1. TOP
  2. 理由
  3. 風俗嬢はライフプランを立てて働きましょう

風俗嬢はライフプランを立てて働きましょう

理由 風俗嬢 この記事は約 20 分で読めます。

近年、自ら進んで風俗嬢になる女性が増えています。

政治、経済、道徳などにおけるさまざまな変化が、風俗嬢として働きやすい環境を作っています。

しかしながら、風俗嬢が稼ぎやすい時代ではなくなっているのも事実です。

また、年齢的な問題から、風俗嬢がいつまでも続けられない仕事であるのも当然のことです。

そこで、本稿では女性が風俗嬢になる理由を複数に分類し、そのパターンごとにどのような働き方をすべきか、ライフプライも示しながら解説していきます。

風俗嬢に向けられるマイナスイメージ

ライフプランたてよう

本稿は、風俗嬢に興味があるものの、いまだ働いていない女性もたくさん読んでいると思います。

そんな皆さんは、風俗嬢という職業について、どのようなイメージを持っているでしょうか。

多くのイメージとして挙げられるのは、

  • 普通の仕事ができない女性が、最終手段として風俗嬢になっている
  • 精神的に病んでいる女性が多い
  • 赤の他人に裸を見せ、エッチなサービスを行う恥ずかしい仕事
  • お金のためなら何でもするという拝金主義の女性

などのイメージです。

ライフプランたてよう

これは、皆さんだけではなく多くの人が抱いているイメージだと思います。

総じてマイナスなイメージであることがわかります。

たしかに、これらのイメージをすべて否定することはできないでしょう。

普通の仕事ができない、あるいは借金や様々な生活上の事情によって、普通の仕事の収入ではとても追いつかない女性が、風俗嬢を選ぶケースは少なくありません。

精神的に病んでいる女性が、自暴自棄になって風俗嬢になるケースもありますし、精神的な事情から普通の仕事ができずに風俗嬢になるケースもあります。

ライフプランたてよう

赤の他人に裸を見せなければならないのは、多くの風俗店で実際にそうですし、それを恥ずかしいと思う人がいるのも当然です。

だからこそ、「お金のためなら何でもする拝金主義の女性」というイメージも伴いますし、お金第一主義の風俗嬢もいるでしょう。

このようなマイナスイメージを持たれる仕事なのですから、現在風俗嬢として働いていながら、できればやりたくないと思っている女性もいることでしょう。

ならば、どうして風俗嬢という仕事をあえて選ぶのでしょうか。

本稿では、風俗嬢が風俗を選ぶ理由を見ていこうと思います。

風俗嬢を選ぶ理由

では、風俗嬢を選ぶ理由を見ていきましょう。

目標があるから

ライフプランたてよう

案外多い理由として、「将来やりたいことがあるから」というものがあります。

例えば、

「アメリカに留学したいから、その資金を貯めるために風俗嬢になる」

「将来、ネイルサロンを開きたいから、風俗嬢で資金を貯めている」

といった目標をもっているというケースです。

ライフプランたてよう

目標のためにある程度まとまった資金を必要としている女性が、その資金を貯めるために普通のアルバイトなどをしていたのでは、とても追いつかないでしょう。

例えば、東京で生活している女性の一般的な生活の状況を見てみると、家賃に6万円、光熱費に1万円、携帯代に1万円、食費に3万円、交際費などに2万円、その他雑費で2万円という、それなりに切り詰めた生活をしても、これらの生活費だけで15万円もかかってしまいます。

普通のアルバイトでそこそこ頑張っても、15万円くらいしか稼ぐことはできませんから、お金を貯めるためには、その上さらにアルバイトを掛け持ちするなどしなければなりません。

ライフプランたてよう

しかし、掛け持ちとして追加したアルバイトで月に5万円稼いだとしても、まとまった資金需要がある場合には、それを貯めるために何年かかるでしょうか。

100万円貯めようと思っても、2年弱もかかってしまいますし、それ以上を貯めようと思えばかなり長期の時間がかかります。

その時間を費やしているうちに、開業や留学にもっともよい時期を逃してしまうことにもなりかねませんし、掛け持ちのアルバイトをこなして肉体的にも精神的にも負担となる生活を何年間も続けていたら、結局はモチベーションを保つことができず、日々の生活に追われて目標を見失うことにもなりかねません。

ライフプランたてよう

そんな女性は、できるだけ効率よくお金を稼ぐ必要がありますが、女性が効率よく収入を得るためには、どうしても女性を売りにした職業、つまりキャバ嬢や風俗嬢などで働くほかありません。

キャバ嬢は接客スキルの高さが求められるため、それができない女性は風俗嬢を選ぶことになります。

風俗嬢として仮に月30万円を稼ぐことができれば、アルバイトの掛け持ちよりも短時間の勤務で、お金がたまるスピードは3倍になるわけです。

もちろん、普通のアルバイトで15万円を稼ぎ、掛け持ちとして風俗嬢をやって15万円を稼ぐという方法もあります。

なんにせよ、風俗嬢という選択をすることによって、自分の抱く目標はぐっと現実味を帯びてくるのです。

ライフプランたてよう

目標を持っている風俗嬢には、いくつかの特徴があります。

それは、向上心が高いということです。

風俗嬢という仕事はあくまでも目標達成のための手段であり、目標達成のためにお客さんの満足度を高めてリピートしてもらうといった努力を怠らないのです。

したがって、風俗嬢にありがちないわゆる「塩対応」というのも、彼女たちには無縁です。

ライフプランたてよう

また、彼女たちは目標としている金額を貯めると、何の未練もなく風俗嬢を引退していきます。

開業や留学といった、一定の資金があれば達成できる目標であれば、長期間にわたって風俗嬢をする必要はありません。

ですから、お客さんが会いたいと思ってお店に予約を入れようとすると、知らないうちに退店していたということも多いようです。

ライフプランたてよう

このほか、彼女たちは一定のお金のために風俗嬢になっているのであり、それ以外に理由はありません。

そのため、お金にならないことはやらないというタイプの女性が多い傾向があります。

ですから、お客さんにハマって彼女や愛人になるなどといったことは少ないようです。

ダブルワークとして

ライフプランたてよう

日本では、長らく男女平等が叫ばれていますが、まだまだ実現には至らない状況です。

昔でいう男尊女卑のような、表面的に明らかな差別はほとんどなくなったかもしれません。

しかし、現実を見てみれば、やはり女性は結婚をすれば家庭に入るのが一般的ですし、女性が正社員として働くケースは男性と比較して圧倒的に少ないものです。

ライフプランたてよう

また、正社員になったとしても、女性の給料は男性よりも低いということが珍しくありません。

理由はいろいろありますが、現実的に格差社会ができあがっており、貧困層を見れば満足な収入を得られない女性が多くなっています。

貧困は、一度陥るとそこから抜け出すためには相当の実力と運が必要であり、貧困が貧困を呼ぶ負のスパイラルに陥っている女性も多いものです。

そんな女性が生活を安定させるためには、生活保護などの何らかの支援を受ける、稼ぐ力のある男性と結婚する、女性ならではの高収入の仕事に就くなどの方法しかありません。

ライフプランたてよう

生活保護を受給できず、男性とも縁がない女性は、いくらアルバイトや低収入の正社員になっても貧困からは抜け出せません。

上記の例の通り、切り詰めても15万円程度の生活費がかかる状況の中では、働いても働いても生活が楽にならない「ワーキングプア」に陥る可能性が極めて高いのです。

となると、貧困状態の女性や女学生が生活を楽にするためには、女性ならではの高収入アルバイトをするほかありません。

普通のアルバイトをいくつか掛け持ちするのでは、時間的にも体力的にも限界がありますが、普通の仕事と風俗嬢のダブルワークならば、生活は一気に楽になります。

ライフプランたてよう

昼間は普通のアルバイトを週に5日、8時間こなしたとして、時給が1000円ならば17万6000円になるとしましょう。

そのうえで、風俗嬢として週末に2日だけ出勤し、毎回3人のお客さんを取り、一回あたりの平均的な料金が12000円、バック率が50%とすれば、日給は18000円、月収にして14万4000円になります。月収の合計は32万円になりますから、もはや貧困とは言えない状態になります。

これと同様に、厳密にいえばダブルワークではありませんが、学生が風俗嬢を掛け持ちするケースも少なくありません。

不景気の影響で親が学費を支払うことができない、あるいは仕送りができないとなると、向学心がある学生は自分で学費や生活費を稼ぎながら学生生活を送ります。

ライフプランたてよう

しかし、学業を全うするためには、学費や生活費を一般的なアルバイトで稼ぎながらでは無理があります。

そこで、風俗嬢になることによって短時間で効率的に稼ぎ、学業に支障が出ないようにしているのです。

もちろん、最近は風俗嬢になる女性が非常に多くなっています。

これも、生活が苦しい女性が、生活上の必要に迫られて風俗嬢になっているからです。

ライフプランたてよう

風俗嬢の絶対数が多くなっているのに対して、お客さんの絶対数は増えていませんから、風俗嬢一人当たりの稼ぎは減少しています。

実際には、稼げる風俗嬢と稼げない風俗嬢の差が歴然としてきており、風俗嬢の間でも格差が広がっています。

しかしながら、一般的な仕事の掛け持ちよりも風俗嬢の掛け持ちのほうが生活が楽になる可能性が高いのは間違いありません。

ダブルワークとして風俗嬢になる女性にも、いくつかの特徴があります。

ライフプランたてよう

一つは、まじめで安定感があるということです。

彼女たちにとって、風俗嬢という仕事を失えば貧困に逆戻りしてしまうため、そうならないために必死です。

また、学生と風俗嬢を掛け持ちしている女性は、働けなくなると学業が成り立たなくなるため、これも必死です。

クレームが起きないように接客は丁寧にこなし、性病になって働けなくなることがないように、衛生管理もしっかりとしています。

また、このような女性は、長期間の勤務を行う傾向があります。

ライフプランたてよう

大学生が学費を稼ぎながら働くならば、少なくとも大学在学中は働き続けなければなりません。

借金返済のためにダブルワークをこなすならば、借金の完済までは働き続けなければなりません。

貧困から抜け出すために働いているならば、風俗嬢をやめても貧困に逆戻りしないための基盤を整えてからでなければやめることができません。

そのため、長期間の勤務になる傾向が強いのです。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5ちゃんねる削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

ダブルワーク風俗嬢の最近の傾向

ライフプランたてよう

ちなみに、このようにダブルワークとして風俗嬢をこなす女性には、最近ひとつの傾向がみられます。

それは、アパレル関係に勤務している女性と、奨学金を借りて大学に通った女性です。

アパレルで働く女性

ライフプランたてよう

なぜアパレル関連が増えているのでしょうか。

これは、アパレル関連での就労人数が増えたからです。

もともと、アパレル関連の仕事に勤務する女性の収入は低かったのですが、そこに就職する人が増えて低収入にあえぐ女性が増えたことで、アパレル関連とダブルワークをする風俗嬢が増えたのです。

ライフプランたてよう

アパレルに勤務する女性の平均月収は17.4万円とされていますが、20代前半の女性全体の平均月収が18.8万円であることと比較しても低いですし、20代後半女性全体の平均月収の24.6万円と比較すればもっと低いことがわかります。

この低い月収の中で、彼女たちは仕事の際の服装を給料から差し引く形で、自社ブランドの衣服を買うことを強要されるケースもあります。

ブランドによっては1着で数万円もする服を買わなければならないケースもあるわけですから、アパレルで勤務する女性の生活はかなり厳しいものになるのです。

ライフプランたてよう

「ならばアパレル以外で働けばいい」という人もいるかもしれませんが、アパレル関係は比較的誰でも就職しやすい職場であることから、アパレルで働くほかないという女性が多いのも事実です。

このような状況に置かれているアパレル勤務の女性が、ダブルワークとして風俗嬢になるということは、なんら不思議なことではありません。

奨学金を借りて大学に通った女性

ライフプランたてよう

奨学金というのは、国の機関から借金をして学校に通うものです。

4年間にわたって借りるものですから、新社会人たちは卒業と同時に数百万円の借金を背負うことになります。

かくいう私も奨学金を月に8万円、4年間にわたって借り続けており、毎月1万5000円を数十年間にわたって返済し続けなければなりません。

もし返済を怠ってしまうと遅延金が発生しますし、ブラックリストに載ってクレジットカードが利用停止になる、財産の差し押さえが行われるとされているため、取り立ては非常に厳しいものです。

ライフプランたてよう

とはいえ、これは奨学金を貸し出している日本学生支援機構が血も涙もないというわけではありません。

これほど取り立てが厳しくなかった時代に、奨学金の踏み倒しが多発して奨学金制度そのものが破たんする危険性があったので、このような対処をせざるを得なくなっているのです。

もっとも、奨学金には猶予や減額返済が認められているため、それらのシステムをうまく活用することによって、10年は返済を猶予することができますし、それ以降も減額返済が可能です。

ライフプランたてよう

しかしながら、10年間の猶予をしたとしても、10年後には難なく奨学金を返済できる保証はどこにもありません。

むしろ、女性としての一つの価値である「若さ」を10年分失ったときに生活が安定していないならば、その状態で奨学金の返済が始まるのは恐ろしいことです。

そのため、若いうちに風俗嬢として働き、奨学金を返済してしまおうとする女性が増えているのです。

 

 

性行為が好きな女性

ライフプランたてよう

案外多いのは、セックスが好きという女性です。

セックスが好きな女性にとって、風俗嬢という仕事は趣味と実益を兼ねた仕事であるといえます。

ダブルワークとして風俗嬢をするのではなく、風俗嬢一本で生活を確立している専業風俗嬢には、この傾向が強いようです。

一昔前ならば、いくらセックスが好きでもそれを全面に押し出すことは不道徳であるとされており、女性はそれを胸の内に秘めていなければなりませんでした。

ライフプランたてよう

しかし、最近では風俗嬢になる女性が増えており、風俗嬢という仕事がかなり身近になったため、彼女たちが風俗嬢を選ぶのも容易になったのです。

セックスが好きな女性が思う存分性的欲求を満たそうと思うならば、風俗嬢以外にもセフレを作る、個人売春をするということも可能でしょう。

しかし、セフレを作ったところで収入にはつながりませんから、ならば風俗嬢になろうと思う人が多いのです。

また、個人売春は風俗店の管理のもとでお客さんを取るわけではありませんから、性病のリスクが高かったり、悪い人と関係をもってトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

ライフプランたてよう

実際に、ネットの出会い系サイトや出会い系アプリなどでセックスの相手を募集していたところ、非合法の援デリ業者(暴力団などのビジネスの一つであり、女性に個人売春を行わせて収益の一部を徴収している組織)から目をつけられてしまうこともあります。

しかし、風俗嬢になればしっかりと収入を得ることができますし、非合法の危険な組織などと関係を持ってしまうこともありません。

ライフプランたてよう

ちなみに、セックスが好きな女性にとって、オーラルセックスなどは朝飯前です。

そのため、肉体的にも精神的にもそれほど負担であると感じることはありません。

だからこそ、サービス精神が旺盛であり、人気が高まり、収入も多くなるという傾向があるようです。

その他

ライフプランたてよう

風俗嬢になる理由の多くは、上記の3パターンになりますが、これがすべてではなく、別の理由から風俗嬢になる女性もいます。例えば、

  • 特に生活が厳しいわけでもないけど、空いた時間にすることもないし、風俗嬢でお小遣い稼ぎをしている
  • 若いうちしか風俗嬢はできないし、若いうちに稼げるだけ稼いでおきたい
  • 特にセックスが好きというわけではないものの、男性と縁のない生活を送ってきたため、性的なことに興味があった
  • 怖いもの見たさで風俗嬢になってしまった

などであり、必ずしもこの3パターンに当てはまらないケースもあるのです。

それぞれのニーズに合わせた働き方のススメ

ライフプランたてよう

では、本稿をお読みの皆さんが、上記の3パターンのいずれかによって風俗嬢になりたがっていると仮定して、パターン別のおすすめの働き方、ライフプランの立て方を見てみましょう。

目標がある女性

ライフプランたてよう

目標がある女性は、まずその目標のために必要となる具体的な金額を計算してみてください。

例えば、ネイルサロンを開きたいという目標がある場合には、開業資金の目安を計算してみるのです。ネイルサロン開業のための一般的な目安を例にすると、以下のようになります。

まず、家賃10万円の店舗を借りるための敷金や礼金、開店当初数か月の家賃として100万円くらいは準備しておきたいものです。

ライフプランたてよう

また、賃貸した店舗をネイルサロンへと改装するために50万円くらいはかかります。

そのほか、サービスを提供するための家具などの設備に20万円、ネイル用品に30万円、宣伝広告費に20万円としたならば、全部で220万円がかかることがわかります。

このうち、削減可能なものを削減したとして、200万円あれば開業が可能となります(もちろん、立地条件や地域によって大きく変動することもあります)。

しかしながら、予測していなかった出費が生じることもあるでしょうから、開業資金としては最低でも300万円、余裕をもって開業したいならば500万円くらいが開業資金となるでしょう。

ライフプランたてよう

ちなみに、この資金を金融機関からの融資で集めたいと思っても、非常に難しいでしょう。

そもそも、風俗嬢として働いて貯めることを検討しているくらいですから、貯金はそれほどないはずです。

担保となる不動産なども持っていないでしょう。

それに、オーナーが女性であることも融資の審査ではマイナスポイントとなります。

ですから、融資は受けられない可能性が非常に高いのです。

ライフプランたてよう

そこで、風俗嬢として貯めることを検討することになります。

300万円を貯めると仮定した場合、風俗で毎月30万円を稼いで生活費に15万円使い、15万円を貯蓄するならば、20か月(1年半)で貯めることができます。

もし、予想以上に人気が出て月に40万円を稼げるようになったならば、12か月で貯めることが可能です。

1年や1年半と目標を定めて働くことができるため、風俗嬢は非常に効率が良い仕事です。

ライフプランたてよう

この時のコツとしては、期間をきっちりと決めてしまうことです。

例えば1年と決めてこなしていけば、きちんと出勤し、お客さんに1年や1年半はリピートしてもらうためにしっかりと接客をこなし、毎月確実に25万円を貯金するための努力をこなしていくことができるでしょう。

また、稼いだお金を浪費することもないと思います。

もし浪費癖があるならば、貯めたお金は別の口座に積み立てていくなどの方法を取るべきです。

 

 

ダブルワークとして働く女性

ライフプランたてよう

ダブルワークとして働く女性は、なんといってもやめたときに貧困に逆戻りをするのが怖いものです。

ですから、できるだけ長く働くか、あるいはやめても問題ない体勢を早めに整えることが求められます。

できるだけ長く働くポイントとしては、肉体的あるいは精神的負担によってつぶれてしまわないように、しっかりと自分をケアしながら働くことです。

いくら生活を楽にしたいからと言って、あまりにも根を詰めて働きすぎてしまうと、負担が大きくなって長く働けなくなる可能性が高いです。

ライフプランたてよう

そもそも、風俗嬢という職業は肉体労働です。

性行為そのものが消費カロリーの大きい行為ですし、お客さんをたくさん撮って何度もシャワーを浴びていると、皮膚の表面にいる常在細菌が洗い流されてしまい、肌のトラブルに悩まされたり、免疫力が落ちたりするため、体調を崩しやすくなります。

また、本番行為を行わない風俗では、お客さんが風俗嬢に対して手マンをするものですから、膣内が傷ついて働けなくなることもあります。

そのため、自分の体と相談しながら働くことが大切です。

ライフプランたてよう

このほか、いやなお客さんと遭遇してしまうことによってストレスがたまりやすい仕事でもあります。

精神的に病んでしまえば満足なサービスが提供できなくなり、長く働くことが難しくなりますから、適度にストレスを発散しながら働かなければなりません。

しかし、風俗嬢は基本的に若さが売りになる仕事ですから、気を付けながら働いたとしても、いつまでもできる仕事ではありません。

若いうちは普通の風俗店で働き、それなりに年を取ったら人妻・熟女風俗で働くというルートもありますが、それにもやはり限界があります。

ライフプランたてよう

そのため、辞めれば貧困が待っているから辞められないという状態は、いち早く脱出するべきです。

そのためには、目標を持っている風俗嬢と同様に、しっかりとしたライフプランが必要になります。

しかし、いつまで働けばよい風俗嬢とは異なり、より長期でのライフプランとなります。

例えば、昼間はアルバイトで月に15万円、夜や週末に風俗嬢として15万円を稼ぎ、生活に15万円が必要ならば、余った15万円は浪費することなく着実に貯蓄していくのです。

ライフプランたてよう

そうやって貯金を作っていれば、性病や肉体疲労、その他の原因で風俗嬢を続けられなくなった時にも、当面の生活に困ることがありません。

しかしながら、貯金を切り崩すだけの生活であれば、いつ貧困に逆戻りをするか分かったものではありません。

そのためには、手に職をつける、貯めたお金を運用するなどの方法を取らなければなりません。要は、勉強によって現状を打破するほかないのです。

例えば、平日は昼間に働き、平日の夜は資格取得のために勉強をし、週末だけ風俗嬢をやれば、生活は成り立ちますし、手に職をつけることもできます。

ライフプランたてよう

お金になる資格を取得し、良い条件で就職することができれば、貧困を抜け出すことができます。

また、しっかりとためたお金を運用して不労所得を得るというのも一つの手段です。風俗嬢として月に15万円を貯めれば2年で360万円になります。

これで区分所有マンションでも購入して賃貸経営をすれば、毎年40万円程度の不労所得が得られるでしょう。

風俗嬢を長く続ける中で、不労所得を順調に増やしていくことができれば、年間100万円の不労所得が入ってくる生活も十分に可能です。

ライフプランたてよう

そうなれば、風俗嬢を辞めたとしても、普通のアルバイトや正社員として月に15~20万円を稼ぎ、そのほかに不労所得が月当たり8万5000円くらい入るのですから、貧困状態は脱出することができます。

確かに、勉強をしたくない人も多いと思います。

勉強が好きという人など、そんなにいないのですから当然です。

しかし、貧困状態を抜け出すためには何らかの自助努力によって収入を増やすほかないのです。

風俗嬢として長期間にわたって働く覚悟がある女性ならば、それと並行して数年間じっくりと腰を据えて取り組めば、現状を打開するための資格や不労収入を得ることは誰にでも可能です。

性行為が好きな女性

ライフプランたてよう

性行為が好きな女性は、精神的な負担が軽いということがかなり強みになります。

また、上記の通り専業風俗嬢として働き、濃厚なサービスを提供して、それなりに多くの収入を得ていくことも可能でしょう。

したがって、勤務内容としての注意点はそれほどありません。

しいて言うならば、性行為が好きなあまり、お客さんの本番行為に応じて性病を移されるといったことがないようにしたいものです。

ライフプランたてよう

しかしながら、いくら性行為が好きな女性であろうとも、いつまでも働けるわけではありません。

若さを失えば商品価値は落ち、収入も低下していくのです。

また、繰り返す通り風俗嬢の絶対数が上昇傾向にある昨今、性行為が好きだからと言って、風俗嬢として長期間働き続けられる保証はどこにもありません。

ですから、性行為が好きな風俗嬢においても、ダブルワークの女性と同様に、長期的なライフプランを立てて働く必要があります。

ライフプランたてよう

それさえできるならば、風俗嬢として働くことができなくなったとしても生活に困ることはなく、良識ある男性とセフレとしてセックスを楽しむ生活に移ることも可能なのです。

※上記において、どこからか資金の援助を受ける、あるいは結婚するなどのルートは除外しています。

ライフプランというものは、不確実なことはできるだけ盛り込まずに立てるべきだからです。

ですから、資金援助を受けることや結婚できることを期待してライフプランを立てるのは好ましくありません。

まとめ

ライフプランたてよう

日本の女性を取り巻く環境は、あまり良いものとは言えません。

男性においても貧困にあえぐ人が増えており、女性ならばなおさらといった状況です。

しかしながら、貧困にあえぐ男性は風俗で働くことはできませんから、貧困から抜け出すのが非常に難しいのに対し、女性は風俗嬢として働くことで逆転が狙えるというのは、ひとつの救いであると考えることもできます。

ライフプランたてよう

しかしながら、風俗嬢がおかれている環境も年々厳しいものになってきています。

それに、そもそも風俗嬢は消費期限が短く、できるだけ早い段階で次のステージに進める状況を整えなければなりません。

現在すでに風俗嬢として働いている女性、あるいはこれから風俗嬢として働きたいと思っている女性が、本稿を読むことによって、風俗嬢という仕事を人生に活かせることを願ってやみません。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

風俗の教科書の注目記事を受け取ろう

ライフプランたてよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

風俗の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 風俗で色恋営業を成功させるための7個のテクニック

  • 稼げるタイミングを知っている風俗嬢が200万円以上も多く稼げるワケ

  • 池袋で稼ごう!西口と東口の違いを押さえたお店選びを

  • 風俗の面接はどうやって応募する?最近はLINEが便利です

関連する記事はこちらです

  • ストーカーに遭ったら、風俗嬢はどう対処する?

  • 【40代必見!】40代の風俗嬢も稼げるか検証!

  • 女の嫉妬!同僚の指名客が自分に指名替えをしてきたら

  • 風俗嬢ってどんな女の子?13の質問をしてみました

  • 風俗嬢が引退する理由とは?!

  • 風俗嬢であることにうしろめたさを感じるなら