1. TOP
  2. 風俗嬢
  3. 子持ち風俗嬢の働き方講座

子持ち風俗嬢の働き方講座

風俗嬢 この記事は約 14 分で読めます。

近年の風俗業界では、子持ちの主婦やシングルマザーなど、子持ちの風俗嬢が多くなっています。

子持ちの女性は、子を持たない女性よりも制約が多いため、風俗嬢が適しているのです。

本稿では、子持ちの女性に風俗嬢が適している理由と背景、また働き方のポイントなどを解説していきます。

子持ちの風俗嬢が働く理由

風俗嬢の中には、子持ちの女性もたくさんいます。

シングルマザーの比率が多いですが、必ずしもシングルマザーとは限らず、子持ちの主婦も含まれます。

人妻風俗店というものは昔からあったのですが、昔は普通の女性が人妻という設定で働いていたり、シングルマザーが働いたりしていたものですが、今では本物の人妻のケースが多くなっています。

もちろん、今でもシングルマザーが人妻風俗店で働くケースは多いです。

逆に、未婚女性が人妻風俗店で働くケースは少なくなってきているでしょう。

本物の人妻や、元人妻であるシングルマザーが多くなった今、未婚の若い女性を雇う必要がなくなってきているのです。

旧式の道徳から言えば、子供がいるのに風俗で働くなんておかしいと言われるかもしれませんが、そのような感覚は、今ではかなり少なくなってきています。

性に対する一般的な感覚が、かなり寛大なものになってきているのです。

子持ちの主婦やシングルマザーが風俗嬢として働く理由は、やはりお金です。

子持ちの主婦は、旦那さんの収入が少なく、子供の養育に支障が出るような場合、風俗嬢になるケースが多いです。

母親とは強いものです。

しかし、シングルマザーはもっと深刻です。

旦那さんがいないので全て自分で稼ぐ必要があるのですが、子供がいるために、働く時間が制限されてしまいます。

また、シングルマザーが制限のある中で働くには、ハローワークでもパートなどしか見つからず、月に十数万円を稼ぐのが精いっぱいというケースが非常に多いのです。

これは、まぎれもなく貧困と言ってよいレベルです。

いつ生活が破綻するか分からない状況であり、子を持つ身としては非常に不安でしょう。

だからこそ、たくさん稼げる可能性が高く、時間にも融通が利く風俗で稼ぐようになるのです。

子持ちの主婦にしても、子供がいることは大きな理由になります。

子供が風邪を引いたら仕事を休む必要があるため、昼職を続けるのが難しいのです。

その上で旦那さんの収入だけでやっていけないならば、風俗嬢が最も都合の良い仕事になります。

また、産休を認められず、妊娠を機に仕事を辞めた子持ちの主婦が、出産後に仕事を見つけられずに風俗嬢になるケースもあるようです。

後悔はしていない?

子持ちの風俗嬢に対して、世間一般が抱くイメージは、「色々な理由があるにせよ、後悔しつつ風俗嬢として働いている」というものです。

しかし、実際に風俗嬢にインタビューをしてみると、そのような暗さはあまり感じられません。

日々の生活の大変さに、後悔する暇もないというのが正直なところのようです。

後悔するときというのは、おそらく世間の目や一般的な感覚に思い至ったときなのでしょうが、その暇がないだけに後悔のしようがないのです。

ただし、子供が小さいうちは良いのですが、

  • 子供が物心ついてからも辞められないのではないか?
  • その時に子供にバレたらどうしよう?
  • 子供の心に深い傷を与えるのではないか?
  • いつまでこの仕事を続けていくのだろう?

という不安はかなり強いようです。

これも焦りにつながる要素であり、日々大変だと感じさせる要因になっているものと思います。

したがって、子持ちの風俗嬢は、子供が小学生になるまでには辞めたいと考え、しっかりと貯金をする堅実な女性が多い傾向があります。

風俗がシングルマザーのセーフティネットに

上記のことからも分かるように、子持ちの女性、特にシングルマザーにとっては、風俗嬢という仕事がセーフティネットになっているといえるでしょう。

もちろん、このような書き方をすれば、色々な反論もあろうと思います。

例えば、本来セーフティネットとは、国家が準備するべきものです。

憲法で保障されている生存権によって、日本国民は誰でも、国家に必要最低限の生きる術を保障してもらうことができます。

生活保護がそれに当たります。

したがって、風俗嬢にならなければやっていけないほどの状況であれば、生活保護を受けるべきだとする意見もあります。

その見地からすれば、生活保護をもらわずに風俗嬢になっている女性はおかしな存在といえるのかもしれません。

しかし、生活保護は、あくまでも最低限の生活に困らないだけのお金を支給するものです。

子供の進学や、それに伴ってかかる費用、例えば色々な習い事に通わせたり、一般家庭並の楽しみを与えてやったりするためのお金は、生活保護には含まれていません。

生活保護を受けている家庭の子供は、本人がどれほど努力しても、公立高校まで進学するのが精いっぱいでしょう。

日本はまだまだ学歴社会ですから、大学に進学せずに社会に出た場合、子供もまた貧困に陥る可能性が高く、貧困の連鎖が続くかも知れません。

その負の連鎖を断ち切るために、我が子に苦労させないために、生活保護をもらわずに風俗嬢になるシングルマザーは多いのです。

安易に、「生活保護もらえばいいのに、風俗嬢になるなんておかしい」などと言ってはいけません。

それが現実なのです。

そのように風俗嬢をおかしいと考えたり、可愛そうだと憐れむよりも、風俗でも働けない女性を憐れんだ方が良いでしょう。

風俗嬢はルックスやスタイルも売り物にする仕事であり、ルックスやスタイルが一定の基準に達していない女性は、風俗嬢になることはできません。

風俗嬢としても働けない女性は、抜け出せない貧困に陥り、生活保護に頼らざるを得ず、負の連鎖を断ち切る契機もつかむことができない可能性が非常に高いのです。

セーフティネットになりやすい側面

デリヘル本番

風俗嬢という仕事は、セーフティネットになりやすい側面を多分に持っています。

以下のような条件を揃えているからです。

 

育児しながら働きやすい

子持ちの風俗嬢は子供の面倒を見る必要があります。

子供が原因で仕事を休むことは嫌われますし、最近は待機児童問題が社会問題になっているように、託児所に預けるのも簡単ではありません。

しかし、風俗嬢という仕事は、当日欠勤も許される仕事です。

当日欠勤など、一般の職業ではありえないことです。

風俗で働けば、急に子供が熱を出したときなどでも、休むことを許されます。

また、子持ちの風俗嬢が多くなっていることを踏まえて、今や多くの風俗店が、託児所を備えつつあります。

一般企業ならば、託児所がある職場はなかなか見つからないものですが、風俗店ならば容易に見つかるでしょう。

このように、風俗店という職場は、子持ちの女性にとって働きやすい環境です。

だからこそ、セーフティネットになりやすいのです。

 

性に対する認識の変化

2000年前後から、援助交際などがごく普通に行われるようになりました。

今でも、スマホの出会い系アプリなどを見れば、援助交際を求める女性を普通に見つけることができます。

これは、社会の性に対する認識が、非常に甘くなってきていることを示しています。

何十年も前の旧式の道徳では、女性は貞操を堅く守るべき存在であるとされており、お金と引き換えに体を差し出す女性は非常にさげすまれたものでした。

そのような考え方は長く受け継がれてきましたが、2000年前後から急速に崩れ、風俗業界で働くハードルも低くなりました。

今や、お金に困った女性や、一般の職業で働けない女性が、簡単に風俗業界に飛び込んでくることになりました。

そのような風潮も、子持ちの女性が風俗嬢という仕事をすぐに選ぶ流れを作っているといえます。

働き方を考える

Twitter風俗嬢

子持ちの女性が貧困問題に対処していくにあたり、風俗嬢は確かに良い仕事です。

普通の仕事でやろうとすれば、毎月の支払いが非常に厳しく、不可能にさえ感じられますが、風俗嬢として稼げば、ある程度余裕のある生活が可能です。

うまくいけば、かなり余裕のある生活を送ることもできるでしょう。

ただし、風俗嬢がセーフティネットになるからといって、風俗嬢としての働き方はよく考えるべきです。

子供への影響も考えられます。

子供が物心つけば、だんだん勘づくかもしれません。

ある程度の年齢に達すれば、性的なことにも興味を持ちますし、いずれ気づいてしまう可能性が高いです。

そうならないためにも、風俗嬢として頑張り、お金を貯め、「いつまでにいくら貯めて風俗嬢を辞める」という計画を立てて働きましょう。

目標の達成時期は、子供が小学生に上がるくらいが目安でしょう。

子供が小学生になれば、学童保育に預けるなどの手段も出てきますし、昼職で働けるようになるからです。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5ちゃんねる削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

子供と一緒に寮に住めるか

ではここからは、実際の働き方について見ていきましょう。

まず、子持ちのシングルマザーが風俗嬢になる時の働き方なのですが、生活に非常に困っており、今住んでいる家を追い出されそうという状況を考えてみます。

このような状況は、実際にしばしばみられます。

子供の面倒をみなければならず、仕事も休みがちになってあまり稼げず、家賃を払えずに追い出されそうになるのです。

別の物件に引っ越すにしても、敷金・礼金などの初期費用や引っ越し費用が出せませんし、保証人を見つけるのも難しいというケースです。

この時、寮完備の風俗店に入店し、子供と一緒に寮に住めないかと考える女性もいます。

確かに、八方ふさがりの状況を一気に打開できる手段だといえます。

風俗店としても、そのようなケースが少なくないことを知っています。

そのため、ワンルームマンションなどを寮として提供し、また託児所も提供し、一緒に住める環境を作っているお店もあるのです。

このようなお店に入店すれば、とりあえず住む場所、仕事、託児所には困らなくなるわけですが、以下のようなデメリットがあります。

鬼出勤を求められる

これは、シングルマザー風俗嬢に限らず、寮に住んでいる風俗嬢全般に言えることなのですが、鬼出勤を求められることになります。

風俗店としても、限りある寮に住ませる代わりに、出勤日数を増やすことを条件としなければメリットがないのです。

寮に住んでいる風俗嬢に対しては、お店に予約が殺到した時など、本来は休みの日でも出勤を求めてくることもあります。

子持ちでお金が必要だという理由で風俗嬢になっているのですから、たくさん出勤できるということは一面においてメリットです。

しかし、また別の一面では、子供と過ごす時間が減る、体調を崩すリスクが高まるなどのデメリットもあります。

ストーカー対策が難しい

寮に住んでいると、ストーカーに突き止められることが多いです。

なぜならば、寮はお店の近くにあることが多いからです。

子供と一緒に住んでいれば、子供の情報もつかまれたり、託児所も特定されてしまったりすることもあるでしょう。

「風俗店を利用するキモ客+ストーカー」というだけで怖いのに、子供まで絡んでくれば、かなり不安になると思います。

子供が危険にさらされないためにも、ストーカー対策は十分に行なうべきですが、寮に住んでいればなかなか難しいのが現実です。

子供への影響

風俗店の寮では、周りの部屋にも風俗嬢が住んでいることが多いです。

地域の大人たちは、その物件が風俗嬢の寮であることを知っている場合も多いでしょう。

そのため、寮に住んでいる風俗嬢の子供が幼稚園や保育園に通うと、ママ友の間で「あの子のお母さん、風俗嬢なのよ」などとすぐに話題になり、「あの子と遊んだら駄目よ」などと我が子にクギを指す可能性が高いです。

つまり、子供がいじめに遭ってしまう可能性が高いのです。

これも、風俗店の寮に住むデメリットです。

以上のことから、子供と寮に住むのは現実的に可能なことですが、他に住む場所が得られるならば、辞めておいた方が良いでしょう。

また、寮に入らざるを得ない事情があるとしても、頑張って稼ぎ、できるだけ早く普通の物件に引っ越すことを考えるべきです。

 

 

風俗街には託児所が多い

これまでも述べてきた通り、風俗店では託児所が完備されていることが多いです。

この点に関しては、気になっている人も多いでしょう。

「風俗店が完備している託児所って、預けても安全なの?」と考える人も多いと思います。

しかし、「風俗店が託児所を完備している」といっても、「風俗店が託児所を経営している」ということではないことも多いです。

これは、風俗街には風俗嬢の子供を多く受け入れている託児所がたくさんあり、時に風俗店と提携している場合もあるということです。

ただし、大型のグループ企業になると、自社で託児所を経営している場合もあります。

しかしその場合は、「風俗店が託児所を経営している」というよりは、「風俗店を含め、多角化経営しているグループ企業が、託児所も経営している」という感じです。

そのため、他の一般的な託児所と比べて、何も変わらないサービスを行なっています。

グループが風俗店と託児所を同時に経営している場合、自社で働く風俗嬢が子供を預ける時、かなりの優遇をしてくれることがあります。

例えば、あるグループが経営する託児所では、勤務中預けっぱなしにしておく際、それが何時間でも1000円しかかからないという料金設定になっています。

また、中には複数人の子供を抱えるシングルマザー風俗嬢もいるでしょうが、そのような場合にも、「何人預けても、勤務中の託児は1000円ぽっきり」という場合もあります。

一般的な託児所に預けると、都会ならば1人当たり1時間1000円は取られるでしょうから、そう考えるとかなりの好待遇であるといえます。

したがって、託児所を有利に使いたいと考えている風俗嬢は、グループ企業で働くことを検討するのもおすすめです。

そのようなグループでは、女性従業員に対する理解が非常に進んでいることが多いからです。

託児所の料金設定を見ても、そのことは良くわかると思います。

女性が主役の業界において、大手企業はどこでも、女性を大切にする傾向があると知っておきましょう。

風俗業界やキャバクラ業界における大手グループがそうですし、AV業界の大手企業でも、女性を非常に大切にされていることは、知る人ぞ知る事実なのです。

子持ちの風俗嬢としての自覚

本稿において、風俗店には子持ちの風俗嬢への理解があることをお教えしてきました。

しかし、逆に風俗嬢側の自覚はどうかと言えば、自覚が乏しいと思えることもあります。

例えば、風俗店の待機所が個室待機であるからと言って、風俗店に子供を連れてきて、待機所で待たせている風俗嬢もいるのです。

初めて風俗嬢になる女性にとっては、分からないことだらけだと思います。

風俗店に子持ちであることを伝えず、託児所を紹介してくれるということも知らず、お店に連れてきてしまう人もいるのでしょう。

確かに、託児所をお店に紹介してもらえば安く利用できると知らず、一般的な託児所を利用するしかないと考えている風俗嬢にとっては、待機所に連れてくるという選択しかないのかもしれません。

大都市の託児所では1時間1000円程度取られるものですから、風俗店で8時間働いて3万円稼いでも、託児所料金を支払えば2万2000円となってしまいます。

月20日出勤ならば、託児所料金だけで16万円にもなってしまいます。

お金に困っているシングルマザー風俗嬢が、やむにやまれずお店に連れていこうと考える気持ちも、分からなくもありません。

また、託児所を紹介できないお店で働いており、お店が待機所に連れてくることを認めているケースもあります。

しかし、実力のあるお店ならば、託児所を紹介できるのが普通ですから、そのようなお店がまともであるとは考えにくいです。

風俗嬢として働きたいならば、子供のことをよく考えてください。

知らない部屋に連れてこられ、母親が男性に呼ばれていなくなり、しばらくすると部屋に帰ってくる。

母親は、普段とは違う服装をしている。

淫靡な雰囲気も、子供ごころに感じてしまうかもしれません。

それが、幼年時代の記憶として残ることもあるでしょう。

皆さんもそうだと思いますが、2歳や3歳の頃の記憶というのは、断片的であるにせよ、いくらか残っているものです。

特に、日常の風景は残っているものですから、待機室が日常の風景であれば、それが子供の記憶に残り、将来気づくこともあると思います。

ましてや、子供が三島由紀夫のように、生まれた瞬間のことを記憶しているような子供であったら・・・。

やむにやまれない事情があるにしても、風俗嬢である以前に母親なのです。

その自覚を持って働けば、子供も母親も、共に幸せに近づいていけることでしょう。

 

 

まとめ

無口な客の対処法

子持ちの風俗嬢は、そうでない風俗嬢に比べて、色々な制約のもとに生活しています。

一般的な職業で働くことが難しく、生活保護による生活も難しく、風俗嬢として働く女性は非常に多いのです。

本稿では、子持ちの主婦よりも、子持ちのシングルマザーについて多く書きましたが、これはシングルマザー風俗嬢が増えてきているからです。

近年の離婚率の増加から考えて、また女性の貧困率の増加から考えて、今後も風俗嬢になるシングルマザーは増えてくると思います。

そのような女性にとって、本稿が役立てるならば、それほど嬉しいことはありません。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

風俗の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

風俗の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 風俗で色恋営業を成功させるための7個のテクニック

  • 稼げるタイミングを知っている風俗嬢が200万円以上も多く稼げるワケ

  • 池袋で稼ごう!西口と東口の違いを押さえたお店選びを

  • 風俗の面接はどうやって応募する?最近はLINEが便利です

関連する記事はこちらです

  • 風俗嬢はライフプランを立てて働きましょう

  • 風俗嬢の指名と本番の関係ってどうなの?

  • 風俗嬢になりたいあなたへのアドバイス

  • 【人生設計】風俗嬢は婚活を早めに!その訳とは?

  • 風俗嬢であることをカミングアウトしたら・・・

  • <風俗嬢のストレス解消法>危険な方法は避けよう