1. TOP
  2. 風俗の仕事
  3. メンズエステってどんな風俗?仕事内容や給料は?

メンズエステってどんな風俗?仕事内容や給料は?

風俗の仕事 この記事は約 13 分で読めます。

風俗ジャンルの一つに「メンズエステ」というものがあります。

その名の通り、エステとしてマッサージをメインに提供しているお店であり、抜き行為を前提としていないお店です。

エステティシャンがエッチな服装をしているという意味で、性的な要素を持っているのです。

そんなメンズエステでは、どのようなサービスが行われているのでしょうか。

また、どのくらい稼げるものなのでしょうか。

本稿では、メンズエステの基本情報や給料について解説していきます。

メンズエステはソフト風俗

メンズエステと聞くと、風俗をイメージしない人もいるでしょう。

化粧をする男性がちらほら見られるようになっていることからもわかりますが、最近は男性も美容を気にする時代であり、男性用の脱毛や美顔などのためのメンズエステもあるからです。

大手メンズエステの「ダンディハウス」などがこれにあたり、知っている人も多いと思います。

このようなメンズエステは、純粋に男性の美容のためのエステであり、本稿で紹介するメンズエステとは異なります。

同じく「メンズエステ」と呼ばれる業種が、風俗業界にもあるのです。

風俗ジャンルとしてのメンズエステでは、純粋に男性の美容を目指すものではなく、性的サービスを含んでいます。

と言っても、建前としてはエステであるため、サービスの中心となるのはマッサージであり、性的なサービスはかなりソフトなものです。

抜きを前提にしたものではないため、メンズエステの風俗嬢がお客さんの陰部を刺激して射精させることはありません。

また、お客さんが自分で刺激して射精することも禁止です。

もちろん、風俗嬢の体を触ることは禁止されています。

しかしながら、セクシーな服を着て施術するという点で、性的な要素があるのです。

このように、メンズエステは性的な要素がかなり弱いですから、性的なことをできるだけやりたくない女性や、風俗未経験の女性などに向いていると言えます。

類似した風俗ジャンルに性感エステや回春マッサージといったものがあり、これもメンズエステと混同されやすいものです。

しかし、性感エステや回春マッサージといった風俗店は、抜きを前提としてサービスを行います。

基本的には手コキや前立腺マッサージなどによって射精させますが、オプションで風俗嬢がトップレスやオールヌードになることもあります。

以上のように、メンズエステは他の業種と混同されやすいのですが、

  • 純粋なエステ目的のメンズエステとは異なる
  • 抜き前提の風俗エステとも異なる

→少し性的な要素があるものの、抜き前提ではないエステである

と考えておくと良いでしょう。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5ちゃんねる削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

お店の形態

メンズエステは、いくつかの形態に分かれます。

まず、メンズエステも普通の風俗店と同じように、店舗型と派遣型に分かれます。

店舗型は、風俗街などに構えたお店にお客さんが遊びに来て、お店の中の施術ルームでマッサージを提供します。

一方、派遣型は、お客さんの自宅やビジネスホテル、ラブホテルなどに派遣されて、マッサージを提供します。

ここで知っておきたいのが、店舗型にも二種類あるということです。

一つは、上記の通り風俗街などに店舗を構えているケースですが、最近増えてきているのがマンション型のメンズエステです。

マンション型とは、普通のマンションの一室を施術ルームとするタイプです。

お客さんはお店に予約を入れると、予定している時間に施術室となっているマンションを訪問し、マッサージを受けることになります。

普通の店舗型とマンション型の違いは、やはり部屋の作りにあるでしょう。

普通の店舗型は、施術ルームで施術すると言っても、実際にはカーテンや衝立などで仕切っているだけのお店もあれば、きちんとした仕切りが設けられていることもあり、お店によって個室性に大きな違いがあります。

仕切りが簡単なお店では、会話内容が隣の施術ルームに聞こえてしまうこともあり、逆に聞こえてくることもあり、リラックスできないというお客さんもいます。

そのようなお客さんは、完全に仕切られているマンション型のメンズエステを好んで利用します。

 

 

メンズエステの仕事内容

上記の通り、メンズエステではエッチなサービスは行ないません。

きわどい部分をマッサージすることはあっても、直接男性器を刺激することはありませんし、きわどい服を着ることはあっても、お客さんから触られることはありません。

では、メンズエステでは具体的にどのようなサービスをするのでしょうか。

最近増えているマンション型を例に、仕事の流れを簡単に見ていきましょう。

 

1、お出迎え

マンション型のメンズエステでは、風俗嬢はマンションの一室で待機しています。

お店に予約が入ったら、お店は待機しているマンションに連絡を入れ、予約内容を伝えます。

お客さんがマンションに来たら出迎えます。

 

2、アンケートの記入

簡単に挨拶を交わしたら、お客さんにアンケートを書いてもらいます。

あくまでもマッサージが前提ですから、どこを重点的にマッサージしてほしいか、気になる箇所はないかなどを記入してもらうのです。

この時、抜きを期待して「下半身」などと記載するお客さんもいるのですが、以下の通り注意事項を確認するので心配ありません。

 

3、注意事項の確認

アンケートの記入と同時に、注意事項も確認します。

お客さんによっては、メンズエステを性感エステや回春マッサージと勘違いしている人もいるからです。

健全なお店の多くは、お客さんが予約を入れた時点で性的サービスは行なわないことを注意しているのですが、中には聞き流している人や、聞いていないふりをする人もいるため、ここでさらに注意しておくわけです。

注意事項には、抜きはサービスに含まれていないこと、お客さん自身がオナニーすることも禁止であること、おさわりが禁止であること、スカウト行為も禁止していることなどが記載されています。

注意事項を確認したら、確認した旨のサインも記入してもらいます。

これによって、ルール違反をしたお客さんが「聞いていなかった」「知らなかった」という言い訳は通用しなくなります。

 

4、シャワーと着替え

アンケートの記入と注意事項の確認を済ませたら、お客さんは紙パンツなどに着替えてもらい、シャワーを浴びてもらいます。

この時、普通の風俗とは異なり、風俗嬢が一緒にシャワーを浴びて洗ってあげることはありません。

あくまでも、お客さんひとりで洗ってもらいます。

このため、シャワー中に触られたり、お客さんの男性器を触ったりすることもありません。

 

5、施術の準備

お客さんがシャワーを浴びている間、風俗嬢は施術の準備をします。

シャワー後に体を拭いてもらうバスタオルや、サービスに使うアロマオイルなどを準備します。

シャワーが終わったら、体を拭いてもらって施術台へと誘導します。

 

6、上半身(背面)の簡易マッサージ

メンズエステでは、まずうつ伏せ状態になってもらって背中などをマッサージし、次に仰向けになってもらって胸などをマッサージという流れで行います。

したがって、最初はうつ伏せになってもらい、オイルを用いずに首や背中、腰などをマッサージしていきます。

コースによって、マッサージの内容は異なります。

時間が短いコースでは、上半身の背中側だけのマッサージになるお店もあります

しかし、120分コースなどの長い時間ならば、オイルを用いて全身のマッサージを行います。

 

7、上半身(背面)のオイルマッサージ

ロングコースの場合、続いてオイルマッサージを行います。

アロマオイルを用いたマッサージは、メンズエステの象徴的なサービスと言えます。

オイルを塗布して丁寧にマッサージすることによって、血流を促がし、疲労回復を図ります。

また、リンパをマッサージすることで老廃物の排出を促がせば、疲労回復と同時に新陳代謝の活性化につながります。

 

9、下半身(背面)のオイルマッサージ

ロングコースでは、下半身にもマッサージを行います。

お尻や太ももの裏、ふくらはぎなどをマッサージします。

 

10、上半身(腹面)のオイルマッサージ

背面全体へのマッサージが終わったら、次は仰向けになってもらってマッサージをします。

胸部などのマッサージもしますが、ここでも性的なサービスはありませんから、乳首を触って刺激するといったことはしなくて大丈夫です。

また、うつ伏せになっている時はお客さんの視界もふさがれていますが、仰向けになれば視界が開け、ちょっとエッチな衣装なども見えるため、興奮しやすくなります。

さらに、仰向けになれば手も自由に動かせるようになるため、興奮のあまりおさわりを試してくるお客さんもいます。

そのようなケースが増えることを知っておき、お客さんの違反行為には優しく注意することが大切です。

 

11、下半身(腹面)のオイルマッサージ

上記の通り、メンズエステではリンパのマッサージも行います。

リンパ管は全身にありますが、足の付け根などにもあることから、きわどい部分をマッサージしなければならないこともあります。

仰向けになっていることで興奮しやすくなっており、さらに足の付け根をリンパマッサージする際に、軽く男性器に触れてしまうようなこともあります。

また、足の付け根へのマッサージそのものが、性的な刺激を得られるものでもあります。

このため、気持ちよくなって勃起してしまうお客さんもいますが、あくまでも抜きなしが前提なので、男性器に触れる必要はありません。

しかし、抜きなしとは分かっていても、きわどいところをマッサージされて興奮し、それを楽しんでいるお客さんも多いものです。

そのため、きわどい部分のマッサージが上手な風俗嬢は、メンズエステで売れっ子になることが多いです。

 

12、シャワーを浴びてもらう

マッサージを終えたら、シャワーを浴びてオイルを流してもらいます。

普通の風俗では、お客さんが射精した後に時間が残っていれば、会話をしなければならないことも多く、それを苦手としている風俗嬢も多いです。

しかし、メンズエステでは射精が前提ではなく、マッサージをしながら時間を調節できるため、時間を余らせてしまうことがありません。

このため、マッサージが終わったらすぐにシャワーに誘導することとなり、一般の風俗ほど会話による負担がありません。

シャワーを終えたら、お客さんに飲み物を渡してくつろいでもあり、リピート獲得のために名刺を渡します。

名刺の裏面には、手書きでメッセージなどを書き、うまくリピートにつなげている風俗嬢も多いです。

 

13、お見送り

シャワーを終えて着替えたら、お見送りです。

玄関まで見送り、別れの挨拶を交わし、サービスは終了となります。

 

 

メンズエステは稼げる?

