誰しも悩む嫌な客への神対応マニュアル

風俗嬢のストレスは色々ですが、その中には「嫌なお客さん」への接客が挙げられます。

どのようなお客さんを嫌とするかは風俗嬢にもよりますが、多くの風俗嬢が特殊な性癖をもったお客さんへの接客にストレスを感じているようです。

では、どうすれば特殊性癖のお客さんからのストレスを軽減し、さらに指名客として取り入れていくことができるのでしょうか。

本稿では、そのコツを紹介していきます。

お客さんに優しくするのがコツ

厄介な客の対応

風俗嬢として働いていれば、色々なお客さんに遭遇します。

プレイがしやすいお客さんや優しいお客さんならばなんら問題なく接客することができるでしょうが、中には困った性癖を持ったお客さんや生理的に受け付けないお客さんがいるもので、そのようなお客さんへの接客でストレスを感じてしまう風俗嬢もいます。

元々ストレスの多い仕事だけに、あらゆる方面からもたらされる個々のストレスをいかに軽減するかによって、働きやすさは大きく変わってきます。

お客さんへのストレスの中には、どうしようもないものもあります。

例えば、生理的に受け付けないお客さんがいると思います。

不潔感があったり、臭かったり、そのほかにもどうしても受け入れられないことがあるというものです。

厄介な客の対応

しかし、これはお客さん自身が変わらなければどうにもならないことです。

しかし、困った性癖を持ったお客さんに対しては、風俗嬢自身の心の持ち方によってストレスを軽減していくこともできます。

お客さんの中には、驚いてしまうような性癖を持ったお客さんもいるものです。

そのような性癖に対してどのように対応していくかによって、ストレスの軽減は可能です。

基本的には、お客さんに優しく接する、優しさを演出するというのがコツです。

そうすることによって、性癖を押し付けられるのを防ぐこともできます。

厄介な客の対応

風俗の求人には、よく「お客様は優しい方ばかりです」などと書かれており、それを見て優しい人ばかりだと安心したり、すごい性癖のお客さんがいるとは思わない人もいることでしょう。

しかし、実際にはそのようなことはなく、お客さんにも色々な人がいます。

しかし、優しいお客さんばかりではない中において、自分自身が優しくなることによって、仕事をよりラクにこなせるようになります。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

 

お客さんの性癖に優しく対応する

厄介な客の対応

上記のことを踏まえて、お客さんの性癖に対応する具体例を見ていきましょう。

もっとも、優しく対応するとはいっても、優しく受け入れるばかりではなく、優しく受け入れつつできるだけかわすと考えると良いでしょう。

ドMのお客さん

厄介な客の対応

お客さんたちは、それぞれ多少なりとも性癖を持っているものです。

ソフトS・ソフトMくらいならばなんら問題なく接客することができるでしょうし、ドSのお客さんはそもそも一般の風俗を利用することはあまりありません。

ドSのお客さんというのは、一般の風俗嬢では自分の性癖を満たすことはできないことをよく知っており、また乱暴なドSプレイを強要すればお店とのトラブルにもなるためです。

しかし、ドMのお客さんには誰もが高い確率で遭遇します。

ドMのお客さんは30人に1人くらいの割合で存在するため、たくさんのお客さんと接客しているうちに遭遇する機会があるのです。

ドMのお客さんはドSのお客さんとは違って、接客の仕方によっては指名客にすることもできるため、できるだけうまく接客して顧客に取り入れたいものです。

厄介な客の対応

ドMのお客さんを満足させるためには、あなた自身にはそのような趣味がない場合にも、付き合ってあげなければなりません。

この時、最も良いのは女王様のようにふるまうことです。

ドMのお客さんもそれを望んでおり、女性から征服されたい欲望を持っているのですから、望むままのプレイをしてあげるのが良いでしょう。

ドSを相手にすれば自分が痛い思いもしますが、ドMへの接客ならばその心配もありません。

しかし、女王様のように振る舞うのは簡単なことではありません。

そもそも、ドMと女王様の関係においては信頼関係があるものであり、女王様はお客さんの欲求の度合いを丁寧に把握しながら接してあげなければならないのです。

厄介な客の対応

それは、経験豊富なSMクラブの女王様でなければなかなか難しいものです。

また、生理的にどうしてもできないという風俗嬢もいることでしょう。

そのような場合には、「学校の先生」や「職場の上司」などを意識すると良いでしょう。

お客さんを叩くといった攻め方をするのではなく、「もう、困った人ねぇ、私がリードしてあげるわ」といった感じで、風俗嬢が主導権を握った状態でお客さんに快感を与えていくのです。

これならば、どのような風俗嬢にも比較的実践しやすく、お客さんの満足も得られやすいことでしょう。

 

スポンサーリンク

準備中

 

禁断のシチュエーションを楽しむお客さん

厄介な客の対応

お客さんの中には、禁断のシチュエーションを想定したプレイを楽しもうとする人もいるものです。

イメージプレイはイメクラなどで行うならば十分に楽しめるのでしょうが、それを通常の風俗店に持ち込んでくるのですから、風俗嬢としても困ってしまいます。

プレイ内容としては、痴漢や無理矢理といったシチュエーションがよく見られます。

しかし、そのようなプレイを持ち掛けられた時に嫌な顔をしてしまえば雰囲気を壊してしまうので、できるだけ希望には応えてあげるのが仕事です。

とはいえ、禁断のシチュエーションを想定したプレイは多くの場合、男性が女性にイケナイことをするというシチュエーションであるため、風俗嬢としてはあまり楽しくないシチュエーションです。

応えてあげるといっても、お客さんに主導権を委ねっぱなしでは苦痛にも感じるものです。

厄介な客の対応

このようなお客さんに対しては、こちら側から空気の切り替えをうまく行うことが肝要です。

例えば、ある風俗嬢の話では、お客さんがその気になった時に「くすぐったい~」などと笑いながら徐々に現実に引き戻し、できるだけ通常のプレイに近いプレイを行うように心がけていたそうです。

そのようなことをすればお客さんに不満が残るかもしれないと思われるかもしれませんが、その補填として念入りなマッサージのサービスなどをしてあげることでお客さんの機嫌を取ることができます。

禁断のシチュエーションを望むお客さん以外にも、普通とは異なるプレイを望むお客さんはいると思います。

それを受け入れることが苦痛という場合には、お客さんを現実に引き戻すように働きかけ、その補填として普通のお客さんにはしないサービスをしてあげるというのが効果的です。

 

スポンサーリンク

準備中

 

距離を詰めてくるお客さん

厄介な客の対応

何度も指名してくれるお客さんに多いのですが、風俗嬢と恋人気分に浸るお客さんもいるものです。

疑似恋愛を楽しむという意味ならば問題ないのですが、中には本当の恋人のように錯覚してしまうお客さんもいます。

これも一種の性癖で、お気に入りの風俗嬢に入れ込み、次第に離を縮めていくという性癖なのです。

アイドルオタクが、一人のファンからいつしか恋人気分になり、距離を縮めたいと思うのと同じです。

このような性癖は、風俗嬢にとってストレスになるものです。

なにしろ、風俗嬢にとってそのお客さんはあくまでもお客さんの一人に過ぎず、恋人でも何でもないのですから、距離を縮めようとされると拒否反応を起こしてしまいます。

厄介な客の対応

恋人気分に陥っているお客さんは、色々なことを言ってくると思います。

「LINE交換しようよ」、「電話番号教えてほしいな」、「どこに住んでいるの?」、「今度、お店の外でデートしない?」、そして「○○ちゃんも僕のこと好きでしょ?教えてよ」・・・。

想像するのも気持ち悪いと思うでしょうが、疑似恋愛も戦略の一つであるため、そのようなお客さんが出てくるのもある程度は仕方のないことです。

風俗嬢としても、何度も指名してくれることが収入に繋がっているわけですし、気持ち悪いからといって逃してしまうのはもったいないことです。

お客さんとの距離を保つためにも、優しく対応することが大切です。

気持ち悪いと思ったり、ウザいと思ったりすることでしょうが、決して腹を立てずにやんわりとかわすことです。

「え~ダメですよ♡」、「それはお店から禁止されてるんですよ~、知ってるくせに♡」といった言い方で、可愛く、優しく断るのです。

厄介な客の対応

しかし、このような言い方で断っても聞き入れなかったり、怒ったりするお客さんもいるかもしれません。

「僕はこんなに好きなのに、なんで教えてくれないんだ!」、「僕はこんなに通ってるのに、なんで避けるんだ!」などと怒るのです。

このようなしつこいお客さんに対しては、お店に相談するのがベストです。

お店は風俗嬢に辞められると損失であるため、きっちりと対応してくれます。

そのお客さんから指名が入った時、「申し訳ございませんが、指名がいっぱいです」などといって退け、何度指名を入れてもそのように対応することで、お客さんに暗に「あなた、ブラックになってるよ」ということを伝えてくれます。

厄介な客の対応

以上のように、特殊な性癖のお客さんに対応する時には、そのお客さんがあなたに対して抱いている理想像を壊さないために、笑顔で優しく対応するようにしましょう。

どうしようもないお客さんだけお店に伝えるなどして避け、なるべく多くのお客さんを優しさで包み込むことができれば、指名は必ず伸びてきますし、あなた自身もストレスを抱えずに働けるようになります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました