【風俗初心者向け】恋人接客って何?どうすればいいの?まず覚えたいフレーズはこれ!

風俗嬢になる女性の多くは、お金を理由に風俗で働いています。

風俗は高収入の仕事ですから、短期間でまとまった稼ぎが欲しい人や、働ける時間が限られている人に向いているのです。

しかし、当然ながら、たくさん稼げるということは「苦労もたくさんある」ということです。

中でも、接客の苦労は多いものです。

特に、風俗で稼ぐためには「恋人接客」が大切といわれますが、風俗嬢初心者であれば、いったいどのように接客すればよいか分からないことでしょう。

本稿では、恋人接客の基本と、風俗初心者でもすぐに活用できる方法について解説していきます。

リピーター獲得のキモは「恋人接客」

風俗嬢になる女性のほとんどは、お金を稼ぐことを第一の目的にしています。

自由な時間で働くことができ、さらに時給も高い仕事ですから、働ける時間が限られていたり、短期間でまとまったお金を稼がなければならない人にはうってつけのお仕事です。

しかし、風俗嬢になったからといって、希望通りの稼ぎが必ず得られるとは限りません。

風俗嬢は完全出来高制のお仕事です。

お客さんに接客してはじめて稼げる仕事であり、人気によって稼ぎが大きく左右されます。

接客の本数を増やし、安定してたくさん稼ぐためには、リピーターを獲得することが重要です。

気まぐれに利用する一回きりのお客さんでは、稼ぎは安定しません。

しかし、リピーターがいれば、定期的に利用してくれるお客さんが安定した稼ぎをもたらしてくれます。

そして、リピーター獲得のためには、「恋人接客」が重要となります。

恋人接客とは、恋人同士のような雰囲気を作りながら接客する、つまり疑似恋愛を通して接客することです。

なぜ恋人接客が効くのか

稼げる風俗嬢になるには、恋人接客が欠かせません。

初心者の風俗嬢は、この点を勘違いしていることが多いです。

風俗に足を運ぶお客さんの表面的な目的は、女の子のエッチな姿を見て、エッチなことをして、最終的には射精することです。

実際に、エロさや気持ちよさを最優先するお客さんもいます。

SM系の風俗店に通うお客さんなどが良い例でしょう。

このため、初心者風俗嬢の多くが、

 