さて、上記のように、抜きなしを前提としているメンズエステですが、それでも稼げるものなのでしょうか。

風俗業界に入る女性の多くは、たくさん稼げることを理由に風俗嬢になっています。

メンズエステも、ソフトとはいえ風俗業の一種なのですから、稼げるかどうかは大きなポイントとなることでしょう。

まず、平均的な給料で言えば、メンズエステで1日8時間勤務した際に得られる給料は、2~3万円と言ったところです。

ヘルスやソープといった風俗では、3万円以上は普通に稼げ、5万円、10万円と稼いでいる風俗嬢も多いことを考えると、やはりソフトゆえの給料の低さが感じられます。

しかし、普通のエステとメンズエステを比較してみると、稼ぎの良さが分かります。

普通のエステで働くエステティシャンの平均時給は1500~2000円程度が相場であり、月収にして20~30万円程度という情報も見られます。

これに対して、メンズエステの平均時給は2000~4500円程度と言われています。

時給3500円とした場合、週に3日出勤で1日当たり8時間勤務であったとすれば、35万円程度の稼ぎとなります。

同条件で週5日勤務した場合には、56万円の月収となります。

実際に、メンズエステで働く現役風俗嬢の意見を聞いてみても、月収50万円程度を稼いでいる女性が多いようです。

エステティシャンとしてはかなり多くを稼ぐことができ、時給によって他の仕事を比較してみても、中堅キャバ嬢レベルか、それ以上の時給を稼ぐことができます。

このように考えると、メンズエステの給料は決して悪くないと言えるでしょう。

 

メンズエステは完全歩合制

なお、メンズエステも他の風俗と同じように、完全歩合制となっています。

このため、指名が全く入らない風俗嬢は稼げませんし、指名が入る風俗嬢は稼げます。

マッサージの技術がある、会話がうまい、きわどいマッサージがうまいなどの理由から、指名本数が多い風俗嬢は、ヘルス嬢やソープ嬢並に稼げる場合もあります。

このため、指名を取るための努力はおのずと求められることとなります。

例えば、未経験ならばできるだけ早く仕事に慣れるように努力する、技術を磨くように努力する、気遣いあふれる接客を心がける、名刺を渡すなどしてリピーターの獲得を怠らないといった努力によって、指名を獲得していくことを目指すのです。

 

もっと稼ぎたければ抜きありのお店で

月収50万円程度と聞くと、それで十分と考える人もいますし、風俗をやるにしては少ないと考える人もいると思います。

メンズエステでは稼ぎが足りない、もっと稼ぎたいと考えるならば、より性的サービスが濃厚な風俗ジャンルで働くのが良いでしょう。

例えば、ヘルスやソープといったハードなプレイはやりたくないならば、メンズエステの延長として、性感エステなどを選ぶのが良いでしょう。

性感エステになると、時給は大きく上がります。

例えば、60分12000円のお店でバック率が50%ならば、時給は6000円となります。

もちろん、お店によってはもっと稼げるケースも多いです。

メンズエステとは異なり、手コキによる抜き行為が前提となっていることや、お店のオプション内容によっては脱ぐことを求められたりすることから、メンズエステよりも確実に性的な要素が強くなりますが、稼ぎは増えます。

自分がどこまでできるかをよく考え、場合によってはチャレンジするのもありでしょう。

 

まとめ

本稿では、メンズエステの働き方や時給など、基本情報を解説していきました。

メンズエステは、風俗の一種でありながら、サービス内容が極めてソフトであり、抜き行為さえ一切ないという風俗店です。

このため、ソフトな風俗で働きたいと考えており、オナクラや性感エステなどのように、男性器を見たり、触ったりすることさえ無理という女性には、メンズエステが向いていると言えるでしょう。

ただし、メンズエステにも色々あり、表面的には抜きなしでありながら、抜き行為を黙認しているようなお店もあります。

このため、お店選びには慎重になってください。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

風俗の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

風俗の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 風俗で色恋営業を成功させるための7個のテクニック

  • 稼げるタイミングを知っている風俗嬢が200万円以上も多く稼げるワケ

  • 池袋で稼ごう!西口と東口の違いを押さえたお店選びを

  • 風俗の面接はどうやって応募する?最近はLINEが便利です

関連する記事はこちらです

  • 風俗嬢の営業メールテクニックまとめ。より指名を取るために

  • 風俗の仕事が生きがいになってしまった女性のリアル話

  • 風俗で指名をもらうなら「良いサービス」が大切!

  • ソープランドの特殊なプレイを徹底解剖!

  • ソープランドではどんなことをする?プレイの全貌

  • 風俗嬢は演技上手?本当は感じている?実際には…