1. TOP
  2. 年齢
  3. 風俗嬢の年齢と動機の意外な関係、何歳が多いの?

風俗嬢の年齢と動機の意外な関係、何歳が多いの?

年齢 理由 この記事は約 9 分で読めます。

これから風俗嬢になろうと思っている皆さん、あるいは現在風俗嬢として働いている皆さんの中には、「風俗嬢をやっている女性は、いったい何歳くらいなんだろう?」という疑問を持っているかもしれません。

本稿では、その問いに答えながら、風俗嬢が抱く様々な動機と年齢の関係を見ていこうと思います。

平均年齢は23歳

風俗嬢年令

風俗嬢の年齢に関する調査では、全体の平均年齢は23歳となっています。

その内訳をみると、18~23歳が60.3%、24~29歳が33.3%、30~35歳が4%、36~39歳が2.4%となっています。

もちろん、一部の風俗では40歳以上の女性が働く熟女ヘルスもありますが、性風俗店の中では特殊な位置づけであるため、ここには含まれていません。

やはり、女性の若さは価値あるものであり、それを売ろうとする女性が多いことが分かります。

また、若さを売りたいと考える女性が多いことのほか、若い女性とセックスがしたい男性が多く、だからこそ若い女性を多く雇用したいと運営側が考えることからも、若い風俗嬢の割合が多くなるのは必然とも言えるでしょう。

風俗嬢年令

ちなみに、18~25歳の女性の割合は全体の約8割を占めているとされています。

一般的に、ソープランドや裏風俗などの本番系風俗と比較して、ヘルス(ファッションヘルスやデリバリーヘルス)などでは若い女性が多い傾向があると言われています。

過去の調査を見ても、ソープランドで働いている女性の年齢で最も多いのは30代で約6割であり、20代の女性は約3割というデータがあります。

しかしながら、非本番系を全体的に見てみると、必ずしも若い女性ばかりではありません。

風俗嬢になる女性は若い女性が多く、若いほど商品価値が見出されやすいというのは上記の通りですが、だからと言って若いうちしか働けない、年をとれば商品価値がなくなるというものでもありせん。

性風俗店を利用する客の需要は多様化しており、中には主に30~40代の女性、つまり熟女が働いている熟女ヘルスもありますし、50代でも働ける中高年熟女ヘルスという職種もあります。

風俗嬢年令

そのようなお店では、年齢の高い風俗嬢がナンバーワンとなっていることも珍しくありません。

性風俗産業においては、年齢が低いことが絶対的な正義というわけではないのです。

若い肉体を魅力的と感じる男性は多いでしょうが、熟れた肉体に魅力を感じる男性も増えてきていますし、年齢相応にテクニックが磨かれていたり、性的サービス以外のコミュニケーションその他において大きな癒しを提供できることから人気となっている熟女風俗嬢もいるのです。

ちなみに、最年少が18歳であることは、18歳未満の女性を性風俗店で雇用すると、児童福祉法や職業安定法の違反となり、警察に摘発され、風俗店が潰れてしまう可能性が高くなるからです。

性風俗店に対する取り締まりが甘いころは、18歳未満の女性が勤務する性風俗店もありましたが、最近では大きなリスクに見合ったメリットがないため、最近では18歳未満の女性を雇うことはなくなっています。

そのようなリスクを避けるためにも、店舗側は面接の際に身分証の確認をきちんと行うことがほとんどです。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5ちゃんねる削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

年齢と動機の関係

風俗嬢年令

年齢によって動機も様々です。もっとも、いろいろな年齢層で同じことが動機となっていることもありますから、動機と年齢の関係を明らかにすることは難しいのですが、幾らか傾向を見て取れることもあります。

風俗嬢になった動機としてよく見られるものは、自分の借金の返済のため、お小遣い稼ぎ、遊ぶお金が欲しい、貯金のため、将来のため、夢の実現のため、生活のため、他人の借金返済のため、興味から、なんとなく、自分の生活苦、他人の生活苦などです。

大きく分類するならば、借金返済や貯金、お小遣い、生活苦などの「経済的な動機」と、興味から、なんとなくといった「経済的ではない動機」であり、経済的な動機は全体の85.7%を占めています。

このように経済的な理由から風俗嬢になっている女性は今も昔も多く、社会的に抱かれる「風俗嬢はお金に困ってカラダを売っている」というイメージもここからきています。

風俗嬢年令

しかしながら、「借金返済のためにしかたなく」といった消極的な理由だけではなく、最近では「学費のため」「将来の夢のため」といった積極的な理由から風俗嬢になっている女性も多くなっています。

これらを分類して、「消極的な理由」「日常的な目的」「ポジティブな理由」という分類ができるでしょう。

ネガティブな理由

風俗嬢年令

まずネガティブな理由ですが、これは自分や他人(家族や彼氏など)の生活苦や借金といった、ネガティブな理由で風俗嬢になる女性がいますが、これは経済的な動機から風俗嬢になった女性の31.7%を占めています。

生活苦や借金というものはどの年齢の女性にでも起こり得るものですから、年齢による分類はできません。

借金まみれになった女性が風俗に堕ちたとか、親の借金のカタに風俗に堕ちたとかいうことがよくB級雑誌などで言われていましたが、一昔前ならばネガティブな理由から風俗嬢になる女性がほとんどでした。

このほか、精神疾患や人格障害のために一般的な職業に就くことができず、仕方なく風俗嬢になっているというのもネガティブな理由ですが、そのような女性も昔は大勢いたものです。

以前ならば経済的な動機から風俗嬢になる女性の多くがネガティブな理由から風俗嬢になっていたでしょう。

性風俗が困窮した女性のセーフティネットとして機能していた時代には、お金や就労で行き詰まった女性が「もうカラダを売るしかない」と決意さえしたならば、いつでも稼ぐことができました。

