1. TOP
  2. お店
  3. 大手グループの風俗店で働くメリット・デメリットとは?

大手グループの風俗店で働くメリット・デメリットとは?

お店 メリット・デメリット この記事は約 11 分で読めます。

風俗店には色々なお店があり、小さなお店もあれば地元ではそこそこ有名な中規模のお店もあり、あるいは大規模に展開しているグループ店もあります。

中でも大手グループはおすすめと言われることが多く、安心して働けるとか、待遇がいいとかの意見がよく見られます。

本稿では、大手グループで働くメリットとデメリットを解説していきます。

大手グループとは?

どんな業界にも、大手グループは存在します。

日本の企業で時価総額が最も大きいのはトヨタ自動車ですが、トヨタグループには豊田自動織機、豊田通商、アイシン精機、愛知製鋼、デンソー、ダイハツ工業、日野自動車など、非常にたくさんの会社があります。

あまりなじみがない会社でも、「あの会社はトヨタグループだ」とか、「あの会社は三菱系列だ」などと、有名企業のグループであることを知れば、なんとなくその会社の性質が分かりますし、信頼もできます。

それほど、グループの影響とは大きなものです。

風俗業界にも、グループは存在します。

風俗店は日本に非常に多く存在しており、その大部分は個人事業主レベルの小さな風俗店、地元では有名という中規模の風俗店ですが、中には月に数億円単位の売上があるような大手グループもあるのです。

大手グループのメリット

一口に大手グループと言っても、グループの規模はそれぞれ異なりますし、グループの方針も異なります。

また、グループに所属しているお店の全てが優良店とは限らず、店長やスタッフやエリアによって左右される要素が大きいことも無視できません。

それでも、大手グループは小規模な風俗店に比べると、色々なメリットがあるものです。

では、大手グループのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

合法店である

大手グループは、大手に成長できたことから、基盤がしっかりしていることが分かります。

例えば、法律を犯してしまえば、グループそのものが崩れてしまう可能性もあるのですから、法律をしっかりと守っています。

大手グループのお店ならば、まず間違いなく合法店です。

風俗業界は、違法店は3年以内に潰れると言われている業界ですから、長年営業を続けて大手に成長していることから合法店だと判断できるのです。

 

優良店である

また、大手に成長するためには、たくさんの店舗を出店してグループ化を図る必要があります。

一つ一つの店舗がしっかりと稼げなければ、グループ化することはできません。

しっかりと稼ぐためには、稼げる女の子をしっかりと確保する必要があります。

大手グループの店舗は、それができている優良店である可能性が高いです。

バック率が異常に低かったり、必要以上にハードなプレイをするように指導したり、給料をちょろまかしたりすることはないと考えられます。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5ちゃんねる削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

制度が充実している

大手グループでは、在籍嬢を大切に扱うものであり、制度も充実しています。

これは、長年の経験から女性を大切にする風俗店が強いことを知っているからです。

また、運営スタッフには女性社員も多いですから、女性目線を踏まえて運営することができるのです。

大手グループでよくみられる制度には、以下のようなものがあります。

  • 保証制度
    最低日給を保証する制度
  • バンス制度
    緊急にお金を必要としている女性が、給料を前借りできる制度

  • 住む場所に困っている女性や出稼ぎの女性に、住む場所を提供する制度
  • 託児所
    グループで運営する託児所や提携する託児所に、割安で子供を預けられる制度
  • 昇給制度
    指名本数などに応じてバック率が上がる制度
  • 友人紹介制度
    友達を紹介したらお金をもらえる制度

 

好きなエリアで働きやすい

大手グループは、たくさんの店舗を持っています。

だからこそ、自分の働きたいエリアで働きやすいというメリットもあります。

身バレがそれほど気にならないならば、家の近くで働くこともできますし、身バレを避けたいならば、全く縁のないエリアで働くこともできます。

もちろん、風俗の仕事が終わった後に遊びに行きたいと考えるならば、それに都合の良いエリアで働くこともできます。

 

好きなジャンルで働きやすい

大手グループのたくさんの店舗は、全てが同じ業態というわけではなく、お店によってコンセプトが違うことが多いです。

このため、ノーマルな風俗店で働きたいという女性以外にも、若い子ばかりのお店が嫌ならば熟女店で働いたり、ハードなことをしたくなければソフト系のお店で働いたり、色々な選択が可能です。

好きなエリアで働けることもそうですが、好きなジャンルで、自分の希望する働き方ができるということは、大きな強みになります。

指名をたくさん取ることは、たくさん稼ぐために重要なことですが、在籍期間が長いほどなじみのお客さんも増えていき、たくさん稼げる可能性が高まります。

長く在籍するためには、気持ちよく働けるお店であることが重要ですから、好きなエリア・ジャンルで働けることは重要なことなのです。

 

 

移籍がしやすい

普通、風俗嬢の移籍は容易ではありません。

求人広告などから働きたいお店を見つけ、お店の情報を収集し、面接を受けに行き、合格すれば移籍となりますが、そのお店が自分に希望するお店とは限りません。

しかし、大手グループならば、グループ内の多店舗に移籍するのが容易です。

もちろん、右から左に移動を繰り返すことはできませんが、変なお客さんにストーカーされたり、別のジャンルで働きたいと思ったりした場合には、スタッフに相談して希望する店舗を探し、移ることができるのです。

 

集客力がある

大手グループの最大の特徴のひとつは、集客力がすさまじいことです。

大手グループは月に何億円と売り上げているため、資金力があります。

そのため、宣伝広告費にたくさんのお金を使うことができ、多くのお客さんの目に触れ、集客につながります。

また、それぞれの店舗のクオリティも高いですから、リピーターを掴む能力にもたけています。

つまり大手グループは、新規のお客さんを獲得し、さらにリピーターを獲得することができるのです。

中小の風俗店は、それほど多くの資金を宣伝広告費に回すことはできません。

だからこそ、集客力も高くなく、お客さんの獲得に苦労しており、大手グループにはとても敵いません。

ちなみに、風俗店の情報サイトなどに広告を掲載するにあたり、大手グループは複数店舗の広告を同時に依頼します。

これによって、一店舗当たりの広告費がかなり割安になり、その意味でも効率的な宣伝が可能となっているようです。

集客という意味では、必ずしも風俗店情報サイトでの宣伝だけではなく、自社のホームページによる集客も重要です。

大手グループの店舗は、ホームページの作成と管理にもお金をかけることができます。

プロに依頼してホームページを作成し、検索された際に上位に表示するためのSEO対策にもお金をかけ、社内にはホームページ管理担当部署をおくなどして集客に活かすことができます。

小規模な店舗でも、ホームページくらいは持っているものです。

しかし、そのホームページが検索結果として表示されるのは、しっかりとお金をかけたホームページよりは後になりますから、なかなか集客に活かすことができません。

大手グループで働けば、たくさんのお客さんの相手をすることができます。

フリー客につけてもらう、新規のお客さんからのネット指名を受ける、他の風俗嬢の指名客の指名が流れてくるなど、色々な形で接客の機会を得られます。

この時にしっかりと接客すれば、リピーターを獲得して稼ぎを延ばすことも難しくありません。

 

お客さんの質が良い

上記のように、大手グループには集客力がありますが、それによって質の悪いお客さんも集まってしまうのではないかという不安もあるでしょう。

しかし、集客力が高く、資金的にも余裕のあるお店だからこそ、下手に安売りをする必要もなく、質の悪いお客さんを出禁にするなどの対応も可能となります。

もし、集客力が低く、資金的に乏しい店であれば、一人一人のお客さんが貴重になりますから、なかなかこのような対応ができません。

また、質の悪いお客さんを出禁にした場合には、そのお客さんの情報グループ内で共有し、他店舗でも断ることができます。

このような対応によって、グループ全体で質の悪いお客さんを断れる体制になっているのです。

大手グループのデメリット

しかし、大手グループにはデメリットもあります。

 

競争が激しい

大手グループは待遇が良く、求人広告もたくさん出すことができるため、当然ながら求人への応募が多いです。

応募が多ければ、風俗店は誰でも採用するのではなく、クオリティの高い女性を採用していくことも可能です。

このため、大手グループの採用基準は高めになる傾向があります。

また、在籍嬢が多く、在籍嬢のレベルも高めとなれば、入店した後もかなり頑張らなければ人気嬢になることは難しいでしょう。

このため、あまり努力をしたくないと考えている女性は上位にランクインすることはかなり厳しいです。

 

 

ルールに厳しい

多くの風俗嬢を抱えている大手グループでは、それらのたくさんの人数を束ねていくためにも、明確なルールを設けています。

中小の風俗店に比べるとルールが細かいです。

また、中小の風俗店ならば、オーナーが店長を兼ねていることも多く、店長の裁量で決められることがほとんどですから、融通が利きます。

しかし、グループ店では雇われ店長ですから、店長は大手グループのマニュアル通りに働くこととなり、融通が利きにくいです。

大手グループの求人はこう探す

では、大手グループで働きたい女性は、どのように求人広告を探せばよいかを見ていきましょう。

大手風俗求人サイトを見る

まずは、風俗求人サイトを見ます。

風俗求人サイトには色々なサイトがありますが、検索上位に出てくるような大手求人サイトだけを参考にしてください。

大手求人サイトは、検索機能が優れており、非常に多くのお店から希望のお店を探しやすい仕組みになっています。

この検索機能の中に、大手グループだけを表示する機能もあるため、それを利用すれば簡単に大手グループの店舗を見つけることができます。

また、求人サイトによっては、大手グループの店舗だけを特集した求人情報コーナーを設けている場合もあります。

それらの機能を使いながら、自分が働きたいエリアでの絞り込みなども行えば、働きたいお店の候補が数店舗挙がってくると思います。

それぞれの店舗の求人情報を見たら、「都内〇店舗の○○グループ」「業界トップクラスの○○グループ」といったことが書かれていると思います。

それらも参考にしながら、働きたいお店を決めていきます。

店舗のページを見る

大手グループの特徴は、独自の求人ページを持っているということです。

風俗求人サイトで募集するだけではなく、独自に求人ページを作って募集しています。

求人ページを見てみると、待遇が詳しく記載されており、風俗求人サイトよりも詳しい情報が得られることもあります。

また、在籍嬢の声や体験談などもあり、参考になります。

この求人ページを確認し、さらにお客さん向けの店舗ホームページも確認しましょう。

お客さん向けのページを見て、求人ページと比較することによって、サービスの実態が分かります。

例えば、求人ページには「脱がない、舐めない、舐められない!」と書いているにもかかわらず、標準サービスにフェラが含まれているようなお店を避けることができます。

ただし、求人ページに嘘が書かれているということは、大手グループではめったにないことです。

しかし、確認しておく方が確実です。

まとめ

大手グループは、女の子を大切にしてくれる場合が非常に多く、待遇や制度も充実しています。

また、ルールが細かく設定されているため、初めて風俗嬢になる女性は、快適にはたらきながら、風俗業界のルールも詳しく学ぶことができます。

もちろん、既に風俗嬢として働いている女性にとっても、大手グループのお店で働くことによって、よりよい環境で働ける可能性が高いです。

風俗店を選ぶ際には、大手グループ店舗を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

風俗の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

風俗の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 風俗で色恋営業を成功させるための7個のテクニック

  • 稼げるタイミングを知っている風俗嬢が200万円以上も多く稼げるワケ

  • 池袋で稼ごう!西口と東口の違いを押さえたお店選びを

  • 風俗の面接はどうやって応募する?最近はLINEが便利です

関連する記事はこちらです

  • 風俗店ではセクハラが日常茶飯事って本当?

  • 風俗店を辞めたい人必見!円満退職のコツ教えます

  • 風俗のドライバーはウザいってほんと?

  • えっ!こんなに種類が…たくさんある風俗の業種業態

  • セクキャバで人気があるのはどんな女性?

  • 風俗嬢は当日欠勤OKって本当?当欠のポイント