「エロければいいんでしょ?」

「抜いてあげればいいんでしょ?」

勘違いしてしまいます。

もちろん、性を売りにする以上、エロいこと、抜いてあげることは欠かせません。

しかし、それはあくまでも最低限のことです。

最低限のことだけをやっていても、他の風俗嬢より選ばれやすくなったり、リピートしてもらったりする理由にはなりません。

お客さんがエロさや抜くことだけを求めているならば、その目的はどの風俗嬢でも達成できるため、特定の風俗嬢をリピートする必要はないのです。

とびきりの美人やテクニシャンでも同じです。

お客さんは、よりタイプの風俗嬢を探したり、よりテクニックのある風俗嬢を探したりするため、見た目やテクニックがリピートにつながるとは限りません。

お客さんの真の欲求

そこで、エロいこと・抜いてあげることに加えて、リピーター獲得のために重要となるのが恋人接客です。

たとえそれが疑似恋愛であっても、お客さんは恋人とエッチをしているような雰囲気を求めます。

これは、皆さんもそうだと思います。

エッチをするならば恋人がいいでしょうし、好意を抱いている人がいいはずです。

実際の気持ちよさから考えても、恋人や好意を抱いている人とのエッチは、そうでない人とのエッチよりずっと気持ちいいものです。

そんな相手だからこそ、いっそうエロく感じたり、興奮したり、満足感が高かったりするのです。

男性も同じです。

お客さんも、同じようにエッチするならば恋人や、好意を抱いている人がいいと考えています。

なにより、そのほうが興奮も高まります。

このことは、AVのタイトルの中に、AV女優を恋人に見立てたシチュエーションの作品が多いことからもよくわかるでしょう。

恋人気分であれば、エロさも気持ちよさも高まります。

単にエロいだけ、抜いてくれるだけの風俗嬢より満足感が高くなります。

この「(単にエロくて抜いてくれるだけではなく)好意を抱いている人とエッチしたい」という気持ちが、リピートにつながります。

恋人接客に悩む風俗嬢は多い

しかし多くの風俗嬢は、恋人接客の難しさに悩みます。

ベテラン風俗嬢でもうまくいっていない人が多いのですから、経験の浅い初心者の風俗嬢であれば、悩むことが多いです。

風俗嬢は、ただでさえ苦労の多い仕事(だからこそ稼げるともいえます)です。

風俗嬢の経験がない女性は、「風俗は、やりたくないことをやるから辛い」「好きでもない人とエッチなことをするから辛い」と考えがちです。

確かに、このようなことも辛いことの一つですが、実際に経験してみると意外なほどに慣れるもので、早い段階で抵抗を感じなくなるのが普通です。

その段階でも、なお辛いと感じるのが接客の難しさ、なかでも恋人接客の難しさです。

上記の通り、恋人接客とは「恋人同士のような雰囲気で、お客さんと接すること」であり、つまり疑似恋愛をすることです。

これを読んだだけでも、一体どうすればいいか分からない人がほとんどでしょう。

それも当然です。

なぜならば、一般的に恋人関係とはお互いに好意を抱いていることが前提であって、普通の人は疑似恋愛の経験などないからです。

しかし、難しく感じて当たり前とはいっても、恋人接客ができるかどうかによってリピート率が大きく変わるのも事実なのです。

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら
5ちゃんねる削除依頼

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

キャバクラの「色恋営業」とは違う

恋人接客を難しいと感じる理由の一つに、キャバクラの「色恋営業」のように捉えていることが挙げられます。

キャバクラ嬢は接客のプロです。

色恋営業では、プロのキャバ嬢でもテクニックを要求されるのですから、

 

「キャバ嬢でも難しい接客が自分にできるはずがないよ」

 

「それができたら、風俗嬢じゃなくてキャバ嬢になってたよ」

と考える人が多いです

しかし、疑似恋愛する点では同じでも、風俗の恋人接客とキャバクラの色恋営業は大きく異なります。

色恋営業は駆け引き

キャバクラの色恋営業は、駆け引きの要素がかなり強い接客です。

まず、お客さんは自分に好意を抱いていることが前提となります。

自分に好意を抱くお客さんに思わせぶりな態度を取りつつ、しかし相手のものにはならないという絶妙な距離感で接することで、お客さんは「この子を自分のものにしたい」と燃え上がります。

つまり、キャバクラの色恋営業は、お客さんの狩猟本能を刺激する接客方法と言えます。

キャバクラにハマるお客さんのほとんどは、この刺激を求めています。

恋人接客は癒し

一方、風俗の恋人営業は駆け引きではなく、癒しの要素が強い接客です。

お客さんは、自分に好意を抱いているとは限りません。

もちろん、ホームページでプロフィールなどを見て、ある程度好意を抱いたうえで利用しているのですが、「この子を自分のものにしたい」とは考えていません。

このため、キャバクラのような駆け引きをしても、お客さんは

「ツンツンしてるな」

「何を考えているのか分からない」

「めんどくさい子だな」

などと思うだけです。

風俗のお客さんは、色恋営業の刺激を求めていません。

むしろ、そのような駆け引きを苦手だと感じている人が多いです。

キャバクラと風俗の客層が、きちんと棲み分けができているのも、このように求めているものが違うからです。

風俗のお客さんが求めているのは「癒し」です。

風俗で女の子と裸の関係になることで、身も心も癒されたいと思っています。

ただ単に性的欲求を満たすだけでは、身は満たされても心は満たされません。

そこに「恋人」という要素が加わることで、お客さんはエッチを通して癒されるのです。

以上のように、恋人接客と色恋営業はかなり異なるものです。

キャバ嬢が恋人接客をして売れっ子になるケースはあっても、風俗嬢が色恋営業をして売れっ子になるケースは少ないです。

スポンサーリンク

準備中

恋人接客は難しくない!

ここまでの内容から、恋人接客について理解できたと思います。

では、具体的にはどのような接客をすることで恋人接客となり、お客さんを癒すことができ、リピートしてもらえるのでしょうか。

恋人接客は、決して難しいものではありません。

少なくとも、絶妙な距離感で駆け引きをする色恋営業よりもずっと簡単です。

初心者の第一歩は?

風俗初心者は、恋人接客をするかどうか以前に、お客さんとの接し方に迷うと思います。

そこで、恋人接客をする第一歩としておすすめなのは、ウブな印象をもってもらうことです。

具体的には、はじめて会うお客さんと会話する最初の段階で、

「すみません、このお仕事はまだ慣れてないし、人見知りなので緊張しています」

と伝えることです。

このように言っても、お客さんのテンションが下がったり、嫌われたりする心配はありません。

むしろ、多くのお客さんはウブだと感じ、好印象を抱きます。

意外かもしれませんが、プロの女性よりも、素人の女性を好む男性のほうが多数派です。AVでも「素人モノ」が一大ジャンルとなっています。

これによって、好印象を抱かれるだけではなく、その後の恋人接客もやりやすくなります。

表現をちょっとプラスする

上記の好印象を与えた上で、恋人接客を成立させるためには、表現を少しプラスするのが効果的です。

多くのお客さんは、

「慣れないし、人見知りだし、緊張してます」

と伝えたことで、グイグイ接してくるのではなく、探り探り接してくるはずです。

そんな、やんわりとした会話の中で、以下のように言ってみましょう。

「お客さん、結構タイプだからいつもより緊張しちゃって・・・」

「お客さんの雰囲気、好きです。あんまりそういうお客さんいないからホントに慣れなくて・・・」

「お客さん、とっても頭が良さそうだし、何を話していいかわからなくて・・・」

ほんの少しだけ表現を加えただけですが、これだけでお客さんはかなりテンションが上がります。

「俺は好意を抱かれてるんだ!」と思うからです。

「そんなしらじらしいことを言って大丈夫?」と思うかも知れませんが、問題ありません。

あらかじめウブな印象を与えたことで、駆け引きする子だという印象を持たれていないので、疑われることはありません。

お客さんが好意を抱けば恋人接客は成立する

こうして、お客さんに「好意を抱かれているかも?」と思わせることが、恋人接客につながっていきます。

ほとんどの人は、自分に好意を抱いてくれる相手に嫌悪感は抱きません。

それが裸の関係になろうとしている相手であれば、嫌悪感どころか好意を抱くのが普通です。

好意を抱いたお客さんは、恋人気分で接客を受けることができます。

ただのキスではなく恋人とのキスのように錯覚しますし、他のエッチなことも全てそうです。

つまり、風俗嬢側が意図的に「恋人接客をしなきゃ!」と頑張らずとも、簡単なフレーズでお客さんに好意を抱かせたことで、接客全体が恋人風になっていくのです。

恋人同士のような雰囲気で接したとはいえ、ウブな女性が相手ですから、会話の内容も限られます。

その結果、お客さんは「もっとこの子のことを知りたい」「もっとこの子と仲良くなりたい」と考えます。

これが、恋人接客でリピーターを獲得していくために、簡単で効果的な方法です。

初心者風俗嬢でも実践しやすいと思うので、ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

準備中

まとめ

本稿では、恋人接客とはどのようなものか、そして初心者の風俗嬢でも恋人接客をするにはどうすればいいかを解説しました。

本稿の内容から、恋人接客はそれほど難しくないことが分かったと思います。

接客に不安のある初心者風俗嬢でも、ポイントを押さえておくことで無理なく恋人接客ができます。

経験の浅いうちは、どうしても試行錯誤するものです。

「恋人接客しなきゃ!」と頑張るあまり、空回りしてしまう人も多いです。

皆さんは、そのような空回りをすることなく、無理のない恋人接客を心掛けてほしいと思います。

徐々に経験を積んでいけば、恋人接客の効果を一層高めるための、自分に合った方法も見えてくるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました