風俗嬢って時給にしたらどれくらい稼げるの?キャバ嬢とも比べてみた

風俗嬢は稼げると言いますし、皆さんもそれを聞いて風俗嬢になった、あるいはこれからなろうとしているのだと思います。

しかし、普通のアルバイトでは、時給ベースで考えるのが普通であるのに対し、風俗嬢は日給ベースで考えるため、実際にどれくらい稼げるのかを掴みにくいという人もいると思います。

そこで本稿では、風俗嬢の給料を時給ベースに換算してみました。

キャバ嬢との比較などもしてみましたので、参考にしてみてください。

風俗嬢の時給は1万円

最初に言っておきたいのが、風俗嬢の給料は日給制であり、そもそも時給制ではないということです。

しかし、世の中の多くの仕事は正社員ならば月給、パートやアルバイトならば時給をメインに考えます。

風俗嬢は正規雇用ではありませんから、未経験の女性が時給ベースで考えたくなるのも、納得がいきます。

では、風俗嬢の時給はどれくらいなのでしょうか。

風俗の世界には高級店もあれば大衆店もあるため、一概に時給いくらとは言いにくいものです。

それでも、「このくらいの稼ぎの風俗嬢が一番多いよ」ということは言えます。

風俗嬢の稼ぎとして最も多いのが、1回の接客で1万円程度の稼ぎです。

例えば、普通のデリヘルでは60分16000円くらいの価格帯が多いのですが、バック率が50%とすれば手取りは8000円になります(風俗店のバック率は50~60%が一般的)。

これに加えて、指名料やオプションがバックされることで、平均して1回60分の稼ぎが1万円くらいになるのです。

もちろん、デリヘルなどの派遣型風俗店では、移動時間がかかります。

仮に往復30分の距離を移動したとすれば、90分で1万円の稼ぎになりますから、時給換算すると約6666円になります。

さらに、風俗店では待機時間がありますから、暇な女の子になると120分で1万円の稼ぎということもあるでしょう。

この場合は、時給換算で5000円です。

したがって、出勤すれば必ず指名で埋まるというような人気嬢を除けば、風俗店の勤務時間に対する時給は5000~10000円程度となります。

しかし、待機時間は基本的に何をしても自由ですし、移動時間も気楽なので、勤務時間ベースで考えてもかなり割のいい仕事と言えるでしょう。

当然のことながら、実働時間ベースで考えると、時給1万円以上が普通の世界です。

一般のアルバイトは時給1000円くらいがベースですから、それと比較すれば10倍の時給を得ていることになります。

時給1000円で1日8時間、週5日働いてようやく4万円の稼ぎになります。

しかし風俗嬢は、8時間の出勤をすれば4人のお客さんを取るのはそう難しくないでしょう。

わずか1日で、普通のアルバイトの1週間分の稼ぎを得てしまうのです。

このように、具体的な時給ベースで考えてみると、お金を理由に風俗嬢になる女性が多い理由が、よくわかると思います。

しかも、冒頭で述べた通り、風俗店は日払いですから、出勤して稼いだ数万円の給料は、その日のうちに受け取ることができます。

これも、お金に困っている女性に風俗嬢がおすすめできる理由です。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

キャバクラと比較してみる

閑散期働き方

同じく女性の高収入アルバイトと言われるキャバ嬢と比較してみると、その高給ぶりがよくわかります。

まず、都内のキャバクラでは、3000円以下の時給になることはほとんどありません。

最低時給は3000円と言ってよいでしょう。

次に、最も多い時給が4000~5000円であり、そこそこお客さんを呼べる一般のキャバ嬢だと、このくらいの時給で働くことになります。

歌舞伎町や六本木で働くキャバ嬢になると5000円以上の時給になってきます。

平均すると5000~6000円くらいです。

歌舞伎町や六本木で売れっ子になると、時給6000円を超えるケースが出てきます。

場合によっては、時給8000円以上を稼ぐ場合もあります。

これにボトルバックなどが付く場合がありますので、実際の時給はやや異なります。

このことから、風俗嬢とキャバ嬢を比較してみましょう。

 

時給では風俗嬢に軍配

まず、ベースとなる時給で見ると、風俗は5000~10000円であるのに対し、キャバ嬢は4000~5000円くらいが最も多い時給です。

したがって、時給では風俗嬢に軍配が上がります。

さらに、キャバクラではかなりの売れっ子にならないと、ボトルバックで大きく稼いでいくことはできませんが、風俗ではオプションが付くことは普通にあることですから、時給への上乗せという点でも、キャバクラより風俗の方が上と言えます。

 

スポンサーリンク

準備中

 

営業時間外を含めた時給でも風俗嬢に軍配

さらに言えば、キャバ嬢として稼いでいくためには、お客さんに営業メールをしたり、休日にデートをしたり、営業時間外の活動もしなければなりません。

したがって、それを含めて時給換算で考えると、意外なほどに低くなってしまうケースもあります。

一方、風俗では営業時間外にお客さんに煩わされることもほとんどない(風俗嬢が個人的に営業している場合は除く)のが普通ですから、営業時間外の働きで時給が落ちてしまうこともありません。

 

安定性では引きわけ

安定性はどうでしょうか。

キャバ嬢は、お客さんを呼んで、同伴や指名してもらい、それらによって獲得したポイントによって時給がスライドしていきます。

お客さんをたくさん呼べたら、翌月の時給は高くなり、お客さんをあまり呼べなければ、翌月の時給は下がります。

風俗嬢も、お客さんに指名してもらい、接客することで給料を得ます。

お客さんからたくさん指名をされ、暇な時間がなければ高時給になりますし、お客さんにあまり指名されずに暇な時間が長ければ、時給は下がります。

このように、キャバ嬢も風俗嬢も、お客さんに利用されてなんぼの世界であり、どちらも安定性には欠けていることが分かります。

 

女性の高収入アルバイトのうち、二大巨頭と言えるキャバ嬢と風俗嬢ですが、どちらも一部の特殊な例は除き、平均的な稼ぎや稼ぎやすさで比較すると、風俗嬢の方が圧倒的に稼ぎやすい職業だと言ってよいでしょう。

 

スポンサーリンク

準備中

 

まとめ

本稿の通り、風俗嬢は1万円もの時給を稼げる仕事です。

もちろん、働く風俗ジャンルによっても稼ぎは異なってきますが、それでも5000~10000円という高時給で働けることは間違いありません。

皆さんも、お金に困って風俗嬢になりたいと考えているならば、キャバ嬢よりも給料の高い風俗嬢にチャレンジしてみることをお勧めします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました