

できる限りの事やってみたら、もう駄目だと思ってたのに両方よくなりそうで。

うれしいです。

あと、最近お客さんで仲いい人がいるんです。

色々支えてくれてるし、親の事とかも相談に乗ってくれて。

親の事が落ち着くまでは、彼に負担になっちゃいけないから結婚とかもできないけど、親がよくなったらソープ辞めて一緒になろうって話してます。

家族の闘病で風俗

後悔とか全然してないですよ。

ソープやったから人生狂ったなんて全然思ってないし。

むしろソープで働けたからお父さんもお母さんもよくなりそうなわけで。

いい人にも出会えたし。

まぁ結婚のことはどうなるかまだ分からないけど、親孝行できただけでも十分です。

家族の闘病で風俗

風俗があってよかったです。

感謝してるくらいです。

風俗を叩く女の人がいるじゃないですか。

弁護士だか人権活動家だか知らないけど、正直言って迷惑です。

両親の闘病の為に風俗嬢になった女性の話は、私の知っている範囲では彼女くらいのものです。

しかし、そのような女性がいるのは事実で、彼女だけではないと思います。

また、親が事業に失敗して借金を抱えてしまい、どうしようもなくなって親のために風俗に飛び込む女性もいます。

子供の養育費のために風俗嬢になるシングルマザーも非常に多いものです。

家族の闘病で風俗

私は、このようなところに、女性の愛情の深さを感じます。

本稿をお読みの女性の中には、子供や親や旦那のために風俗嬢になろうとしている女性も多いと思います。

それが「ホストの彼氏の為に」といった理由ならば破滅的な、盲目的な愛情ですから、考え直すべきでしょう。

しかし、病気の親や旦那を支えるため、子供に不自由させないためといった理由であれば、風俗という仕事があなたの支えになってくれるに違いありません。

 

スポンサーリンク

準備中

 

 

タイトルとURLをコピーしました