風俗嬢年令

しかし、最近では日常的な理由やポジティブな理由で風俗嬢になる女性が増え、風俗嬢志望者の絶対数が増えたため、ネガティブな動機を抱いているからといって風俗嬢になれない女性が増えてきています。

だからこそ、ネガティブな理由の女性が31.7%にとどまっているのです。

 

 

日常的な理由

風俗嬢年令

日常的な理由とは、借金や生活苦を動機としているのではなく、生活費の足しにしたい、遊ぶお金が欲しい、お小遣いが欲しいなどの動機です。

経済的な動機のうち25.4%を占めています。これは、年齢的に若い人に多く見られる傾向です。

つまり、大学を卒業したものの給料の高い職業に就くことができず、むしろ長引く不況の影響によって給料は安く、普通の給料だけで生活はできるものの余裕がないというものです。

そのような人が生活費の足しにしたいとか、遊ぶお金が欲しいと考えて風俗嬢として働くようになるのです。

また、「お小遣いが欲しい」という理由を持つ風俗嬢の年齢は様々ですが、人妻がお小遣い欲しさに夫に内緒で働く場合に動機になりやすいことから、そのような場合には年齢は少し高めとなります。

ポジティブな理由

風俗嬢年令

ポジティブな理由とは、人のためではなく自分のためであり、さらに将来のために働くというものです。

経済的な動機のうち28.6%を占めています。例えば将来への貯蓄がそうでしょうし、特に「将来はネイルサロンを出したい」などの理由からお金を貯めようとして風俗嬢になるならば、それもポジティブな理由です。

「学費のため」という女子大生風俗嬢もたくさんおり、これは捉え方によっては「実家が貧乏だから」というネガティブな理由にもなりますが、やはり「風俗で稼いで大学に通って、卒業したらいい仕事に就こう」と思っている風俗嬢が多いですから、将来を見据えたポジティブな理由と考えた方が良いでしょう。

将来を見据えて風俗嬢をやっている女性の年齢は、現役女子大生風俗嬢や将来お店を持ちたい若い風俗嬢が多い通り、若い傾向があります。

 

 

ポジティブな理由が多いわけ

風俗嬢年令

性風俗に対してネガティブな考えを抱いている人ならば、「仕方なく働くならわかるが、経済的に切迫していないのにカラダを売るなんて・・・」と思うかも知れません。

しかし、それは古い考え方です。今やバラエティ番組にAV女優が登場することも増えてきましたし、社会の(特に若い世代において)性に関する意識は大きく変化しており、セックスワーカーの社会的地位はずいぶんと向上しています。

風俗嬢やAV女優といった働き方がそれほど恥ずかしいものではないと考える人たちは、当たり前のように、積極的に風俗嬢という働き方を選んでいます。

風俗嬢の理由は単純なもので、「一般の仕事に比べて時間当たりの単価が高いから」というものです。

働くにあたってうしろめたさや羞恥心がそれほどなくなっており、稼ぎがよいとなれば、風俗嬢を選ばない理由があまりないということです。

風俗嬢年令

風俗嬢は一気に稼げる可能性があり、さらには自由な時間で働く安いことから、時間に制約のある立場の女性(特に学業とアルバイトを両立させなければならない女子大生や、昼は別の仕事をしているOLなど)に人気となっているのです。

最近の性風俗の形態として、デリヘルが非常に多くなっていますが、デリヘルは基本的に24時間営業であるため、勤務時間はかなり自由であると言えます。

学費が必要、留学したい、海外旅行がしたいなどといった願望は、若い女性の多くが抱くものでしょうが、どれもお金も時間も必要となるものです。

そこで、お金と時間の両面で最も都合のよい風俗嬢が選ばれているのです。

さらに、世の中の稼ぎが良い仕事というのは基本的に難しい資格が必要ですが、風俗嬢ならば資格がなくても働くことができます。

風俗嬢年令

このほかにも、「日払いでお金がもらえるから」「普通に働くより(OLなどより)楽だから」といった理由から風俗嬢になる女性も大勢います。

女性の社会的地位は向上しつつあり、時に男性が迫害されていると感じる場面も多くなってきました。

しかし、就労という点で考えると、女性の生きにくさはまだまだ健在でしょう。

女性が働こうと思ったとき、風俗以外の仕事では、拘束時間は長いにも関わらず給料は安く、昇給のチャンスにも乏しいものです。

そのような現状の中で、性風俗店は心地よく働くことができ(風俗嬢の流出を防ぐために女性に優しい風俗店が増えている)、やる気次第で大きく稼げる可能性があり、時間に融通が利き、資格もいらないなど、さまざまなメリットがあるのです。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

風俗の教科書の注目記事を受け取ろう

風俗嬢年令

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

風俗の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 風俗で色恋営業を成功させるための7個のテクニック

  • 稼げるタイミングを知っている風俗嬢が200万円以上も多く稼げるワケ

  • 池袋で稼ごう!西口と東口の違いを押さえたお店選びを

  • 風俗の面接はどうやって応募する?最近はLINEが便利です

関連する記事はこちらです

  • 何歳まで働けるのかではなく『何歳まで働くのか』

  • 【急増】キャバ嬢から風俗嬢に転身する女性の意外な理由

  • 風俗嬢が引退する理由とは?!

  • なぜ風俗の仕事を?風俗嬢の本音と建前

  • 家族の闘病のために、風俗で働いて治療費を稼いでいる女性の話

  • 子持ち風俗嬢のリアル話、内に秘めた気持ちと外部の批判